ホーム > 連載・コラム > 【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.3  AAPA vol.1

  • PARADISE STUDIO
  • アート・カルチャー

clip_image002

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.3  AAPA vol.1

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用したクリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。

そんな彼らの日常を彼らの言葉で紹介するPARADISE STUDIO滞在レポート。

vol.3は、劇場外の様々な場所を舞台空間にすることで、現実と舞台の距離(異質さ、あるときはつながり)を形にするプロジェクト、AAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)さんのレポートです。

———————————————————————————————

はじめまして。これからPARADISE STUDIOに5月下旬まで滞在を予定している、上本竜平(うえもとりゅうへい)です。

定期的にお届けする滞在レポートの1回目ということでまずは自分が代表をしているAAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)の紹介と今回PARADISE STUDIOに滞在するまでのいきさつを、あわせて書いていってみたいと思います。

****

AAPAは、「日常風景と地続きの舞台空間」を企画しようと、学生仲間と2004年に活動をスタートしたプロジェクトです。もう10年前ですね。だいぶ前です。

そして活動を始めてしばらくは夜の海水浴場、公園の使われなくなった休憩所、歴史建造物の屋上、淡路島の風力発電所など、劇場ではない、日々の生活のなかで見過ごしている様々な場所を会場としてダンスを中心にパフォーマンスや舞台公演を企画していました。

clip_image002

また2006年からは、横浜にある「創造的活動の拠点」としてリノベーションされた建物の一室に入居し、各地のアートフェスティバルに参加したりしながら活動を続けていたのですが、2010年3月にその施設がなくなることになり、自分たちも退去します。

そんな折の、2010年4月。
同じ横浜で、今回お世話になっている「まちづクリエイティブ」の代表の寺井さんが壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」をやっていた縁もあり、新たに拠点を探しているなら松戸でいちど会おう!ということになり、人生初の松戸へ。

clip_image002

そのころ「脱東京ゼミ」という企画を主催していた寺井さんは、活動拠点をそれまでの渋谷から松戸に移し、駅前エリアを創造的な活動ができる場として活性化することを目指す「MAD Cityプロジェクト」を新たに始める!と松戸駅前の地元飲み屋でのみながら話してくれた記憶があります。
これがおよそ4年前の話。

そして当時は結局、自分たちは拠点を持たないことに決めたので、松戸に訪れたのはそのとき限りでした。
AAPAでは、新たに「劇場」で作品を上演することを考え、ダンスに加えて、日常にある物ごとが多く登場するパフォーマンスを作り始めました。

clip_image002

AAPA : “Signs of the End”

こうして日常の延長にある場所や、日常の物ごとと絡みながらダンスをする活動を続けていくなかで、ベースにある「日々の日常のなかでの気づき」を、広く多くの人から聞いたり共有したりする場を公演やパフォーマンスとはまた別の形で、つくっていくことが必要だと思うようになりました。

****

そして昨年の2013年夏。偶然見つけた、北千住の東口にある「日の出町団地」の空きテナントを借り、ちいさなスタジオとして改装して、AAPAとして初めて、一過性ではない、継続する場の企画・運営を始めました。

clip_image002

このスタジオでは、創作のためのリハーサルのほかに、「からだへの気づき」を大事にするクラスを日々行っています。
これも、「日々の日常のなかでの気づき」を共有する取り組みのひとつとして始めたことですが、できることはほかにもありそうです。

そう考えながら頭に浮かんできたのが、北千住から常磐線の快速で1駅の松戸で行われている「MAD City」のことでした。
北千住にスタジオができて、家も近くに引っ越そうと考えていたので、それならMAD Cityに住むのもアリなんだろうか?と思ったわけです。

ただ「住む」となると、自分がいま夫婦ふたりで生活していて、ともに土日含めほとんどの日は北千住のスタジオなど松戸の外に一日いる生活になるわけだが、果たしてそれでも良いのだろうか??
そう思ったりもしたわけですが、まずは行ってみようということで、初めて訪れたあの日から3年半振りに、今度は住む家を探しに、松戸に来ました。
そして「まちづクリエイティブ」でお世話になり、何件か物件を見させてもらったあと・・
「さっき見てもらったPARADISE STUDIOを使って、いちど実際に松戸に住んでみたらどうですか?」
という話をいただき、(このあたりはイッキのできごとだったので、はしょります)まだ引っ越しが終わったばかりで、まずは部屋を片づけないといけない状況の今に至る・・というわけです。

なので、今回はここで終わりとなってしまいますが来週からはMAD Cityをいろいろまわって、次回から実際に滞在生活をレポートしていきたいと思います。

関連記事

無題

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.4  monsHirop 2羽目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用したクリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの日...more

3

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.5 女の子には内緒 2話目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用した クリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの...more

6

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.7 女の子には内緒 3話目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用した クリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの...more

-2

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.1 女の子には内緒 1話目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用した クリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの...more

1

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.2  monsHirop 1羽目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用した クリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの...more

いつもはのんびりと散歩している人が目立つ河川敷に、
バザーや屋台などが並んでいて、親子連れを中心にわいわいやってます。

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.10 AAPA vol.4

松戸駅前のパチンコ屋さんの上にある、元ラブホテルの跡地を活用したクリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、藝術大学の研究室が滞在しています。 そんな彼らの日常を彼らの言葉で紹介...more

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.3  AAPA vol.1

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing