ホーム > 連載・コラム > これぞ大人の秘密基地!ガレージDIY ライフを賃貸で始めませんか?

  • DIYリノベ

16710248465_7474d2b6c4_k

これぞ大人の秘密基地!ガレージDIY ライフを賃貸で始めませんか?

以前、「愛車のために賃貸のガレージを探しているんです!駅から遠くても、少々高くてもかまいません!」というお客様がMAD City不動産にいらっしゃったことがありました。おうちとはべつにわざわざ賃貸でガレージを探す方がいらっしゃるんだ!とそのときはびっくりした記憶があります。ふだんの出費としては決して安くない賃貸ガレージ。屋根とシャッター付きのしっかりしたものだと、それこそ安い単身用アパートくらいのお家賃のものだってあります。それでもわざわざ探していらっしゃる方がいるということは、賃貸ガレージってとんでもなく楽しいものなのかも…!と気にしてみると、たしかにその通り、賃貸ガレージはすごくわくわくする素敵物件なんです。

みなさんは「ガレージ」というと、どんなことを思い浮かべられるでしょうか。ご自宅の駐車場がガレージタイプで、車の停めてあるところの後ろにはスチール棚があって、そこをあさると自分や家族の昔使っていた諸々のものが…補助輪つきの自転車が…なんて方もいらっしゃるでしょうか。わたしは「ガレージ」というと、ガレージセールを思い出します。ずっと昔のことですが、ゴールデンウィークにに鎌倉の住宅地を通りかかったときガレージセールがそこかしこのお宅で開催されていたことがありました。売られているものの内容も、おうちの不要物からきっとこのおうちの方がコレクションされていた趣味のものの一部なんだな…と思うもの、これはもうプロの雑貨屋さんなんじゃないか?!という充実の品揃えのものまで様々で、ガレージセールを通してそこに暮らしている住人の日常が垣間見える気がしておもしろいなあと思ったものでした。

ガレージセールがそのお宅とお客さんの橋渡しをしていたように、ガレージの魅力はおうちの中でもなく、露天の駐車場でもないというところにあるんじゃないかなとおもいます。わるく言えば中途半端、でも逆に言うとどんな使い方でもできるスペース。だって屋根もシャッターもあるんですから、がんばればもしかしたら住むことだってできるかもしれませんよね(ただ、賃貸物件の場合は契約の内容によって寝泊まり禁止になっているものも多いです。その辺はご注意くださいね)。そんな、なんでもできる賃貸ガレージ、こんな使い方をしている方々がいらっしゃいました。

画像はこちらよりお借りしました

画像はこちらよりお借りしました

こういうのすごいですね。
どちらの例も愛車を保管しつつ、でもガレージのおおかたのスペースはソファなどの家具を入れたり、雑貨を飾ったりしてリラックスできるスペースになっています。まさに大人の秘密基地。愛車と一緒にくつろげるって、クルマ・バイクずきの方にはたまらないんだろうなーと思います。

画像はこちらよりお借りしました

上二つの画像は賃貸ガレージではなく、住宅関係の展示会で展示発表されていたガレージだそう。でも賃貸でも独立型かつ改装OKのガレージを借りればこんな小屋風のガレージだって手に入るかもしれません。

before


after


改装可能ガレージの実例です。これは実際にMAD City不動産でアトリエ用としてガレージを借りたアーティストのスペース。借り主のアーティストは改装を重ねながら大型作品の制作活動もしています。ちなみにこのアーティスト、池田剛介さんの記事はこちらからお読みいただけます。http://madcity.jp/2012/01/haradatalk01/
ガレージはもともとが車を置いておいたり、メンテナンスをしたりするための物件です。音を出したりするのだってかなり許容されるはず。海外だと、若い頃に友だちと自宅ガレージで音を出したのが始まりだった…というバンドの話などもよく聞きます。かのスティーブ・ジョブズがアップルを起業したときもガレージではじめています。工房、アトリエ、スタジオ、オフィス…考えてみるとガレージの用途は色々ですが、どれも秘密基地みたいでわくわくするのはかわりませんね。

ご紹介したガレージライフ、いかがでしたか?おうちでもない、庭でもない、駐車場でもないけどなんにでもなれる秘密基地。賃貸ガレージの物件を探してみたくなったよ!という方は、ぜひMAD City 不動産も覗いていってくださいね。(毎回最後が宣伝ですみません!)

estate_bar_harada

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

syokidanaBs

DIYで棚をつくる!初心者が押さえておくポイントは?(前編)

収納。この漢字二文字にどれだけ人類は悩まされてきたことでしょう。今ご自分の部屋を見渡しながら「収納」と唱えると「うっ…」となりませんか。もっと機能的に収納したい。実はわたしもそうです。 そんな前置きはどうでもいいのですが...more

MAD Cityの運営施設「いろどりマンション」では、ほぼ解体された3DKのお部屋をまるごと1室、共有ルームとして開放しています。

未来の不動産屋はどうなるか?(1)共有ルームの未来

MAD Cityの住民サポートサービス MAD Cityでは独自のビジョンを掲げ、入居者の自発性を高めることでアイデアやアクションを引き出す「人」による独自のまちづくりを行っています。 そこでMAD Cityでは住民の皆...more

MAD Cityのオリジナル物件では、退去時の原状回復が不要なので、お部屋の改装が可能です。DIYリノベに関する職人さんを講師に招いてワークショップなどのイベントも随時行っています。

未来の不動産屋はどうなるか?(2)原状回復の未来

不動産事業はまだまだ進化の余地がある 人口・世帯数の減少や空き家の増加、インターネットの発達やテクノロジーの進化などにより、不動産事業のあり方も大きく変化しつつあります。たとえば入居者による改装やDIYリノベーションが可...more

松戸 店舗 古民家 DIY

駅近・路面・角地の店舗物件「ナナメにかまえる。」で1日限定の「OKAYU SHOP」がオープン

MAD Cityの店舗物件が1日限定オープン 現在、入居者募集中の店舗物件「ナナメにかまえる。」で今年1月の寒空の中、1日限定のフードイベント「TAIWAN OKAYU SHOP」が開催されました。台湾の屋台をテーマにし...more

松戸祭り20151004@松戸中央公園

子供たちの笑顔とダンスでまちを盛り上げる!松戸駅前に新しくダンススクール「Happy Smile Company☆」がオープン

松戸駅前にダンススタジオがオープン(松戸駅西口から徒歩5分) 松戸駅西口から徒歩5分の立地に、ダンススタジオがオープンしました。その名も「Happy Smile Company☆」。現在、生徒募集中です。3歳〜6歳の幼児...more

これぞ大人の秘密基地!ガレージDIY ライフを賃貸で始めませんか?

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing