ホーム > 連載・コラム > 国が”賃貸でDIY”を後押し!国土交通省がDIY型賃貸借の普及に向けて「契約書式例」と「ガイドブック」を作成

  • DIYリノベ
  • 不動産知恵袋

DIY型賃貸借のBefore&After

国が”賃貸でDIY”を後押し!国土交通省がDIY型賃貸借の普及に向けて「契約書式例」と「ガイドブック」を作成

せっかくのDIYも引っ越しのタイミングでゼロに

賃貸物件といえば所詮、他人の所有物。入居中に、壁を綺麗に塗ったり飾り棚を付けたり様々なDIYを行っても、退去の際には元通り現状回復しないといけない、というのが現状では当たり前でしょう。例えばこちらのブログを見てみると、2年間かけて賃貸でDIYに取り組んできたけれど、引っ越しのタイミングでせっかくのDIYの成果を全てゼロに戻すという、なんとももったいないことになっています。

全てがゼロに。
一つも僕のモノがない、まっさらな空き家に戻りました。
こうやって見てみるとなんか寂しいですね…。
数日前まで僕の部屋だったのにもう完全に他人の部屋のようです。

【賃貸DIYブログ】2年間改造した家をついに引っ越し!しっかり現状復帰を果たしました。

せっかくDIYでつくったオシャレな飾り棚も、引っ越しのタイミングで解体。もったいない!

せっかくDIYでつくったオシャレな飾り棚も、引っ越しのタイミングで解体。もったいない!(画像引用元)

魅力的な賃貸DIYの実例がたくさん

一方で、引っ越しの際に原状回復することを前提に賃貸DIYに取り組んでいる方は多数いらっしゃいます。例えば、「現状回復できるDIY」のハウツーをていねいにブログで発信されているカリスマDIY主婦・Kume Mariさんは、築47年の賃貸物件をDIYリノベーションによりオリジナルな生活空間をつくり上げていらっしゃいます。他にも「賃貸 DIY」で検索すると、100均で売っている物を使ったキッチンのDIYマスキングテープを活用した壁紙リメイク、などなど賃貸DIYの実例がたくさんでてきます。

築47年の賃貸物件とは思えないお部屋です。Kume Mariさんは、賃貸でもDIYで暮らしをもっと楽しく快適にすることが出来ることを教えてくれています。

築47年の賃貸物件とは思えないお部屋です。Kume Mariさんは、賃貸でもDIYで暮らしをもっと楽しく快適にすることが出来ることを教えてくれています。(画像引用元)

キッチン周りにすのこを並べて、穴の開けられる壁をDIY。

キッチン周りにすのこを並べて、穴の開けられる壁をDIY。(画像引用元)

マスキングテープを下地にして壁紙を貼る手順が、こちらのサイトではわかりやすく紹介されています。

マスキングテープを下地にして壁紙を貼る手順が、こちらのサイトではわかりやすく紹介されています。(画像引用元)

国も”賃貸でDIY”を後押し

こんなに素敵な賃貸DIYですから、引っ越した後も次の入居者にも使って欲しい、そもそも現状回復するのが手間だしもったいない、そんな風に考える方も多いのではないでしょうか。ましてや全国的に空き家が増えていて、中古住宅の流通や空き家の活用が今後、社会全体の課題になっていくわけですから、賃貸だから原状回復が当たり前という価値観は、そろそろアップデートしていかないといけないでしょう。と、筆者が言うまでもなく、国は中古住宅の流通や空き家の活用の促進に向けた取り組みを進めています。その一つに「DIY型賃貸借」という新しい契約形態の提案と理解促進があります。

国土交通省が、個人の所有する住宅が賃貸住宅として流通するように、新たに提示した「DIY型賃貸借※」について、「契約書式例」とガイドブック「DIY型賃貸借のすすめ」を作成した。<中略>
※DIY型賃貸借とは、借主(入居者)の意向を反映した改修を行うことができる賃貸借契約や賃貸住宅のこと(改修工事の費用負担者が誰かは問わない)

賃貸でDIYするなら… 国交省がDIY型賃貸借のルールを整備

ガイドブック「DIY型賃貸借のすすめ」には、DIY賃貸借のメリットや、手順、契約の取り決め事項のポイントなど、わかりやすく紹介されています。

ガイドブック「DIY型賃貸借のすすめ」には、DIY型賃貸借のメリットや、手順、契約の取り決め事項のポイントなど、わかりやすく紹介されています。(画像引用元:PDF)

貸主と借主の双方のニーズを合わせたのがDIY型賃貸借

これまでの賃貸借契約は、貸主が必要な改修や管理・修繕等を行うことが前提でしたが、それでは貸主にとってもなかなか負担になってしまう、だったらある程度、改修等が必要な状態でも現状のまま貸し出してしまおうという貸主側のニーズがまずあります。次に、借主側から見ても既述のとおり、借主側が自分好みにお部屋をつくり上げたい・改修したい・手掛けたいというニーズもあります。これら貸主と借主の両者のニーズを一石二鳥で合わせたのが、DIY型賃貸借というわけです。

DIY型賃貸借のbefore&after(その1)

DIY型賃貸借のBefore&After(その1)(画像引用元:PDF)

DIY型賃貸借のBefore&After(その2)

DIY型賃貸借のBefore&After(その2)(画像引用元:PDF)

DIY型賃貸借に対応した具体的な契約書式例を国が提示

ではどうやって新しい賃貸借契約であるDIY型賃貸借を、進めていけばいいのでしょうか。そこで主に貸主や不動産事業者に参考にしてもらうために作られたのが、「DIY型賃貸借に関する契約書式例」です。これまでの賃貸借契約は、「賃貸借契約書」を交わすのみでしたが、DIY型賃貸借契約の場合は「賃貸借契約書」に加え、DIY工事に関する「増改築等の承諾についてのお願い」(申請書兼承諾書)とDIY工事の詳細な取り決めに関する「合意書」の合計3種の書類を作成する必要があります。

画一的だった賃貸借契約に風穴を開けるDIY型賃貸借契約。新しい賃貸のスタイルです。

画一的だった賃貸借契約に風穴を開けるDIY型賃貸借契約。新しい賃貸のスタイルです。(画像引用元:PDF)

DIY住宅、カスタマイズ・オーダーメイド賃貸、DIY型賃貸借…

借主の意向を反映させて住宅の改修を行うという賃貸は、実は確実に増えています。URの「DIY住宅」は入居者が行う模様替えなどのDIYの現状回復義務が原則として免除だし、カスタマイズ・オーダーメイド賃貸というサービスをつくり出した株式会社メゾン青樹の取り組みなど、着実に成果を挙げています。今回の動きのように、国がDIY型賃貸借を後押しすることで、さらに賃貸DIYが広がっていくはずです。

株式会社メゾン青樹が手掛けるカスタマイズ・オーダーメイド賃貸は、間取り、壁紙、設備…ひとつひとつに住まい手の想いがこもっています。

株式会社メゾン青樹が手掛けるカスタマイズ・オーダーメイド賃貸は、間取り、壁紙、設備…ひとつひとつに住まい手の想いがこもっています。(画像引用元)

改装可能・現状回復不要な賃貸物件を扱っているMAD City

MAD Cityでは「改装可能」「現状回復不要」な賃貸物件を主に扱い、入居者が楽しく安全にDIYができるようなサービスを提供しています。例えば、DIYリノベ体験ワークショップは専門の大工さんが講師となり、なかなか体験できない実際のDIY現場を体感することが可能です。他にもDIYツールレンタル共有ルーム改装キックバックといったサービスもあります。ぜひ物件検索してみてください!

物件検索はこちら

また、MAD Cityでは地域ディベロッパーとして不動産の再生とまち全体の価値向上に取り組んでいます。こうしたMAD Cityのまちづくりの取組について、取材や視察でご説明させていただいています。ご希望される方または団体はこちらまで是非ご連絡ください。

取材・講演依頼などのご相談はこちら

(2016/05/27)

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

MAD Cityのオリジナル物件では、退去時の原状回復が不要なので、お部屋の改装が可能です。DIYリノベに関する職人さんを講師に招いてワークショップなどのイベントも随時行っています。

未来の不動産屋はどうなるか?(2)原状回復の未来

不動産事業はまだまだ進化の余地がある 人口・世帯数の減少や空き家の増加、インターネットの発達やテクノロジーの進化などにより、不動産事業のあり方も大きく変化しつつあります。たとえば入居者による改装やDIYリノベーションが可...more

中古マンションをDIYリノベーション

中古マンションを借りてDIYリノベーションするための5つのポイント

中古マンションに住みながらDIYリノベーション 全国にある約600万戸あるマンションのうち、約半数近くの300万戸がリノベーションを必要とする築20年以上の物件であること、リノベーション済みマンションと中古マンションを購...more

ヨーロッパ風DIYリノベーション。

築40年の普通の賃貸物件が思い入れのあるお部屋に大変身!ヨーロッパ風のオシャレなお部屋はDIYリノベーションでつくれる

いろどりマンションのお部屋がSUUMOから取材を受けました MAD City不動産では、賃貸なのにDIYで改装可能・原状回復不要といった物件を多く扱っています。そんなMAD City不動産の中核となる運営施設(拠点)の一...more

MAD Cityの運営施設「いろどりマンション」では、ほぼ解体された3DKのお部屋をまるごと1室、共有ルームとして開放しています。

未来の不動産屋はどうなるか?(1)共有ルームの未来

MAD Cityの住民サポートサービス MAD Cityでは独自のビジョンを掲げ、入居者の自発性を高めることでアイデアやアクションを引き出す「人」による独自のまちづくりを行っています。 そこでMAD Cityでは住民の皆...more

d567a1f312d43f12de35baca2fca6c10-750x745

MAD Cityが提供する18のサポート(その3)改装すると退去時むしろオトクになる「改装キックバック」

不動産事業はまだまだ進化の余地がある 人口・世帯数の減少や空き家の増加、インターネットの発達やテクノロジーの進化などにより、不動産事業のあり方も大きく変化しつつあります。たとえば入居者による改装やDIYリノベーションが可...more

松岡さんが外壁にイラストを描いています。

道行く人が古民家アパートに視線を送る理由とは?外壁がイラストレーター・松岡マサタカのキャンバスに。

大家さん協力のもと始まった想定外のプロジェクト MAD City不動産では、賃貸なのに改装可能・現状回復不要という変わったお部屋を取り扱っています。そんなMAD City不動産の「古民家アパート」は古民家なのに賃貸アパー...more

国が”賃貸でDIY”を後押し!国土交通省がDIY型賃貸借の普及に向けて「契約書式例」と「ガイドブック」を作成

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing