> > コワーキングスタッフバー「ストリートアートと現代美術のおはなし」-reprise-(ゲスト:寺井元一/株式会社まちづクリエイティブ ホスト:冨澤志帆 )

  • FANCLUB
  • MAD City 住民

21718878278_1195d51a42_k

コワーキングスタッフバー「ストリートアートと現代美術のおはなし」-reprise-(ゲスト:寺井元一/株式会社まちづクリエイティブ ホスト:冨澤志帆 )

場所:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7階(JR/新京成線松戸駅徒歩2分)

イベント内容

コワーキングスタッフバー「ストリートアートと現代美術のおはなし」-reprise-(ゲスト:寺井元一/株式会社まちづクリエイティブ ホスト:冨澤志帆 )
開催日:2015年11月20日(木)20:00~22:30(L.O.)
出演:ゲスト:寺井元一、ホスト:冨澤志帆
参加費:1ドリンクオーダー制
会場:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7階(JR/新京成線松戸駅徒歩2分)
主催:まちづクリエイティブ/MAD City
お問い合わせ:コンタクト(MAD City)

FANCLUBのコワーキングバーは平日の19~23時に営業し、月会費3,000円で毎日のビール1杯が無料になるバーです(火曜日を除く)。意見交換の場でもあり仕事場としても使え、飲みながら働くぐらいの、緩いコワーキングスペースの提案でもあります。定期的に、勉強会やイベントなども行っています。

「スタッフバー」と称した今回は、10月29日に行われた
『コワーキングスタッフバー「ストリートアートと現代美術のおはなし」(ゲスト:寺井元一/株式会社まちづクリエイティブ 聞き手:冨澤志帆 )』の実施後にゲストとホストで振り返りを持つなかで企画されました。

ホストから

前回開催致しました、「ストリートアートと現代美術のおはなし」では、両ジャンルが干渉し合い、また反発する様を俯瞰致しました。

イベントから数日後、個人的な復習として、トークで学習した内容をモチーフに、ドローイング作品を複数、制作致しました(下記画像参照)。
これらを時系列に並べ直すと、現代美術とストリートアートの歴史を表す、一遍の紙芝居になりました。

今回は、前回と同様の議題を、紙芝居を交えて再構築したトークイベントとして開催したいと思います。

議題は前回よりもコンパクトにまとめ、緩やかなタイムテーブルを設定し、Q&Aの時間を多めに取りたいと思います。
前回ご参加いただいた方には、その時お受けできなかった質問を。ご予定が合わなかった方にも、議題は同様ですので、お気軽にご来場いただければ幸いです。

画像

※ご来場いただいた方へ、紙芝居を再編集した小冊子をプレゼント!(限定30冊、先着順)

当日は初めていらっしゃるお客様もキャッシュオン(1杯ごとのドリンク注文)で参加可能。ゲストとの緩い交流など、お楽しみください。もちろんコワーキングバーということで、帰宅前に一杯飲みながら黙々と/ワイワイしながら仕事もしていただけます。

プロフィール

a

冨澤志帆

1986年生まれ/静岡県出身/東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒

相関的な個性を持つ現代人を、棒人間としてイラストレートし、悲喜劇を織り交ぜたユーモラスなドローイング作品を制作、発表している。
https://twitter.com/epotommy

teraimotokazu_photo

寺井元一 Motokzu Terai

株式会社まちづクリエイティブ代表取締役/アソシエーションデザインディレクター
1977年生まれ。2002年、NPO法人KOMPOSITIONを設立。横浜・桜木町の壁画プロジェクト「桜木町 ON THE WALL」や、ナイキ社を協賛パートナーとする代々木公園でのストリートバスケ大会「ALLDAY」など、表現者に活動の場や機会を提供する活動を行う。ストリートアートからエクストリームスポーツまで、公共空間と民間活力を結びつける独自の企画を実現してきた。
2010年、クリエイティブパワーによる地方都市の活性・再生を実践すべく株式会社まちづクリエイティブ(http://machizu-creative.com/)を設立。自社のモデルケースとして千葉県・松戸駅前の極小エリアを「クリエイティブな自治区」にする、MAD Cityプロジェクト(https://madcity.jp/)を開始。以降、同エリアにて原状回復不要や入居者コミュニティ支援などの特徴をもつ不動産サービスを軸に、150人以上のクリエイティブ層の誘致を実現。 その他、DIYでのリノベーションなど地場産業の創出にも取り組みながら、一方で松戸市の地域アートプロジェクト運営、町内会を主体とする住民自治組織「松戸まちづくり会議」の立ち上げに関わるなど、独自のエリアマネジメント事業を推し進めている。

現在ではMAD Cityのモデルをもとに、他地域でのエリアマネジメント支援なども展開。リノベーション、地域アートプロジェクト、クリエイティブシティ、空き家活用、住民コミュニティ支援、エリアブランディングなどを含んだ独自の知見を提供している。

関連記事

main

《QWERTY VISION #06》生 塩 功 「 春 を 待 つ 」

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #05》高木美佑

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #03》岡本明才/見元大祐

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 生活のため、外出しなければいけない人たち…more

93132839_281981146135103_1783680066689957888_n

《QWERTY VISION #02》

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 生活のため、外出しなければいけない人たち…more

コワーキングスタッフバー「ストリートアートと現代美術のおはなし」-reprise-(ゲスト:寺井元一/株式会社まちづクリエイティブ ホスト:冨澤志帆 )

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing