ホーム > 連載・コラム > 【随時更新】地方でこそ生まれる先進事例!今アツい空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクトまとめ

  • まちづくり
  • ローカルと起業

高崎経済大学の学生による空き家再生プロジェクト「0号館プロジェクト」のメンバーの方々。

【随時更新】地方でこそ生まれる先進事例!今アツい空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクトまとめ

地方発!空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクト

全国の空き家数は約820万戸、空き家率は13.5%です。人口減少や高齢化、さらには新築中心の住宅政策などを背景に、今後も空き家は増加していくことが予測されています。そんな社会状況の中、全国各地で空き家の活用や再生を軸とした、まちづくりプロジェクトが動き出しています。

都市部と違い地方では、家賃や土地代が安かったり、空き家オーナーとの距離が近く、また消去法的にも空き家への注目が集まることが多く、大胆かつ魅力的なプロジェクトがたくさんあります。今回はそんな地方発の空き家活用・再生・まちづくりプロジェクトをまとめます。(この記事は随時で追加・更新となります)

地方特集第1弾記事はこちら

地方特集第2弾記事はこちら

1 MAD Cityプロジェクト

まずは毎度の手前味噌からですが、地方都市・松戸駅前の半径500mのエリアを中心に、改装可能・現状回復不要といった変わった賃貸物件を扱って民間によるまちづくりプロジェクトに取り組んでいるMAD Cityです。MAD Cityでは2010年のプロジェクト開始以来、約70戸の空き物件の活用を請け負い100%の活用率を実現しています。そして、アーティストやクリエイターなど200人近い人たちに移住してきていただいています

暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

MAD Cityの公式ウェブサイトでは、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報など多彩な情報を発信しています。(画像引用元)

MAD City(ウェブサイト
MAD City(Facebook
まちづクリエイティブ(Twitter

2 尾道空き家再生プロジェクト

空き家再生プロジェクトといえば尾道が代名詞、と言っても過言ではない有名プロジェクト。今や120件ある物件のうち約8割は契約済みで移住希望者に対して空き家が足りない状態にまでなっています。尾道出身で、大学卒業後海外を飛び回る添乗員として働いていた豊田雅子さんが中心となって2007年から活動をスタートさせました。

そして07年春、ガウディハウスの修繕を始めて「尾道の空き家、再生します。」というブログを書き始めた。すると、尾道への移住希望者、さらに移住はしないが空き家を再生させたいという熱意のあるボランティアの若者たちから年間100件を超える問い合わせがあった。
「その勢いで『尾道空き家再生プロジェクト』を立ち上げました。約1年後にはNPO法人化し、その翌年には市の『空き家バンク』とも連携し、これまでに70軒近い空き家に明かりをともすことができました」 

0円で一戸建てを譲り受けたツワモノも! 空き家再生プロジェクトの最先端・尾道で知った 「自分の居場所はどこにでもある」

尾道空き家再生プロジェクトは建築、環境、コミュニティ、観光、アートという5つの柱を軸に取り組みを進めています。

尾道空き家再生プロジェクトでは建築、環境、コミュニティ、観光、アートという5つの柱を軸に取り組みを進めています。(画像引用元)

尾道空き家再生プロジェクト(ウェブサイト
尾道空き家再生プロジェクト(Facebook

3 高知空き家活用団体

高知といえば著名ブロガーのイケダハヤトさんが2014年6月に東京から移住されました。そんなイケダさんがスーパーアドバイザーとして関わっているのが高知空き家活用団体です。代表の宮崎柾さんは高知生まれの20代です。2014年に空き家活用の取り組みを開始し、高知市内の築40年の空き家を借りて約1年間シェアハウス暮らしをした後、現在はAirbnbなどの空き家活用ビジネスに取り組まれています。

受け入れ体制が整ったということで、Airbnbへの掲載を開始したそうです!1泊1,220円から泊まれるとのことなので、高知旅行の際にはぜひ。

高知旅行でお世話になった「充電ハウス」の話

一泊あたり2,280円で、レンタル自転車で高知の繁華街まで15分という好アクセス。日本の古家の一階(2LDK)と個室を利用できるそうです。

一泊あたり2,280円で、レンタル自転車で高知の繁華街まで15分という好アクセス。日本の古家の一階(2LDK)と個室を利用できるそうです。(画像引用元)

高知空き家活用団体(仮)(ウェブサイト

4 斜面地・空き家活用団体「つくる」

長崎港が一望でき、かつてはトーマス・グラバーらが競って邸宅を構える外国人居留地だった長崎の斜面地では、道路が細く車が入らないことなどから空き家の増加や高齢化が問題となっています。そんな長崎の斜面地の戸建て空き家を改装し、オープンスペースとして活用しようというプロジェクトが進められています。現在、空き家は「つくる邸」として生まれ変わっています。代表は長崎大大学院を今年卒業された岩本諭さん、20代です。斜面地の空き家活用を模索されています。

「つくる」代表で長崎大大学院2年の岩本諭さん(24)の自宅が拠点。岩本さんは活動の一環として、築約60年で10年ほど空き家だった南山手町の一軒家を改装し、夏から友人と2人で暮らしている。

長崎)斜面地の楽しい利用法は? デザイナーら試み

物置状態の古民家を一ヶ月ほどかけて掃除・片付け2014年7月くらいから活動を本格化させています。

物置状態の古民家を一ヶ月ほどかけて掃除・片付け、2014年7月くらいから活動を本格化させています。写真は「つくる邸」のお披露目会の様子。(画像引用元)

「つくる」(Facebook
「つくる邸」(Twitter

5 出羽島プロジェクト

徳島県海部郡牟岐町の港から約3.7km先、連絡船で20分の所にある離島・出羽島の空き家を使って地域再生に取り組もうという取り組みが「出羽島プロジェクト」です。徳島や関西圏の大学生を主体としたNPO法人ひとつむぎを中心に、徳島県出身の建築家である坂東幸輔さんのコーディネート、牟岐町の地域密着メディア・六角舎(ヘキシャ)、そして地元住民や行政の方々が連携しながらプロジェクトを進めています。2015年1月から5月までに計3回のワークショップを開き、空き家活用策を練ってきました。その結果、空き家を観光客らが住民と触れ合ったり島の暮らしを体験することができる交流拠点施設へと改築することが決定しました。

空き家は、出羽島漁港の近くにあり、木造2階建て延べ約60平方メートル。昭和初期に建築されたとみられる。1階はフロア半分を「通り土間」に改築。和室1部屋のほか台所などを備える。2階は和室2部屋を残し、それ以外は吹き抜けにする。玄関脇には県南独特の折りたたみ式縁側「ミセ造り」を再生する。改築費用は約1300万円の見通し。

離島の空き家で暮らし体験 徳島・牟岐町、拠点施設整備へ  

出羽島のフィールド調査、空き家の活用方法の立案、住民とのディスカッションとプレゼンなどなどを経て、2016年春に地元住民との触れ合いや島暮らし体験ができる交流拠点施設が開所するそうです。

出羽島のフィールド調査、空き家の活用方法の立案、住民とのディスカッションとプレゼンなどなどを経て、2016年春に地元住民との触れ合いや島暮らし体験ができる交流拠点施設が開所するそうです。(画像引用元)

出羽島プロジェクト(ウェブサイト)
NPO法人ひとつむぎ(Facebook

6 KGU空き家プロジェクト

関東学院大学の横浜・金沢八景キャンパス近隣の横須賀市追浜の谷戸地域にある空き家を改修してシェアハウスとして活用しようという「KGU空き家プロジェクト」。関東学院大学生による空き家問題をテーマにした卒業検定がきっかけです。改修工事は今年4月に完了し、今後は地域活動の拠点としてシェアハウスを活用していくそうです。

関東学院大学人間環境学部をこの春卒業した、工藤達矢さん・佐藤勇希さんが立ち上げた「KGU空き家プロジェクト」。追浜地域の空き家調査を発端に、借り手の居なかった空き家を改修し、学生たちのシェアハウスに再生させる事業を始めていた。今月4日には関係者を招いて「お披露目会」を開き、6日から同大学で建築を学ぶ2年生3人が暮らしている。

シェアハウスで地域貢献

横須賀は全国一の人口流出率。追浜というエリアだけでも100件を超える空き家が存在しているそうです。地元の大学生による取り組みは地域にとって大きな活力になります。

横須賀は全国一の人口流出率。追浜というエリアだけでも100件を超える空き家が存在しているそうです。地元の大学生による取り組みは地域にとって大きな活力になります。(画像引用元)

KGU空き家プロジェクト(Facebook)

7 0号館プロジェクト

群馬県高崎市内には2万戸以上の空き家があるとされています。そんな高崎で空き家を改修し、学生と社会人、地域住民などが交流のする場へと生まれ変わらせるプロジェクトが動き出しています。その名も「0号館プロジェクト」。代表の三橋純香さんは高校生のときに高校生のキャリア教育を行うNPOの仕事に携わっいた経験から大学生が社会人や地元住民と接する機会や場をつくろうと考えたのがプロジェクトのきっかけでした。改修費用の調達にはクラウドファンディングも使いました。0号館の存在が大学生と街との接続のきっかけとなることが大きなテーマです。

全国の国公立大学は中心市街地から離れています。そして大半の中心市街地は 活気が足りない、若者にもマチに出てきてほしいと考えています。そこで0号館はマチが大学に歩みより、大学生がマチに魅力を感じるきっかけを作ります。具体的には、群馬県内のNPOなどとのコラボや、街中の飲食店の出張販売などを考えています。
駅まで徒歩30分以上という物理的距離を、「学び」や「美味しい!」といった心理的距離で近づけ、中心市街地の活性化へと結びつけます。

0号館の可能性

0号館はふらっと立ち寄れる大学と社会の境界線。コミュニティスペース・レンタルスペース・イベント運営などとして活用されます。

0号館はふらっと立ち寄れる大学と社会の境界線。コミュニティスペース・レンタルスペース・イベント運営などとして活用されます。(画像引用元)

0号館(ウェブサイト
0号館(Facebook
0号館(Twitter

8 ホンバコ

全国各地に広がりを見せているリノベーションスクール。不動産の再生を通じてまちでの新しいビジネスを生み出しエリアを再生する実践の場として注目を集めています。そんなリノベーションスクールがきっかけとなった空き店舗再生の取り組みが「ホンバコ」。鳥取市の中心市街地にある元喫茶店がブックカフェへと生まれ変わりました。クラウドファンディングなども活用し、2015年5月下旬にオープンされました。

中心市街地の空き店舗を活用しようと、鳥取市が昨秋開講した「リノベーションスクール」。中心市街地にある元喫茶店の再生が「出題」され、受講生だった岡田さんが「本を持ち寄る図書室があったらおもしろい」と提案したところ、ほかの受講生からも好評で実現を目指した。
所有者らから投資を受けたほか、ネットを通じて資金を集め、2月に改装に着手。知人に手伝ってもらい、休憩室だった2階も含め店内を模様替えした。壁をペンキで塗り替え、本を収める木箱も作り、ホンバコに生まれ変わらせた。リノベスクールで生まれた第1号の再生事業となった。

鳥取)人々つなぐブックカフェ 「ホンバコ」開店1カ月

『本で人と街が繋がるきっかけを』というコンセプトを掲げてスタートしました。

『本で人と街が繋がるきっかけを』というコンセプトを掲げてスタートしました。(画像引用元)

ホンバコ(ウェブサイト
ホンバコ(Facebook
ホンバコ(Twitter

おわりに・まちづくりから空き家の再生を進めるMAD City

このように全国各地で空き家活用・再生と関わるまちづくりのプロジェクトはたくさんあります。空き家プロジェクトというと、とかく空き家の活用ありきに偏りがちで、肝心の目的が抜け落ちてしまいがちです。MAD Cityではアソシエーションデザインクリエイティブシティといった理念や概念を研究しつつ、まちづくりを通して空き家の再生を進めています。こうしたMAD Cityのまちづくりの取組について、取材や視察でご説明させていただいています。ご希望される方または団体はこちらまで是非ご連絡ください。

取材・講演依頼などのご相談はこちら

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

これが噂の巨大な建物。奥の赤いのがクレーン

【代表寺井のまちづくり的感想文 】熊谷のNEWLANDに行ってみた。

妻がかつて勤務していた関係もあって、熊谷に遊びに行ってきました。その一番の目的は、大型免許の教習所跡地を活用して生まれたという商業施設、NEWLAND。デザイン系の若手クリエイティブディレクター、山本和豊さん(desse...more

秋葉神社例大祭2015

お祭りを通じて考える「新旧住民をつなぐ」まちづくり

秋葉神社例大祭 松戸駅西口を出て徒歩5分のところにある松戸神社は創建寛永三年(1626年)の由緒ある神社です。今回、この松戸神社に合祀されている秋葉神社の祭礼が行われました。2日間に渡って街中でお神輿を担ぎ回ります。この...more

TOP

【トーク&ディスカッション】「モノをつくって生きるには」 工芸遍路 × MAD City

プロジェクト紹介 国内外に向けたアーティスト・クリエイターの滞在制作拠点PARADISE AIRに初期から入居し、複数の部屋を工房として活用していただいている株式会社クラボとMAD Cityとは、それぞれものづくり、まち...more

a004_coin_black1

あえて今、MAD Cityから地域通貨の”いろは”を紹介するコラム vol.1

―MAD Cityでは以前、関係者が笑い話で「いつかMAD Cityの地域通貨ができたら面白いかもね?『円』じゃなくて『beer』で!」といった会話をしていたことがありました。というわけでMAD City運営に学生インタ...more

teraiman

教科書を読みすぎちゃう人のための起業入門2

—架空の自治エリア「MAD City」を現実にすべく活動している、まちづクリエイティブ代表の寺井が、過去の自分のような無謀な20代に向けて送る起業入門のコラム。寺井本人が起業後に「教科書に書いてないこと」の存...more

teraiman

教科書を読みすぎちゃう人のための起業入門1

—架空の自治エリア「MAD City」を現実にすべく活動している、まちづクリエイティブ代表の寺井が、過去の自分のような無謀な20代に向けて送る起業入門のコラム。寺井本人が起業後に「教科書に書いてないこと」の存...more

【随時更新】地方でこそ生まれる先進事例!今アツい空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクトまとめ

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing