ホーム > 連載・コラム > AAPA連載 VOL.2「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」

  • アート・カルチャー

10j

AAPA連載 VOL.2「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」

こんにちは! 6月から(MAD Cityで)始まった、『ほぐして、つなぐ。からだを動かす時間』で講師を担当します、AAPAの永井美里(Nagai Minori)です。

このクラスは、自分のからだをゆるめて余計な力を抜くこと、人と一緒にからだを動かす楽しさに触れることを、誰もが気軽に体験できる場です。普段、自分たちの北千住のスタジオで行っている「リリース」と「コンタクト・インプロ」のクラスの内容をもとに、講師の2人(AAPAの上本・永井)が考えたプログラムを紹介していきます。

今回は前回のつづき「ロールダウン/ロールアップ」について詳しく紹介したいと思います。

からだの「重さ」を感じるエクササイズ

人の頭の重さは、約5キロあるといわれています。その重い頭を、なるべく力を使わないで支えてくれる姿勢で立つことができると、肩がこる、腰が痛いといった状態が改善されることも多くあります。
「ロールダウン/ロールアップ」では、この頭の重さを感じるところから動いていくことで、余計な力を抜いた楽な姿勢で「立つ」ことにつなげていきます。

0003

1)最初の姿勢(左端の写真)では、両足は腰幅にひらき、ひざとつま先の方向をそろえてともに正面向け、2つの足が平行になるように立ちます。からだの重心が、それぞれの足に均等に乗っていることを感じます。

2)立った状態から、頭の重さを感じながら導かれるように、からだの上から順に、各パーツ(頭・首・肩・肋骨・骨盤)を床に向けておろしていきます。ひざは曲がらないようにムリに伸ばしたままでいようとすると、からだが固くなってしまうので、柔らかくゆるめておいてください。からだ全体が伸びるのを気持ちよく感じることができる姿勢でいることが大切です。

3)頭が下までいき、からだを折りたたんだ状態になったら、上半身の力が抜けて骨盤からぶら下がっていることを確認します。そして骨盤にたまっている水が、からだのなかを通って頭から床に流れ落ちている様子をイメージして、水の流れにそって、ゆっくりと上半身を揺らしてみましょう。

4)揺れを通じてからだがほぐれていくのを実感できたら、今度は骨盤にたまっていた水を、頭とは逆の足から地面へと流していくイメージで、からだを立てていきます。ひざをゆるめて骨盤を起こして立たせていき、骨盤・肋骨・肩・頭と、各パーツが下から順々に積み上がっていくことを意識しながら、からだの重心が再び足の上に戻っていくのを感じて動いていきます。

0004

「骨盤が起きることで、重さが足から床に向かって落ちていき、ぶら下がっていた上半身が上がってくる」流れは、滑車の動きをイメージすると、わかりやすいかもしれません。

「重さ」と「呼吸」をつなげて動く

リリースのエクササイズは、この「ロールダウン/ロールアップ」の動きのように、からだの構造と重力との関係を利用することで「無理のない」動きを見つけていくことを、基本としています。

筋肉に力を入れて強く引っ張るのではなく、自分のからだの重さを感じながら、固まっている部分を揺らして動きを与えることで、からだの中の隙間を広げて、ほぐしていきます。からだがほぐれると、自分のからだの重さがよりしっかり感じられるようになり、その重さを移動させていくことで、さらに大きな動きにつなげていくこともできます。

そして振り子や円運動の動きを取り入れた、全身を使ったリリースのエクササイズも、深い呼吸と連動して行うことで、脳がリラックスして心も落ちつくと同時に、血液の循環が良くなり、からだを芯からあたためていきます。リリースのクラスを体験した方に、「お風呂に入ったあとみたいな気分」と言っていただいたこともあります。

ほぐして、つなぐ。からだを動かす時間』では、「呼吸」や「重さ」を通じて自分のからだを感じることから始めて、余計な力を抜いてからだを動かす気持ち良さを、まずは感じてもらいたいと思っています。

そして、日々の生活を通じてつくられている自分のからだや動きを、自分で整えていく。
そんな習慣につながる手助けを、クラスを通じてすることができたら嬉しいです。

次回のコラムでは、前回今回紹介した「リリース」に続いて、クラスのなかで行っていく「コンタクト・インプロ」について、紹介したいと思います。

(vo3へ続く)

永井美里|Nagai Minori

1983年生まれ。6歳よりバレエを始め、英国ミドルセックス大学ダンス学部でコンテンポラリーダンスを学び、2006年に卒業。帰国後、2007年よりAAPAの創作活動に参加。現在は北千住の「日の出町団地スタジオ」を拠点に、ダンスの面白さを地域に向けて広く伝えていくために活動中。また港区の保育園へのアーティスト派遣事業のコーディネーターも行っている。http://minori.aapa.jp/

関連記事

10370722_576810099101691_515894679_n4

AAPA連載 VOL.1「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」

はじめまして! 6月から(MAD Cityで)始まった、『ほぐして、つなぐ。からだを動かす時間』で講師を担当します、AAPAの永井美里(Nagai Minori)です。 このクラスは、自分のからだをゆるめて余計な力を抜く...more

鉛筆デッサン - コピー

コワーキングスタッフバー「デッサン会」(講師:冨澤志帆)

FANCLUBのコワーキングバーは平日の19~23時に営業し、月会費3,000円で毎日ビール1杯が付いてくるコワーキングスペースです(火曜日を除く)。意見交換の場でもあり仕事場としても使え、飲みながら働くぐらいの、緩いス...more

kondo10

近藤康平×原田茶飯事×表現(hyogen)

自然への敬愛を感じさせる世界観、めまぐるしく移り変わる情景。 原田茶飯事、表現(hyogen)の音楽にとけ込む、近藤康平のライブペインティングの共演。 日時:2012年7月29日(日) open/start 18:00 ...more

15205660_1154138714621672_397364636_o

Documentary M「ポートレート/グループ写真展」1月21日(土)~29日(日)

「Documentary M」プロジェクトとは? ひとつの「まち」の歴史を、そこに住まう人々の行いや姿が積み重なったかけがえないものとして残していくためのプロジェクト「Documentary M」。 記録に関わる専門家と...more

15908940_10209830169343606_887054405_o2

J-NITE2

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 MAD Cityの新年を祝うべく、J-NITE vol.2を開催します!J- NITEでは新春に相応しく、和モノ(...more

イベント 松戸

コワーキングスタッフバー 「ゲームナイトVol.01 マリオカート」(ホスト:庄子渉 &西川裕一/SYLIANRUE )

FANCLUBのコワーキングバーは平日の19~23時に営業し、月会費3,000円で毎日のビール1杯が無料になるバーです(火曜日を除く)。意見交換の場でもあり仕事場としても使え、飲みながら働くぐらいの、緩いコワーキングスペ...more

AAPA連載 VOL.2「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing