> > アペルト12 安西剛 「ポリ-」

  • ART
  • MAD City 住民
  • アート・カルチャー
  • 個展

アペルト12 安西剛 「ポリ-」

場所:金沢21世紀美術館 長期インスタレーションルーム

イベント内容

アペルト12 安西剛 「ポリ-」
開催日:2020年6月27日(土) 〜2020年11月23日(月) 10:00〜18:00(金・土曜日は20:00まで)
参加費:無料
会場:金沢21世紀美術館 長期インスタレーションルーム
お問い合わせ:金沢21世紀美術館 TEL 076-220-2800

MAD Cityの入居者 安西剛さんのインスタレーションの展覧会が、金沢21世紀美術館にて開催されます

アペルト12 安西剛 「ポリ-」

安西剛(1987年生まれ)は日用品、とりわけ安価で大量に出回っているプラスチック製品を主な素材とし、それらの機能や意味を無効化し、オブジェクトとして提示したときに、人々がどうそれを見るのか、どう関係するのかについて考察しています。<詳細HP 概要より抜粋>

作品の解説や作家ステイトメント等の詳細はこちら

《Artifact no.5》2020 海洋プラスチック、パテ H30×W30×D30cm

プロフィール

安西剛 (あんざい つよし)

1987年生まれ、埼玉県在住。2009年東京藝術大学音楽学部音楽環境創造科卒、2011年東京藝術大学大学院映像研究科メディア映像専攻修了。主な展覧会に「セカイがハンテンし、テイク」(川崎市市民ミュージアム、神奈川、2013年)、「Jailhouse Locke」(大和日英基金、英国、2018年)、「2016 Core Exhibition」(ヒューストン美術館、米国、2016年)、「The Strange Objects」(Pohang Museum of Steel Art、韓国、2017年)など。

関連記事

《QWERTY new normal #1》 k i k f i r e b o t t l e w o r k s「 – 視 街 知 (し が い ち ) – 二 丁 目 」

江戸時代、金町と松戸の間には水戸街道唯一の関所がありました。コロナにより、県をまたぐ移動が自粛になった時、江戸川という明確な境界をもつ松戸と東京の間には、再び関所のような存在が立ち現れた感覚がありました。 QWERTYで…more

松戸で浴衣のレンタル&着付け教室 Respirar(レスピラール)

松戸で浴衣のレンタルと着付けができる教室が開催されています。コロナウイルスの影響で今年は夏のイベントがもろもろ中止ですが、浴衣を着てふらっとまちの散策やランチ会なども素敵ですね。着付けをしてくれる講師の方は、MAD マン…more

QWERTY 倉谷 卓「 時 代 考 証 / レ ト ロ / 女 学 生 」

松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。後日、展示映像もアップします。 尚、ギャラリーへお越しの場合は、入り口を開けた状態で換気をしてご覧ください。 *狭いスペースですので複数名での入場は控え、観覧中はドアを開けたままに…more

《QWERTY VISION #06》生 塩 功 「 春 を 待 つ 」

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

《QWERTY VISION #05》高木美佑

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

アペルト12 安西剛 「ポリ-」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing