ホーム > 連載・コラム > DIYで棚をつくる!初心者が押さえておくポイントは?(前編)

  • DIYリノベ

syokidanaBs

DIYで棚をつくる!初心者が押さえておくポイントは?(前編)

収納。この漢字二文字にどれだけ人類は悩まされてきたことでしょう。今ご自分の部屋を見渡しながら「収納」と唱えると「うっ…」となりませんか。もっと機能的に収納したい。実はわたしもそうです。

そんな前置きはどうでもいいのですが、収納に欠かせないのが棚。ご自宅にぴったりサイズの収納棚を見つけるのに大変な思いをされた方、案外多いと思います。押し入れにしろクローゼットにしろその他のデッドスペースにしろ、市販品の棚を使って収納しようとすると奥行き・幅・高さのどれかひとつがしっくりこなくてうまくいかない…そんなことはないでしょうか。

そんなときはDIYの出番です。収納棚、自分で作ってしまいましょう。今回はノコギリを握ったことのない!初心者でも大丈夫なDIYアイデアからご紹介します。

すのこを活用する

すのこと木工用ボンドだけのDIYでも棚が作れます。たとえばこちらのサイトの作り方が参考になります。このサイトではすのこを縦にカットしていますが、カットしなくてもそのまま組み立てれば大丈夫です。この木工用ボンドだけ!という潔さがDIYらしくていいですね。

さてしかし、市販品のすのこを使うと棚の奥行き・幅・高さすべてがすのこのサイズに限定されてしまいます。ご紹介したすのこ棚をベースにして、さらにDIYで奥行き・幅・高さをご自宅サイズにアレンジしましょう。

奥行きと高さの調節:使いやすいノコギリを買う

すのこの板と板をつないでいる角材(下駄と呼びます)を切断することで、棚の奥行きを変えることができます。すのこの板自体を切断すれば、棚の高さも自在に変えられますね。ということでノコギリの登場と相成るわけですが、どんなノコギリがいいのでしょうか。たとえばamazonで「ノコギリ」と検索すると、たくさんの商品があります。いきなりこれでは選べませんね…そこで、初めてノコギリを買う方向けにアドバイスをいくつか。

■片刃で替え刃式
今はDIY初心者でも、はまってくるとそのうちきっといろいろなものをDIYすることになってくるでしょう。刃が傷んできたときのために、替え刃が購入できるものにしておけば安心です。ノコギリというと両刃式のもののイメージが強いかもしれませんが、DIY用にはとりあえずは片刃のもので十分でしょう(ちなみにノコギリの機能などについての詳しい説明はこちらなどにあります)。

■持ち手に角度が付いているもの
いわゆる伝統的なノコギリは刃から持ち手がまっすぐ付いていますが、ノコギリは斜めに引きながら使います。なので、刃から見て持ち手に角度が付いているもののほうが実は切るとき腕が楽なんです。とくに切断にまだなれていないDIY初心者の方におすすめです。

■高いものを買う必要はありません
せっかくだからある程度高価なものを買わなくてはいけないのでは…?と思われるかもしれませんが、DIYで使うものだったら1,000円台のノコギリで大丈夫です。

さて、これで棚の奥行きと高さを調節する準備ができました。後編ではすのこ以外の材料もプラスして、棚の幅も変えてみましょう。後編はこちらからどうぞ。

DIYで棚をつくる!初心者が押さえておくポイントは?(後編)

前編ではDIYに便利なノコギリをゲットするところまで来ました。後編では実際に切ってみましょう!切断の際には細かい木くずが出ますので、屋外で作業されることをおすすめします。


ノコギリを握ったことのないDIY初心者もけっこういたはずのMAD City 不動産入居者のみなさま。どんどんおうちのDIYに挑戦しています。そんなDIY実例の様子は上記からご覧いただけます。

本記事に関するお知らせ

本記事に関して、当初の記事作成者の承諾なく加筆修正がなされたとのご指摘を、記事作成者ご本人よりいただきました。弊社といたしましては、事実関係を専門家とともに精査した結果、かかるご指摘を真摯に受けとめ、元記事を回復するとともに、他記事含めて記事作成者の表記等の権利管理について再徹底させていただくことになりました。
今後改めて健全なウェブサイト運営を図る所存をお約束するとともに、記事作成者ご本人、関係者および読者の皆さまにご迷惑をおかけしたこと、お詫び申し上げます。
(2016年5月19日 まちづクリエイティブ/madcity.jp運営)

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

壁塗りや床張りなどのDIY改装には、いろいろな道具が必要になってきます。MAD Cityでは、そうしたDIYツールのレンタルサービスを行っています。

MAD Cityが提供する18のサポート(その4)DIYツールをレンタルして愛着のあるお部屋づくりをしましょう

不動産事業はまだまだ進化の余地がある―DIYツール編― 人口・世帯数の減少や空き家の増加、インターネットの発達やテクノロジーの進化などにより、不動産事業のあり方も大きく変化しつつあります。たとえば入居者による改装やDIY...more

松岡さんが外壁にイラストを描いています。

道行く人が古民家アパートに視線を送る理由とは?外壁がイラストレーター・松岡マサタカのキャンバスに。

大家さん協力のもと始まった想定外のプロジェクト MAD City不動産では、賃貸なのに改装可能・現状回復不要という変わったお部屋を取り扱っています。そんなMAD City不動産の「古民家アパート」は古民家なのに賃貸アパー...more

33503563213_cde5f5b131_k

インターンを終えて 武田秀星 前編 「DIY改装を実際に体験して得たものとは?」

「住み手が自らの家づくりにもっと積極的に関われるようになれないか」 「建築のハードそのものよりも、建築の使われ方がそれ以上に重要なのではないか」 そんな思いを胸にMAD Cityの運営元・株式会社まちづクリエイティブのイ...more

34155515962_38e9900d9a_k

インターンを終えて 武田秀星 後編 「今有る考え方に捕らわれすぎず、何かを発見するために実験を繰り返す」

今年4月中旬までの約5ヶ月間、MAD Cityの運営元・株式会社まちづクリエイティブのインターンとして働いてくれていた東京大学大学院工学系研究科建築学専攻修士2年の武田秀星さんへのインタビュー記事後編です。前編は以下をど...more

30565040744_f5cf388d48_k-768x512

プロジェクト紹介「アップサイクルアートプロジェクト『TUMUGI 紡ぎ』」

アーティスト×循環型物流企業×まちづくり会社 MAD Cityプロジェクトでは、建物をはじめとする使われなくなった資源の発掘や利活用、リノベーション、地域住民などコミュニティとの協働、社会性のある事業取り組みといった活動...more

eyes0880

お部屋を家具ペイントで模様替えしよう

家庭の家具保有数が多いといわれる日本。家具保有数が多いんじゃなくて単純に欧米と比較するとおうちが狭いんじゃないかしら…と思うこともしばしばですがまあそれは置いておきましょう。 実際お部屋の壁際をすべて占拠するように置かれ...more

DIYで棚をつくる!初心者が押さえておくポイントは?(前編)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing