ホーム > 連載・コラム > MAD Cityの河川敷は今日もバーベキュー日和

  • MAD City 地域情報

7620447200_0a1f11e2c9

MAD Cityの河川敷は今日もバーベキュー日和

バーベキューって夏のものだと思っていませんか?たしかにあっつい夏に海岸でビールを飲みながらバーベキュー…いいですよね。でもでも、ちょっと考えてみてください。バーベキューって肉と野菜を焼くだけじゃなく、もっと色んなことができそうです。たとえばお餅、豚汁、甘酒、サンマ、芋煮…どれもバーベキューと一緒に炭火で調理したらおいしそうですよね。今簡単に思い付きで挙げただけでもこれだけあるので、もっと本気になって考えたらいろいろなバーベキューアイデアが出てきそうです。こうなったら日常的にバーベキューできれば楽しいのに!とは思うものの、臭いや煙のことを考えるとなかなかバーベキューをやる場所もないのも事実です。

皆さんはバーベキュー、普段どこでやりますか?ご自宅でできる、という方はかなり恵まれた環境ですね。やっぱり大多数は海岸や河川敷などでしょうか。もしくは道具がないから一式貸してくれる公園じゃないと…という方もいらっしゃるでしょうか。都内近郊の海岸、河川敷、公園、どれをとっても夏場は予約でいっぱいだったり、夏場以外は閉鎖していたり、そうじゃなくてもすっごく風が強くて寒かったり、駐車場がなくて不便だったり、しますよね。そう、案外都内近郊でいい感じのバーベキュースポットって少ないものなのです。

ところが!MAD Cityで暮らしていると、おうちから歩いて5分、みたいな環境でバーベキューができるんです。勘の鋭いMAD Cityマニアはもうおわかりになったでしょうか。そう、MAD Cityが誇る一大スポット、江戸川河川敷です。

たとえばこんなおいしそうなパエリアも、

芋煮も、

お餅やらバゲットやら、

もちろんバーベキュー本体も、

江戸川の河川敷でやりました。おいしかったですよ!

さすがに真冬だと寒すぎる…ということもありますが、基本的には日当たりがよくぽかぽかしている江戸川河川敷。こんな感じでみんなでのんびりもできます。

さて、この江戸川河川敷、どうやって使えるようになったのか知りたいですよね。河川敷はただの河川敷なので、予約システムなどはありません。でもそのかわり河川敷はまちのみんなの共有財産。管轄の河川事務所への届出はもちろんのこと、地元のみなさんのご理解を得て使う必要があるんです。

なんだめんどくさいな…とお思いでしょうか。たしかにちょっと複雑で時間がかかるステップにみえるかもしれません。でもこれはとっても大事なこと。それになんと、地元の皆さんのご理解が得られると、こんな素敵なこともできるんです。

これは江戸川河川敷で開催されたアウトドアウェディングのひとこま。これはMAD City以外ではなかなかできない河川敷の楽しみ方です。もちろんバーベキュー付き。

こんな風に江戸川河川敷を楽しく使おう!もちろんもっとバーベキューだっていっぱいしたい!と考えているのがMAD Cityにある松戸まちづくり会議。江戸川河川敷でバーベキューパーティがしたくなったときは、ぜひともMAD Cityに声をかけてくださいね。

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

空き家活用

空き家活用プロジェクト「どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか」

空き家活用プロジェクト 先日、「空き家をつかったみんなの居場所づくり展」というイベントが開催されました。舞台となった空き家は、オーナーさんの「そのまま空き家にしておくのは勿体ない」「地域のために活用してもらいたい」という...more

旧水戸街道沿いにある4階建てのペンシルビル「マルタ屋」。現在は空き家状態の様子です。

ペンシルビルは日本オリジナルな建築様式だ!築古物件探索記(5)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

ヴァスコ・ムラオが描いた「松戸感覚」

松戸のまちが一枚の線画に!松戸市民が一番好きな場所を探してみましょう「ヴァスコ・ムラオ作品展示&滞在報告会レポート」(後編)

前編はこちらをご覧ください。 ヴァスコ・ムラオの線画を読み解く 黒いペン、紙、時間だけを使って、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオさんが、松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARA...more

title

夜の散歩をしないかね。(夜のMAD Cityを歩いてみた)

夜の松戸をただただ歩いてみる。   午前0時すぎ、終電まであと少し。 酔っ払いながらホームへと急ぐ人たち。 そして最終列車が行った。 夜は始まったばかり。 居残る人たち。(暗く映ってますが右奥に人がいます) 学...more

DMM.make AKIBAのウェブサイトより

想像したものは作れる!メイカーズムーブメントの現場「工作室アルタイル」

メイカーズムーブメント 近年、メイカーズムーブメントの波が日本にもやって来ています。よく引き合いに出されるのが3Dプリンター(立体物を表すデータをもとに樹脂などを加工して造形する装置のひとつ)ですが、3Dプリンターもメイ...more

25593631651_c1264f747e_k

知る人ぞ知る松戸のアーティスト!バンドウジロウさんのトーク&ワークショップレポート

2016年3月10日、松戸森のホール21で現在作品を展示中(~2016年3月21日)のバンドウジロウさんをゲストに招いた「コワーキング地元バー (ゲスト:バンドウジロウ)」の様子をレポートします! 開催のきっかけは、森の...more

MAD Cityの河川敷は今日もバーベキュー日和

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing