ホーム > 連載・コラム > のんびりゆったり暮らしましょ♪ 賃貸平屋住まいの楽しみ方

  • DIYリノベ

9366835315_9f259de2a6

のんびりゆったり暮らしましょ♪ 賃貸平屋住まいの楽しみ方

平屋。ひらや、と読みます。ご存じかと思いますが、一階建ての一戸建てという、あれです。もしかしたら「そういえば小さい頃は賃貸の平屋に一家4人で住んでいた…」なんていう方もいらっしゃるでしょうか。地面からにょきっと生えてきたようなたたずまい、小さなお庭、お部屋の狭さやお隣との距離、なんかも含めて平屋暮らしにはなんだか昔ながらの暮らしがつまっているような感じがします。

東京近郊に暮らしていて、最近平屋が少なくなったなあと感じるようになりました。平屋がいくつか密集して建っていたのが取り壊されて、そこに新しいアパートやマンションができるなんていうことも多くなりました。古いものはもう需要もなくなってきたのかな…ちょっと寂しいな…と思うこともしばしばでしたが、MAD City 不動産をやっていると賃貸の平屋ありますか?というお問い合わせ、けっこういただくんですね。

ちょうどいい小屋
平屋で懐かしさに包まれたなら

上記はMAD City不動産でご紹介したことのある賃貸平屋たち。すぐに借りてくださる方が見つかりました。

平屋が好き!平屋に住みたい!という方が他にもたくさんいらっしゃるのはとてもうれしいことでした。でも、平屋ってどこがそんなにいいんでしょう?MAD City 不動産でご紹介している築年数が30年以上経っているような古い賃貸の平屋の特徴を考えてみました。

間取りが手頃

賃貸の平屋で多いのは2K(二部屋とキッチン)、3K(三部屋とキッチン)など。ひとり暮らしで広々と住むにも、夫婦で住むにも、間取りによってはシェアメイトと住むにも向いています。

空間が仕切りやすい

しっかりと部屋が壁で仕切ってあって、しかもLDKやDKがあるのがいまの賃貸物件の主流。ですが、古い賃貸平屋に多いのは部屋と部屋が襖で仕切られているパターンです。こういうお部屋だと二部屋をつなげて広々と使ったり、広々とさせた上に家具で上手に間仕切りをつくってごはんコーナー、趣味コーナー、書斎コーナーをつくったりすることができます。

小さい庭がついている

これもすべてかならずというわけではありませんが、賃貸でも平屋には庭がついていることが多いです。洗濯物を干すのにも、ガーデニングにも、家庭菜園にも、犬を飼うにも、多少荷物が多い人は物置をおいたりするのにも、なにかと庭は便利ですね。庭のおかげで隣家とのスペースも確保できるので、ちょっと大きな音で音楽を聴くときなんかも安心です。

とにかくレトロ

賃貸の平屋は築40年なんてものもざら。窓や玄関のサッシはアルミに替わっているものも多いですが、トイレの小さな窓なんかは木のサッシのままだったりします。壁もモルタルだったり、砂壁だったり、障子がついていたり、とにかく懐かしい建具がたくさん。平屋には長屋式のものもあるのですが、長屋までいくと落語の熊さんが出てきそうで、それもまたレトロですね。その代わり台所やお風呂の水回りもレトロなままだったりするのでその辺は要注意です。

小さい子どもがいても安心

平屋ですので二階がない。というわけで階段がありません。ちょっと親が目を離したすきに…なんてことがなくて安心です。あと、子どもがパタパタ走り回っても集合住宅のように近隣への騒音を気にすることもほとんどありません。子どもをお庭で遊ばせることができるのもうれしいですね。

でも冬は寒い

最後はデメリット?です。賃貸平屋、ほとんどが木造ですので冬は寒い。最近の一戸建てと違い、やっぱりすきま風が入りやすいです。でもそんな寒さ対策すらも楽しんで住んでいる人がいらっしゃるのもまた事実。たとえばこんな工夫の方法もあります。

最後に、私が探していて素敵だなあとおもったのは、平屋をお店にしている人たち。賃貸で、かつ改造可能ならお店を始めるにも手ごろ。外部の事例もリンクを張ってみますので、みなさんも素敵だなあとわくわくして見てみてください。
カフェかたつむりさん 
4th cafeさん 
Cafe RAGBAGさん 

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

DIY型賃貸借のBefore&After

国が”賃貸でDIY”を後押し!国土交通省がDIY型賃貸借の普及に向けて「契約書式例」と「ガイドブック」を作成

せっかくのDIYも引っ越しのタイミングでゼロに 賃貸物件といえば所詮、他人の所有物。入居中に、壁を綺麗に塗ったり飾り棚を付けたり様々なDIYを行っても、退去の際には元通り現状回復しないといけない、というのが現状では当たり...more

16070010084_b496f16f0d_k

原状回復ってなあに?DIYするときの注意点をまとめました

不動産屋さんで「原状回復」、というときは、借りた物件を退去するとき借りたときの状態にして大家さんに返す、ということを指します。でも賃貸物件って一度借りると数年は住みますから、当然借りたときと同じ状況でお返しするのが難しく...more

DIY 賃貸

プロの大工に教わる「DIYリノベワークショップ」レポート〜床下地編〜 後編

DIYリノベとは MAD Cityでは、新たなリノベーションサービスとして、「DIYリノベ」を提供しています。 後半戦:床下地板の設置 前半戦は、解体時に収納部分の床板を剥がしてむき出しになったコンクリート床に根太掛けと...more

8290104996_a5d22ceb41

賃貸マンションで暮らしをシェアしよう!シェアハウス一日体験「ワンデーいろどりマンション」レポート

築40年のレトロな大規模分譲マンションの6部屋を、改造・DIY自由なシェアハウスとして運営していくいろどりマンション!しかも各部屋ごとに「ダイニング」や「DIY」といったテーマを決めて入居者の方を募集するというおまけ付き...more

休学中に不動産会社(omusubi不動産)の仕事に携わったり、松戸の街や人たちとのつながりを深めてきた吉田さん。そういった経験も今回の作品には表れているそう。

小屋とアトリエと住居の事例のその後…吉田あさぎ個展「子供は早く寝なさい」

「小屋とアトリエと住居の事例」のその後 住むにしろ、創作活動するにしろ、アーティストが賃貸物件に求めるポイントって何でしょうか?2015年7月に公開したこちらの記事では、線路沿い、真下はビニール加工工場、変わった間取りと...more

main

意外とクリエイティブなダンボール家具を作ってみよう

収納でもあり、インテリアの要でもある家具。見た目重視でも機能が伴わないと困るし…というわけで吟味に吟味を重ねているうちに積み上がっていく本の山…みたいな経験、どなたにもあるのではないでしょうか。 本格的な木工家具をDIY...more

のんびりゆったり暮らしましょ♪ 賃貸平屋住まいの楽しみ方

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing