ホーム > 連載・コラム > 社会問題との繋がりを河川敷のバーベキューをキッカケに考える|公共空間を大いに使う!(ホットスポット編)

  • MAD City 地域情報
  • クラウドファンド
  • ローカルと起業
  • 公共空間

MAD CityBBQ風景

社会問題との繋がりを河川敷のバーベキューをキッカケに考える|公共空間を大いに使う!(ホットスポット編)

MAD Cityでは2015年8月31日まで、 みんなで江戸川河川敷BBQをしましょう!MAD City FUNDING のクラウドファンディングを実施中です。今回は、このファンディングを通じて意見をいただいたこともあり、江戸川河川敷の放射能汚染を考えます。公共空間、つまり「みんなの場所」においては、小さな一地点をめぐる議論が、実は大きなテーマとつながっているということがあります。

クラウドファンディングの趣旨は放射能汚染とイコールではありません。しかし、バーべキューを通じて河川敷に多くの人の関心が集まり、使われていくキッカケにしたいという本来の趣旨から、そういった問題は将来的に避けて通れないものだと思われます。そこで今回は、広く公共空間における大きな社会問題に、一人ひとりがどう向き合うかを考える問題提起にもなるのではないかと考え、この記事を書くことにしました。

5475634507_b786015356_o-2

堤上から見た河川敷の様子。駅から徒歩圏内とは思えない空の広さと裏腹に、大きな問題が潜んでいることも考えなければなりません。

河川敷の実態を把握する

まず2011年の大震災、そしてその地震と関連して引き起こされた福島第一原発事故による放射能汚染が、江戸川の河川敷にどのような爪痕を残しているか、簡単に確認しておきたく思います。行政関係の情報は、今や紙媒体だけでなくウェブサイトでも公開が奨められていますので、ネット経由でも概ね把握できます。具体的には 江戸川河川事務所管内における放射性物質測定結果について | 江戸川河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局 が公開されています。

放射性物質汚染対処特措法に基づく基本方針では、長期的な放射線量目標を追加被ばく線量が年間1mSv(ミリシーベルト)以下としています。この1mSvとは、国がICRP(国際放射線防護委員会)の勧告を基に、追加被ばく線量を勧告の下限レベルである「年間1mSv以下」になることを長期的な目標とした数値です。また、年間の追加被ばく放射線量1mSvは、1時間当たりに換算すると0.23μSv(マイクロシーベルト)になります。
江戸川河川事務所管内における放射性物質測定結果について | 江戸川河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

こちらに記載されている0.23μSvという数値が、よく知られているように行政が除染を行う基準となっています。

現在、江戸川や中川等における放射性物質の測定については、環境省及び沿川自治体で実施しているところです。今回、江戸川河川事務所管内で測定された結果(平成25年4月30日現在)を整理し、事務所ホームページで公表いたします。(測定結果については、環境省HP、沿川自治体HPでもご覧いただけます。)
また、河川における放射性物質の測定は、環境省が情報集約機関として今後も引き続き実施していくこととしています。※1 江戸川河川事務所では引き続き環境省や沿川自治体による測定結果、また除染等の情報共有に努めてまいります。
江戸川河川事務所管内における放射性物質測定結果について | 江戸川河川事務所 | 国土交通省 関東地方整備局

上記の測定結果のなかで、今回のバーベキュー会場に最も近い江戸川河川敷の調査地点は「江戸川左岸河川敷緑地(古ヶ崎地先)」。こちらの詳細は松戸市のウェブサイトに掲載されています。

江戸川左岸河川敷緑地(古ヶ崎)放射線量測定値推移表|松戸市公式ホームページ

こちらを見ると、1年強ごとに線量調査が行われ、震災の年にはかなりの高線量であったが、行政による除染を経て徐々に線量が下がっていることがわかります。しかし、このデータで河川敷が安全であると理解してはいけません。

なぜなら、これらの測定が行われているのは、河川敷のなかの、ごく一部の範囲でしかないからです。

公共空間の管理者はたくさんいる

公園緑地一覧(あ行) 松戸市公式ホームページ

これらのデータが掲載されているページを見ると、すべて松戸市の公園であることに気がつきます。市立公園は市が管理者となり、線量調査に基づいた除染の責務を負っています。しかし市の管理する土地でなければ、逆に松戸市は除染することができません。

江戸川線量調査SS

今回のバーベキュー会場付近は松戸市の土地ではなく、国の土地です。測定結果の地点は上記に示されていますが、調査は市の管理する土地については当該自治体が調査します。しかし国の土地については環境省が調査を行っています。地図上ではたくさんの調査地点があるように思われますが、江戸川、そして源流となる利根川の流域は広大で、除染の予算が簡単に確保できるとは思えません。また公園になっていない土地は普段から人が利用しない場所になっており、優先順位も低くならざるを得ません。これはあくまで執筆者の推測であることを前提に書きますが、今回の会場は、おそらく調査地点でもなく、よって震災以来ずっと除染が行われていません。

公共空間の社会問題をどう考えるか

MAD Cityでは、震災直後の2011年5月、独自に放射線量を測っています。 【MAD WALK 】 シーベルト探検編 | MAD City:松戸よりDIYと暮らし、物件情報を発信 に掲載しているとおり、江戸川河川敷(今回のバーベキュー会場の地点です)は地表:0.48μSv/h/空中:0.38μSv/hという線量でした。実際には、地表のうち屋根の下の茂みなどは、これよりさらに高い線量であったという記憶があります。

松戸宿の人々が生活の一部として大切にしてきた江戸川河川敷。その一角をこれからも改めて活用するため、使えるようにするために、今回のクラウドファンディングにおいては改めてガイガーカウンターによる独自の線量調査を行いたいと思います。それは、高い線量にただ怒るためではなく、現実を見据えて、その上でどのように使うか、何に注意するかを考えるためです。

松戸が震災後、ホットスポットとして知られる場所になってから4年以上が経過し、少し風化している感もあります。しかし今でも水の溜まる日陰の茂みなどはおそらく一定の線量を示しているはずです。いわば、松戸市全体が「ホットスポット」というネーミングで呼ばれていた時期を過ぎ、実際に松戸のなかに小さなホットスポットが点在しているのだと思います。そういったスポットを把握し、立ち入らないように気をつけたりマスクをするなどの工夫は、一人ひとりが学び、環境に対処していく必要があるでしょう。

公共空間はごく平板に「みんなのもの」だと見なされていますが、それゆえに問題が起きたとき、活用されていない空間は長い間放置されてしまうのです。そのことを広く行政の責任だと語る人もいるでしょう。しかし、その一方で、行政に何もかも押し付けても成り立たない社会情勢であることが明らかないま、他ならぬ私たちがその場所を大切にしてこなかった、つまり使ってこなかったことに責任の一端があることに向き合う必要もあるのではないでしょうか。今回のバーベキューが、そういった現実に向き合うキッカケになればと思います。

今回のクラウドファンディングについて

この記事に掲載した考えに則って、MAD Cityでは今回のクラウドファンディングが達成された際には、バーベキュー実施時にガイガーカウンターを用意して線量測定を行い、支援者・参加者にそのデータを事前公表します。また測定結果に基づきつつ、継続的に河川敷の活用を目指して、次なるクラウドファンディングの企画においては専門家の知見を伺うことや、自分たちができる範囲で独自に除染/ホットスポット対策を盛り込んでいきたく思っています。そのキッカケとなる今回のファンディング、改めてぜひご支援いただければ幸いです。

BBQクラウドファンドSS

クラウドファンディングのページには↑の画像をクリックください

関連記事

Print

みんなで江戸川河川敷BBQをできるのか雑記

このコラムでは、MAD Cityが開設したクラウドファンディングの初プロジェクト「みんなで江戸川河川敷BBQをしましょう!」 を、インターン・湯浅が、松戸で暮らす若者の目線で、語っていきます。なぜこのプロジェクトが始動し...more

松戸ビルは1974年に完成した地上20階、地下2階建ての高層ビルです。最上階の特徴的な円形部分は、かつて回転式レストランとして営業していました。

松戸のシビックプライドの種をブレストでアイデア出ししてみた(前編)

前回記事はこちら 松戸のシビックプライドの種を見つける 松戸って東京からアクセスが良く、子育てもしやすいまちなのに、まちのイメージが良くないんですよね。治安が悪そうというか。だったらこの悪いイメージを払拭して、「住みたい...more

MAD City まちあるき

松戸のシビックプライドの種をブレストでアイデア出ししてみた(後編)

前編記事はこちら アート まちに溶け込んだアートは、そのまちで生活する人たち、働く人たち、遊ぶ人たちにとって、まちに興味を持ったり体感するきっかけとなります。松戸駅徒歩2分の場所にあるアーティスト・イン・レジデンスPAR...more

IMG_7791 (3)

松戸で働く人:駅前の老舗不動産「株式会社有田商店」 後編

松戸で事業をされている方、松戸で働いてる方にインタビューをすることで、松戸の魅力や課題を共有できたら、まちづくりのきっかけになるのではないでしょうか。 そんな趣旨で、老舗の不動産として90年以上松戸で事業をされている株式...more

IMG_7791 (3)

松戸で働く人:駅前の老舗不動産「株式会社有田商店」 前編

松戸で事業をされている方、松戸で働いてる方にインタビューをすることで、松戸の魅力や課題を共有できたら、まちづくりのきっかけになるのではないでしょうか。 今回そんな趣旨で、老舗の不動産として90年以上松戸で事業をされている...more

26001301944_eed495be2a_c

madcity.jpの中の人インタビュー ―まちと「プロボノ」の関わり方をちょっと覗いてみた―(前編)

madcity.jpの中の人たちってどんな人? みなさんは「プロボノ」という言葉をご存知ですか? 少し調べてみたところ「社会人が自らの専門知識や技能を生かして参加する社会貢献活動(詳細はこちら)」だそうです。ボランティア...more

社会問題との繋がりを河川敷のバーベキューをキッカケに考える|公共空間を大いに使う!(ホットスポット編)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing