ホーム > 連載・コラム > レーザーカッターやUVプリンターなどのデジタル工作機械を使ってこんなモノも作れます!あなたのアイデアを形にする「工作室アルタイル」

  • DIYリノベ
  • MAD City 地域情報
  • アート・カルチャー
  • ローカルと起業

工作室アルタイルで作られた団扇

レーザーカッターやUVプリンターなどのデジタル工作機械を使ってこんなモノも作れます!あなたのアイデアを形にする「工作室アルタイル」

レーザーカッターやUVプリンターを備えている工作室アルタイル

MAD Cityにある、メイカーズムーブメントの現場「工作室アルタイル」は、2014年7月に松戸駅西口から徒歩7分ほどの立地にオープンしました。レーザーカッター(レーザー照射で、さまざまな素材を彫刻・切断・穴あけ・マーキング加工する工作機械)やUVプリンター(吹き付けたインクをUVですぐに硬化させ、用紙・立体へインクを定着させるプリンター)といったデジタル工作機械のほか、バンドソーやベルトサンダーなどの貸し工具・設備なども充実しています。

機械の紹介はこちら

工作室アルタイルのウェブサイト。何でも自分で作ってみよう!というDIY精神のもと、100名近くの会員さんがデジタルものづくりに取り組んでいます。

工作室アルタイルのウェブサイト。何でも自分で作ってみよう!というDIY精神のもと、100名近くの会員さんがデジタルものづくりに取り組んでいます。(画像引用元)

工作室アルタイル代表・佐々木さんのぞみさんにインタビュー

前回記事では、工作室アルタイルの具体的な紹介に行く導入として、メイカーズムーブメントの潮流についてまとめました。

今回は、いよいよ工作室アルタイルでは具体的にどんな製品が生まれているのか、置いてある機械や設備はどんなものか、そもそもお店をオープンさせた経緯など、代表の佐々木のぞみさんにお聴きしてきました。

代表の佐々木のぞみさんは、桑沢デザイン研究所を卒業後、印刷会社を経てグラフィックデザイナーとして独立。その後、約3ヶ月間の日本一周ノマドワークの旅(!)を経て、工作室アルタイルを開業されます。

代表の佐々木のぞみさんは、桑沢デザイン研究所を卒業後、印刷会社を経てグラフィックデザイナーとして独立。その後、約3ヶ月間の日本一周ノマドワークの旅(!)を経て、工作室アルタイルを開業されます。

工作室アルタイルで作れるモノとデジタル工作機械

まずは工作室アルタイルで実際に作られたモノをご紹介していただきました。こちらの団扇は佐々木さんがデザインし、素材はMDFと紙を使い、レーザーカッターで加工して出来上がりました。細かい穴あけ加工などを短時間で出来るというのが、レーザーカッターの凄いところです。

複雑なデザインでもレーザーカッターにより、シャープな切断面を実現しています。こちらの団扇はただ飾っておくだけでもかっこいですね。

複雑なデザインでもレーザーカッターにより、シャープな切断面を実現しています。こちらの団扇はただ飾っておくだけでもかっこいですね。

レーザーカッターはこちら。レーザー光を切削や切断加工に利用することで、従来の刃物や切削器具を用いても不可能な機械加工を行う目的で開発されたデジタル工作機械です。イラストレーターなどの画像処理ソフトウェアと連動し、データがそのまま転送され、他品種の加工が可能です。(参照:Wikipedia>レーザーカッター

こちらのレーザーカッターにより、二次元のデータ(イラストレータやモノクロ画像)から精密かな三次元の作品を短時間で生み出せます。

こちらのレーザーカッターにより、二次元のデータ(イラストレータやモノクロ画像)から精密かな三次元の作品を短時間で生み出せます。

佐々木さんをモチーフにしたアクリルキーホルダーです。こちらはUVプリンターで印刷されました。6色のUV硬化インクを使用し、紙以外にもさまざまな素材に印刷可能です。

こうした小物も簡単に作れてしまうので、わざわざ買うのではなく、自分で作っちゃおうって思いますよね。

こうした小物も簡単に作れてしまうので、わざわざ買うのではなく、自分で作っちゃおうって思いますよね。

UVプリンターの凄いところは、素材関係なく、なんでも直接印刷できてしまうところです。パソコンの天板に写真を直印刷したり、筆者もやってみたくなります。

こちらがUVプリンター。UV(紫外線)硬化型インクを使用したダイレクトプリンターです。

こちらがUVプリンター。UV(紫外線)硬化型インクを使用したダイレクトプリンターです。

最近では、MAD Cityのアトリエ物件に入居されているイラストレーターの松岡マサタカさんの作品や、古民家スタジオ旧・原田米店で不定期開催されているハンドメイドマーケット「おこめのいえ手創り市」の看板など、多様なモノが誕生しています。

MAD Cityの運営会社である、株式会社まちづクリエイティブのCI(コーポレート・アイデンティティ)や、FANCLUBの看板もこちらで作成されました。

そもそもなぜ松戸で開業したのか

そもそもなぜ、松戸で工作室アルタイルをオープンさせたのでしょうか。桑沢デザイン研究所の専門学生だった頃は工作室を自由に使えたそうですが、卒業後に制作場所がないことに気づき、自分で工作室を作ろうと始められたそうです。

「学校には、工作室があっていつでも使えたが、卒業後は、そのような場所が周りにないことに気づいた。東京にはレンタル工作スペースがあるが、出身地の我孫子をはじめ常磐線沿線にはなかったので、自分でやろうと決めて、東京に最も近い松戸に開業した」

松戸にDIYスペース「工作室アルタイル」が開店-レーザーカッターなどの工作機械が充実

デジタルものづくりスペースは、都心中心で、常磐線沿線といった郊外には少ないです。わざわざ渋谷や秋葉原まで行かなくても、松戸に工作室アルタイルがあるおかげで、常磐線沿線のメイカー(パーソナル・ファブリゲーションを実践する人)が近場で気軽にデジタルDIYが可能になります。入会金は3,000円(学生1,500円)、ものづくりに興味のある方はぜひご利用されてみては。

料金表はこちら

店内は大きな机が中央に置かれ、広々とした作業スペースが確保できます。

店内は大きな机が中央に置かれ、広々とした作業スペースが確保できます。

次回は、アルタイル命名の由来や、会員さんはどんな人がいるのかに加え、気になるお金周りのことなどを書いていきます。ぜひ引き続きご覧ください!(アルタイル代表の佐々木さんへのインタビュー第2弾記事は2016年3月25日に公開予定)

工作室アルタイル

住所:〒271-0077 千葉県松戸市根本89-1
連絡先:TEL 050-7114-0439(代表:佐々木さん)
営業時間:11:00 – 20:00(最終受付19:00)
(営業スケジュールはこちらからご確認ください)
工作室アルタイル(ウェブサイト)
工作室アルタイル(Twitter)

(なお、サムネイル画像はこちらのサイトから引用させていただきました)

(2016/03/21)

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

浮ケ谷1

【浮ケ谷邸プロジェクト】『⾷べられる景観』でまちづくり

地元住⺠にプランターを無料配布、築50年の空き家を再⽣した地域⾷堂で提供へ 株式会社まちづクリエイティブ(本社:千葉県松⼾市、代表:寺井元⼀)と株式会社あゆみリアルティーサービス(本社:東京都中央区、代表:⽥中歩)は、千...more

松戸祭り20151004@松戸中央公園

子供たちの笑顔とダンスでまちを盛り上げる!松戸駅前に新しくダンススクール「Happy Smile Company☆」がオープン

松戸駅前にダンススタジオがオープン(松戸駅西口から徒歩5分) 松戸駅西口から徒歩5分の立地に、ダンススタジオがオープンしました。その名も「Happy Smile Company☆」。現在、生徒募集中です。3歳〜6歳の幼児...more

DMM.make AKIBAのウェブサイトより

想像したものは作れる!メイカーズムーブメントの現場「工作室アルタイル」

メイカーズムーブメント 近年、メイカーズムーブメントの波が日本にもやって来ています。よく引き合いに出されるのが3Dプリンター(立体物を表すデータをもとに樹脂などを加工して造形する装置のひとつ)ですが、3Dプリンターもメイ...more

松戸 店舗 古民家 DIY

駅近・路面・角地の店舗物件「ナナメにかまえる。」で1日限定の「OKAYU SHOP」がオープン

MAD Cityの店舗物件が1日限定オープン 現在、入居者募集中の店舗物件「ナナメにかまえる。」で今年1月の寒空の中、1日限定のフードイベント「TAIWAN OKAYU SHOP」が開催されました。台湾の屋台をテーマにし...more

空き家活用

空き家活用プロジェクト「どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか」

空き家活用プロジェクト 先日、「空き家をつかったみんなの居場所づくり展」というイベントが開催されました。舞台となった空き家は、オーナーさんの「そのまま空き家にしておくのは勿体ない」「地域のために活用してもらいたい」という...more

レーザーカッターやUVプリンターなどのデジタル工作機械を使ってこんなモノも作れます!あなたのアイデアを形にする「工作室アルタイル」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing