> > 【LIVE⇋映像】AAPA 2021トライアル!! ダンス作品 ダブル・ビル『私物と動物』

  • ART
  • LIVE
  • MAD City 住民
  • アート・カルチャー

二人

【LIVE⇋映像】AAPA 2021トライアル!! ダンス作品 ダブル・ビル『私物と動物』

場所:《①ミニマムショーイング》 日の出町団地スタジオ《②映像撮影見学会》足立区生涯学習センター4階 講堂

イベント内容

【LIVE⇋映像】AAPA 2021トライアル!! ダンス作品 ダブル・ビル『私物と動物』
開催日:2月13日(土)~2月28日(日) 
出演:上本竜平・小山衣美・加賀爪智子・目黒宏次郎・永井美里(B:『すむ』のみ)・小川敦子(映像音声のみ)
定員:5名
参加費:各1500円~3000円
会場:《①ミニマムショーイング》 日の出町団地スタジオ《②映像撮影見学会》足立区生涯学習センター4階 講堂
企画:AAPA

MADCity入居者、うごきの家の管理人でもある上本竜平さん、永井美里さんによるダンス公演のお知らせです。

コロナで舞台のLIVE鑑賞は不安という方に向けて、今回は公演の収録映像の販売も行っています。こちらLIVEも映像も、下記公演詳細ページから前売り予約を受付中!

特にLIVEについては、コロナ感染防止対策のため「定員5名」と超ミニマムな上演になっており、既にキャンセル待ちの回も出てきているそうで、この機会に鑑賞してみてはいかがでしょうか?

公演詳細ページ  note:https://note.com/aapa/n/nfd44011ed9ee

企画概要

AAPAが拠点を置く北千住で、上本竜平『(その後の) 私との区切り』(新作) と永井美里『すむ』(2017年初演のリクリエーション) を連続上演します。

今回は感染防止対策を踏まえたトライアル企画として大小異なる会場で、客席限定5席で行う『①ミニマムショーイング』と、客席(198席)を収容可能な広い空間での『②映像撮影見学会』を行います。

部屋の「私物」とペットの「動物」に支えられた今日この場所から、会場のLIVEと別日の映像にあわせて触れる、その始まりをお届けします。

上本竜平 / AAPA

プロフィール

上本さん

上本竜平 (Uemoto Ryuhei)

1980年 11月7日生まれ 40歳

東京都八王子市で育つ。
慶應義塾大学総合政策学部(文化政策)卒。在学中、コンテンポラリーダンスの舞台と、コンタクト・ インプロビゼーション(CI)のJAMに触れ、ダンスを始める。

2004年、建築家とともに「仮設劇場になる海の家」を企画した『茅ヶ崎戯曲』を契機にAAPAを立ち上げ、様々な場所で日常と舞台を地続きに見せる仮設空間を企画。

2007年より周囲の環境をあらためて意識する場として、ダンス作品を創作。「大野一雄フェスティバル2009」「踊りに行くぜ!!Ⅱ vol.1」「Asia Pacific Impro 2」など国内外の創作プログラムやフェスティバルに参加し、レジデンスや公演を行う。

2013年夏、団地の中庭とつながる「日の出町団地スタジオ」を北千住(東京都足立区)にオープン。スタジオでのクラスや、各地の日常の場所でのワークショップ、様々な空間でのパフォーマンスを通じて、日々のからだに気づく場を広げている。

美里さん

永井美里 (Nagai Minori)

1983年 6月27日生まれ 37歳

神奈川県横浜市で育つ。
6 歳より光永晶子バレエスタジオにてクラシックバレエを学ぶ。2003 年、英国ミドルセックス大学ダンス学部に入学、コンテンポラリーダンスを学ぶ。特にリリーステクニックとコンタクト・ インプロビゼーション(CI)に触発され、力をぬくことで生まれる柔らかさ、からだのつくり・法則から生まれる流れの探求を軸に、ダンサー/振付家として活動を始める。

2006年に卒業し帰国後、劇場外の「日常の場所」での活動に取り組むAAPAに参加し、様々な場所で踊る経験を積む。2008年より、C.I.N.N.(Contact Improvisation Nihon Network) メンバーとしても活動。

現在は自身のダンスを探求しながら、からだの面白さやダンスの魅力を広く伝えていくことを目指し、講師としても活動。2013年にAAPAが北千住にオープンした「日の出町団地スタジオ」で行うクラスを中心に、バレエ教室での小中高生へのコンテンポラリーダンスクラス、桜美林大学非常勤講師、海外のコンタクト・インプロビゼーション(CI)フェスティバルでのワークショップなどを行う。あわせてNPO法人ARDAが行う保育園・幼稚園へのアーティスト派遣事業のコーディネーター、海外振付家・講師の通訳なども行い、コンテンポラリーダンスを身近にする活動に取り組んでいる。

関連記事

7F3

M.A.D. Center ビジネス相談会

M.A.D. Centerでは、松戸市内で新たに起業創業しようとする方に向けたビジネス相談会を実施します。運営するまちづクリエイティブ社ならではの、エリアや地元資源を巻き込んだ手法や、あるいはクリエイティブや社会企業性を…more

原発を止めた裁判長1

原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち

MAD City入居者の吉野裕司さんが音楽を担当した、ドキュメンタリー映画 『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』が 2022年9月10日ポレポレ東中野で公開されました。 地震予知の不可能、原発施設の地震に対…more

309961285_1142824356332086_289468255171020388_n

第2回 大工の会

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 子どもがなりたい職業ランキングではいつも上位にいるのに、実際には若い世代の担い手が少なく、貴重だとされる「大工」。…more

2022-09-05 17.12のイメージ①

小野愛 個展「日日」

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 これまで、布を使用した立体作品の制作を行う中で、 ひと針ひと針縫うという行為によって時間の蓄積を感じてきました。 …more

7F3

M.A.D. Center ビジネス相談会

M.A.D. Centerでは、松戸市内で新たに起業創業しようとする方に向けたビジネス相談会を実施します。運営するまちづクリエイティブ社ならではの、エリアや地元資源を巻き込んだ手法や、あるいはクリエイティブや社会企業性を…more

【LIVE⇋映像】AAPA 2021トライアル!! ダンス作品 ダブル・ビル『私物と動物』

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing