ホーム > 連載・コラム > まちの使ったことのないスペースを使ってみるアイデア:イベント「101人ライトドローイング」

  • アート・カルチャー

みんなでお花!花火みたいで華やかです。

まちの使ったことのないスペースを使ってみるアイデア:イベント「101人ライトドローイング」

「ライトドローイング」ってご存じですか?「ライトグラフィティ」と呼ばれたりもします。暗いところでペンライトや懐中電灯を動かして空中に絵を描き、それをシャッタースピードを遅くしたカメラで撮影する方法です。「暮らしの芸術都市-松戸アートラインプロジェクト2012-」では2012年12月にこのライトドローイングの手法を使ったワークショップイベントが開催されました。その模様を写真で簡単にご紹介したいと思います。

舞台は公共空間

夜の公園やマンションの公開空地。誰でも自由に立ち入れるはずなのにだれもいない、何かに使おうと思ってもそれがなかなか難しい場所ってありますよね。今回のプロジェクトはそんな「みんなのものであって、誰のものでもない」場所にピントを合わせたものです。

公園の入口付近で受け付け。お子さん連れなどたくさんの人にご参加いただきました。

大きいスクリーンを設置して撮影した写真を確認します。

スクリーンに投影しているところ。

聖徳大学の大成先生にやり方をご指導いただきます。

だんだん皆さん慣れてきていろいろな文字やマークができてきました。

体の線をなぞるとこんな感じに。共同作業も楽しいですね。

みんなで思い思いに暗闇にドローイング!

みんなでお花の模様!花火みたいで華やかです。

公開空地を使ってみた

公開空地ってご存じですか?

公開空地(こうかいくうち)とは、オープンスペースの一種。建築基準法の総合設計制度で、開発プロジェクトの対象敷地に設けられた空地のうち、一般に開放され自由に通行または利用できる区域。

公開空地の条件にされるのが、一般に開放され、歩行者が自由に通行したり利用したりできるようにすることや道路側の遮断を行わずに周辺環境の向上に努めることである。なお、営利目的な施設等は長期間にわたって常設占有はできないことになっているが、イベントなどの一時的な利用は可能とされる。
公開空地は建築や都市用語である、都市空間における建築物と建築物のあいだ、住宅地における敷地と建物の間等の空間的な間である「つなぎ空間」をも意味する。公開空地のほかには、都市空間では道路、広場、庭、アプローチ、コモンスペース、などがあげられる。
(Wikipediaより)

マンションの敷地の一部で道路と一体化していたり柵がなかったりして、住民以外も通行できるようになっている場所がありますよね。あれが公開空地です。松戸駅前にももちろん公開空地があるんですが、使えるよっていわれてもどう使ったらいいの…?と普通は思うところ。そこで今回のプロジェクトはそんな公開空地に着目して会場の一つに選定したそうです。

普通のマンションにライトドローイングが出現!

アーティストさんの発想と地元のみなさんのご協力の下に実施されたこの企画。アーティストと住民で作り上げたMAD Cityらしい企画になったと思います。実は誰も使っていないスペース、まちのなかにはたくさんあるんじゃないでしょうか。皆さんはどんなスペースを使ったアイデアを思い付きましたか?

このイベントのそのほかの写真は「暮らしの芸術都市-松戸アートラインプロジェクト2012-」のページから閲覧&ダウンロードできます。ぜひこちらにもお立ち寄りください!

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

冨澤志帆作品「黒い太陽」

「ドローイングは筋トレだ!」現代アーティスト・冨澤志帆が語るドローイング論

現代アーティスト・冨澤志帆のステイトメント MAD Cityの代表的物件の一つである古民家スタジオ 旧・原田米店に、現代アーティストの冨澤志帆さんがアトリエとして入居されて約1年半が経ちました。冨澤さんはドローイングとい...more

Exform-Taipei_flame5

アートと地域の共生についてのノート 台湾編 第2回

※このコラムはMAD Cityの入居者に寄稿いただいています。古民家スタジオ 旧・原田米店にアトリエを構える美術作家・池田剛介さんが、今さまざまな論議を呼んでいる「アート」と「地域」について語ります。 連載 「アートと地...more

PARADISE AIR LONG STAY PROGRAM 招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさん

「アルファベットを書くように建物を描く」PARADISE AIR ロングステイ・プログラム招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさんが松戸の街で描くアートとは?

世界55カ国129都市から合計251通の応募 千葉県にある東京のベッドタウン・松戸は海外からアーティストが訪れ、滞在し、アート作品が生まれる街に変わりつつあります。その大きな理由として、アーティスト・イン・レジデンス「P...more

松戸市民会館プラネタリウム室

日本人女性2人目の宇宙飛行士・山崎直子さんが幼少期に通ったプラネタリウムに行ってきた!松戸市民会館プラネタリウム室(NAOKO SPACE PLANETARIUM)

松戸駅東口徒歩7分、松戸市民会館の4階にプラネタリウム 松戸駅東口から徒歩約7分、MAD Cityの一角にある松戸市民会館の4階には、ドーム直径8m、定員80名のプラネタリウム室があります。料金は、中学生までは無料、大人...more

ヴァスコ・ムラオが描いた「松戸感覚」

松戸のまちが一枚の線画に!松戸市民が一番好きな場所を探してみましょう「ヴァスコ・ムラオ作品展示&滞在報告会レポート」(前編)

ヴァスコ・ムラオの描く「松戸感覚」 黒いペン、紙、時間だけを使って、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオさんが、松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」での3ヶ月...more

まちの使ったことのないスペースを使ってみるアイデア:イベント「101人ライトドローイング」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing