ホーム > 連載・コラム > 季節の食材で五感にうったえるサンドイッチ店「ファイブスターサンドイッチ !?」

  • MAD City 地域情報

IMG_2206

季節の食材で五感にうったえるサンドイッチ店「ファイブスターサンドイッチ !?」

今回の松戸ランチは、7月23日にオープンしたばかりのサンドイッチのお店 Five Star Sandwich!?(ファイブスターサンドイッチ!?)です。

場所は、松戸駅西口から徒歩4分程の距離で、お店の名前がユニークなので気になっていました。
ちなみに、店名の最後が「!?」となっているのは、季節やその時々に最適な素材でメニューづくりを目指していて、メニューにはないサンドイッチや、時にサンドイッチ以外のメニューも用意するかもしれないといういわゆるお店の余白をあらわしているのだそうです。

IMG_2207

店名の最後に「!?」がつくのは、メニューの余白をあらわしているそうです。

レンガ造りの可愛らしい外観に期待を膨らませて店内に入ると、レジカウンターのショーケースに、美味しそうなサンドイッチがずらりと並んでいました。

サンドイッチのお店なのでテイクアウトもできるし、店内でゆっくり食べることもできるというシステムになっています。選べるメニューもテイクアウトと店内で区別されていて、テイクアウトは、ハムポテボート(420円)、タマゴボート(420円)、タマゴサンド(450円)というラインナップです。

IMG_2206

テイクアウトのメニューが、レジカウンターのショーケースに並んでいます

店内で食事をする場合は、メニューの種類もいっきに増えて、全部で7種類のサンドイッチを選ぶことができます。店長の月見里英司さんに売れ筋の商品を伺ったところ、ベーコンタマゴサンド、鶏ハムとチーズのサンド、サーモンとクリームチーズのサンドといったサンドイッチがよく売れてるんだそうです。
テイクアウトより中身が豪華になることもあって、価格帯は480〜650円といったところです。

そして、お店のおすすめメニューとして紹介されているのが、シェフの心意気サンド(980円)です。
名前のとおり具材が豪華で、生ハム、アボガド、目玉焼き、ピクルス、自家製ロースに、たっぷりの野菜と盛りだくさんで、口を大きく開けて頬張る感じですが、店内で食べる人はこのサンドイッチを注文する人が多いんだとか。

IMG_2209

店長の月見里さん。人当たりの良い接客で、場を和ませてくれました。

お店の代表者であり、厨房でサンドイッチを作っている菅野麻子さんにもお話を伺ってみました。前職は食品メーカーの研究開発に従事されていて、会社をやめた後も食育の勉強をされていたそうです。
そんな経歴からか、サンドイッチのメニューにはアレルギーの方に気を配った注意書きが細かく記載されていました。

お店のこだわりとして、食べるシチュエーションや食べるという行為そのものを大事にしていきたいということでした。五感すべてで食事を楽しめるように、歯ごたえであったり、香りであったり、色であったり、五感にうったえる食材を選んでメニューにしているのだそうです。季節によって食べられるメニューも変わる予定なので、店内へ足を運ぶのが楽しくなりそうですね。

IMG_2186

代表の菅野さん、身体にやさしくて美味しいサンドイッチを丁寧に作ってくださいました。

個人的には、美味しい食材が満載のシェフの心意気サンドを食べたかったのですが、諸事情により、次に気になったサーモンとクリームチーズのサンドを注文しました。

そのお味ですが、さすが食育の勉強をされてきたということもあって、中身のサーモンも新鮮で美味しく、味付けも素材の味を大事にされていて、身体にやさしい食事ができたという印象でした。

テイクアウトメニューをまだ食べたことありませんが、時間がある方は、店内限定の美味しいサンドイッチを食べてみてはいかがでしょうか。

店名:Five Star Sandwich!?(ファイブスターサンドイッチ!?)
住所:千葉県松戸市根本3-7 リッツフレア1F
営業時間:11:00~19:00(LO18:00)
定休日:水、日

(2016/09/09)
提供元:「松戸NOTE

著者プロフィール

higashikubo

higashikubo

2014年3月から松戸に住み始めて、2015年11月に松戸の情報サイト「松戸NOTE」を、プライベートでスタートしています。 普段は、インターネット業界でマーケティングや分析の仕事をしています。 松戸に住んでる人たちが、ちょっと自慢したくなるようなお店やイベントを見つけては取材して記事にしていく予定です。
http://matsudonote.com

関連記事

ヴァスコ・ムラオが描いた「松戸感覚」

松戸のまちが一枚の線画に!松戸市民が一番好きな場所を探してみましょう「ヴァスコ・ムラオ作品展示&滞在報告会レポート」(前編)

ヴァスコ・ムラオの描く「松戸感覚」 黒いペン、紙、時間だけを使って、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオさんが、松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」での3ヶ月...more

昭和フォントに看板建築という昭和レトロ感あふれる「弁当屋さち」

松戸に眠る昭和レトロな建物たち!築古物件探索記(4)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

松戸 子育て

ご存知でした!?じつはこんなにある子育てに役立つ自治体の支給手当て・助成制度

子育てしやすいまちの条件とは 子育てしやすいまちの条件とはなんでしょうか。例えば、 病院の数や医療費助成制度 出産・育児・教育にかかる各種手当 待機児童対策 近所に子供を遊ばせられる公園や日常的に利用できるスーパーや日用...more

ヴァスコ・ムラオが描いた「松戸感覚」

松戸のまちが一枚の線画に!松戸市民が一番好きな場所を探してみましょう「ヴァスコ・ムラオ作品展示&滞在報告会レポート」(後編)

前編はこちらをご覧ください。 ヴァスコ・ムラオの線画を読み解く 黒いペン、紙、時間だけを使って、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオさんが、松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARA...more

旧水戸街道沿いにある4階建てのペンシルビル「マルタ屋」。現在は空き家状態の様子です。

ペンシルビルは日本オリジナルな建築様式だ!築古物件探索記(5)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

松戸市ウェブサイト

松戸出身・ゆかりのある著名人にはどんな人がいるのか調べてみた

松戸市出身・ゆかりのある著名人 千葉県は実は、大勢の著名人の出身またはゆかりのある土地です。例えば、千葉県で最も人口の多い千葉市(約97万人)は人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀、女優の市原悦子、読売ジャイアンツ監督の...more

季節の食材で五感にうったえるサンドイッチ店「ファイブスターサンドイッチ !?」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing