ホーム > 連載・コラム > まちに関わる人たちのシビックプライドを高める!都市のコミュニケーション・ポイント事例まとめ9選(PART3)

  • ローカルと起業

国立美術館の前にあるMuseumplein(ミュージアムスクエア)と呼ばれる広場の中心に置かれている「I amsterdam」の立体ロゴ。ここでみんな記念撮影をします。

まちに関わる人たちのシビックプライドを高める!都市のコミュニケーション・ポイント事例まとめ9選(PART3)

PART1はこちら

PART2はこちら

(3)ロゴ・ヴィジュアルアイデンティティ

ロゴやビジュアルアイデンティティは、まちと人々との一体感をもたらすためのシンボルやモットーとして機能します。代表例は、”都市の資産は人である”という理念を言い表した、アムステルダムの「I amsterdam」という都市キャンペーンのロゴとキャッチコピーです。「I amsterdam」には、アムステルダムに住む人、関わる人全ての人がアムステルダムを表現する存在であるというメッセージが込められています。

国立美術館の前にあるMuseumplein(ミュージアムスクエア)と呼ばれる広場の中心に置かれている「I amsterdam」の立体ロゴ。記念撮影スポットになっています。

国立美術館の前にあるMuseumplein(ミュージアムスクエア)と呼ばれる広場の中心に置かれている「I amsterdam」の立体ロゴ。記念撮影スポットになっています(画像引用元)

「I amsterdam」のロゴが入ったTシャツやキャップなどのほか、ナプキン立てや自転車のベル、携帯ストラップなど様々なグッズも作られています。そんな「I amsterdam」というコンセプトフレーズをつくり、デザインとプロモーション戦略に落とし込んだのは、アムステルダム在住のデザイン事務所「ケッセルスクラマー」でした。ロゴのほかにも、アムステルダムの姿を20人の写真家に撮影させ、写真集を制作します。(参照記事)市長が海外へ行くときには写真集をお土産に持って行き、写真展を開くなどしてアムステルダムをプロモーションしています。

アムステルダムで暮らし働く人々の日常の姿や都市の風景、肖像写真などから、アムステルダムのリアルな模様が伝わってきます。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

アムステルダムで暮らし働く人々の日常の姿や都市の風景、肖像写真などから、アムステルダムのリアルな模様が伝わってきます。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

「I amsterdam」のロゴは、簡潔で力強い書体と明るい色彩のデザインで、「I ❤︎ NY」のような磁力を持っています。宗教的寛容さから異教徒を受け入れてきたり、1960〜70年代にかけては世界中からヒッピーが集まってきたりと、アムステルダムには自由と寛容の気風を培ってきた歴史があります。「I amsterdam」は、そんなアムステルダムのまちの一員であるという愛着や自負を呼び起こす、コミュニケーションのきっかけになっています。

Instagramで「I amsterdam」というハッシュタグを検索してみると、あの立体ロゴの前で写真を撮る人たちがたくさん。街の日常風景も混じっているのも印象深いです。

Instagramで「I amsterdam」というハッシュタグを検索してみると、あの立体ロゴの前で写真を撮る人たちがたくさん。街の日常風景も混じっているのも印象深いです。(画像引用元)

(4)ワークショップ

まちを知り、自分とまちとの関係を考え、自分なりのアクションを構想し、実際に動いてみるというプロセスは都市のリテラシーを育みます。そういったプロセスを描くワークショップも、都市とのコミュニケーションのきっかけになります。代表例は、2002年にマンチェスターにオープンした「URBIS(アービス)」です。URBISとはラテン語で「都市」を意味します。

URBISの外観。ガラスのカーテンウォールの建築で、敷地の約半分は公開緑地として整備しています。

URBISの外観。ガラスのカーテンウォールの建築で、敷地の約半分は公開緑地として整備されています。(画像引用元)

「URBIS」は地上7層、地下1層から構成される建物で、1階には500㎡の大きなホワイエに面して地方テレビ局のスタジオ、他にもショップ、カフェ、多目的室があります。2階〜5階は全て多目的な展示ができるスペース、6階〜7階はバー、地下はオフィスなどがあります。URBISの活動コンセプトは「都市生活のミュージアム」。コレクションは持たず、都市に生活する人々や出来事に活動の焦点を当てているのが特徴的です。そのため、展覧会やワークショップ、ツアーなど、ソフトの面から都市とのコミュニケーションを実践しています。主なターゲットは25歳以下の若者、エスニックなどの移民、ひとり親やあまり裕福でない人々といった社会で比較的弱い立場に置かれている人々が多いそうです。

貧しい地域の学校に通う子供たちのためのワークショップを開催するなど、教育的な視点で都市との関わり方などを議論したりします。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

貧しい地域の学校に通う子供たちのためのワークショップを開催するなど、教育的な視点で都市との関わり方などを議論したりします。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

そもそもURBISは、1996年にマンチェスターで起きたIRAによる爆弾テロ事件がきっかけとなって生まれました。国家を挙げた復興事業「マンチェスター・ミレニアム・プロジェクト」の中心施設がURBISでした。そして、希望のある再開発を進めるために、文化がキーになると考えられたのです。社会的に立場の異なる人々とともに都市をテーマとしたワークショップを行うことで、市民のあるべき姿について議論し、共通の認識を見つけていきます。

都市に関わる人同士が都市をテーマに対話する、URBISはシビックプライドのための活動拠点としての役割を担っています。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

都市に関わる人同士が都市をテーマに対話する、URBISはシビックプライドのための活動拠点としての役割を担っています。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

(5)都市情報センター

都市情報センターは、とてもバランスの良いコミュニケーション・ポイントです。都市の過去・未来・現在の情報を共有し、理解を促し、体験を提供します。人目につきやすい立地、憩いの場の提供など、幅広い層の人々を呼び込む実空間であることが重要です。代表例は、ヨーロッパ最大規模の都市再生プロジェクトであるハンブルク市街地のウォーターフロント「ハーフェンシティ」です。

2001年に建設着工してから現在進行形の再開発が行われているハーフェンシティ。住宅やオフィス、文化、観光、商業など多用途な施設で構成されています。

2001年に建設着工してから現在進行形の再開発が行われているハーフェンシティ。住宅やオフィス、文化、観光、商業など多用途な施設で構成されています。(画像引用元)

ハーフェンシティの再開発の特徴は、市民とのコミュニケーションを意図しているものが多いことが挙げられます。例えば、開発の順序です。様々な建物や施設よりも前に、広場などのオープンスペースが整備されました。市民たちは散歩をしながら建設の現場を目撃し続けることで再開発のプロセスがわかるわけです。そして注目なのが、発電所をリノベーションした都市情報センター(インフォセンター)の存在です。都市情報センターには、開発プロジェクトに関する様々な情報公開を積極的に行っています。例えば、開発の全貌を視覚化する巨大都市模型や、開発の現場を実際に見ることができる展望タワーなど、再開発(都市)を知るためのコミュニケーションがいたるところにデザインされています。

縮尺1/500、幅8m、奥行き4mの巨大都市模型を使ってガイドツアーが行われています。

縮尺1/500、幅8m、奥行き4mの巨大都市模型を使ってガイドツアーが行われています。(画像引用元)

着々と姿を変えていくハーフェンシティの成長を、常に見守ることができる展望タワーからは、開発の現場を一望することができます。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

着々と姿を変えていくハーフェンシティの成長を、常に見守ることができる展望タワーからは、開発の現場を一望することができます。画像は書籍「シビックプライド」より引用。

都市のコミュニケーション・ポイント事例9つのうち、(3)ロゴ・ヴィジュアルアイデンティティ、(4)ワークショップ、(5)都市情報センターについてご紹介しました。PART4では、(6)フード・グッズ、(7)フェスティバル・イベントについて取り上げます。次回記事もぜひご覧ください。

PART4はこちら

PART5(最終回)はこちら

(2016/09/19)

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

夕暮れどきの西口公園。老若男女の憩いの場になっています。

公園の可能性 →ビアガーデン・教室・ライブ会場・体育館・美術館・その他にも使えるかも|公共空間を大いに使う!(公園編)

公共空間を大いに使うvol.2 公園や道路、河川敷、ビルやマンションの屋上など個人に属さない公の空間、つまり公共空間を大いに使うことで、逆説的ですが私的空間(自分のための空間)を良くする・楽しくすることができるはずです。...more

Print

みんなで江戸川河川敷BBQをできるのか雑記

このコラムでは、MAD Cityが開設したクラウドファンディングの初プロジェクト「みんなで江戸川河川敷BBQをしましょう!」 を、インターン・湯浅が、松戸で暮らす若者の目線で、語っていきます。なぜこのプロジェクトが始動し...more

MAD CityBBQ風景

社会問題との繋がりを河川敷のバーベキューをキッカケに考える|公共空間を大いに使う!(ホットスポット編)

MAD Cityでは2015年8月31日まで、 みんなで江戸川河川敷BBQをしましょう!MAD City FUNDING のクラウドファンディングを実施中です。今回は、このファンディングを通じて意見をいただいたこともあり...more

高知県庁の移住・促進コンシェルジュの皆さん。

【随時更新】地方は「老後の余生をのんびり暮らす場所」から「新しく価値を創造する場」になりつつある|イケてる地方移住応援サイトまとめ

今、地方にスポットライトが当たっている 「地方」と聞いて何を連想するでしょうか。過疎や限界集落、シャッター商店街といった負の側面の反面、豊かな自然や食べ物が美味しい、家賃が安いなど都市に比べて相対的なメリットも数多くあり...more

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

8589099327_9b94f642c4

松戸と柏が出会ったら素敵なお店になったよ。|松柏商店

松柏商店(しょうはくしょうてん)ってなんだ 昨年のWhole Arts Marketでデビューした「松柏商店(しょうはくしょうてん)」。松戸・柏のクリエイター・ものづくりの製品と野菜を売る移動型商店です。 そんな松柏商店...more

まちに関わる人たちのシビックプライドを高める!都市のコミュニケーション・ポイント事例まとめ9選(PART3)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing