ホーム > 連載・コラム > KOMPOSITIONとの居住支援連携

  • M.A.D.center
  • まちづクリエイティブ

screenshot-komposition.org-2023.04.07-14_32_51

KOMPOSITIONとの居住支援連携

概要

まちづクリエイティブ代表が前職でもあるNPO法人KOMPOSITIONの活動拠点を渋谷から松戸に移し、福祉活動を事業ドメインとする転換を行いました。KOMPOSITIONが2022年からは千葉県指定の居住支援法人に指定をいただき、まちづクリエイティブは連携してMAD Cityエリアで生活困難者への住居提供や、居住者への生活支援や起業支援を行っています。

  • プロジェクト名
    • KOMPOSITIONとの居住支援連携
  • 実施期間
    • 2021年12月~進行中

ストーリー

コロナ感染症にまつわる社会変化により、MAD Cityの入居者のうち一定の方々はダメージを受け、収入が不安定になるなどの問題を抱えることとなりました。またそれでなくとも、コロナ以前から客層の一部はシングルマザーであったり外国籍者であったり、障害を抱えていたり子育てに難しさがあったりと、弱者性のある方が一定含まれていました。こうした方々がMAD Cityに集まれたのはDIYでの改装を理由に低廉な家賃や、まちづクリエイティブの不動産サブリースにより保証人要件や入居審査が一般と異なったことがあります。

しかしながらウィズコロナ社会が長期化するなか、営利活動とは真逆の教育啓蒙的な取組や、あるいは専門家を交えた弱者支援の領域までサービスが必要になってくると、単一の株式会社だけではその受入や支えを持続させることは難しくなりました。そこで代表が20年近く経営を続けていたNPO法人を松戸に移転し、新たに福祉領域の団体に転換しました。そのうえで一部住居をまちづクリエイティブからKOMPOSITIONが借り上げて運営するほか、株式会社がゼロからプラスをつくる支援を行う一方で、NPOではマイナスをゼロにする支援を活動範囲として連携しています。

成果

株式会社とNPO法人の連携により、特定妊産婦の家族を含めたのべ13組の居住支援を行い、うち11組については自社で受け入れを行いました。また松戸の福祉系NPOとともに連携に向けた交流を行いながら、地元子ども食堂への会場提供や、MAD City入居者の支援対象者に向けて各種助成金や生活保護に関わる相談受付についてのべ50回以上を行っています。

screenshot-komposition.org-2023.04.07-14_28_14

220728_ポンチ絵

line_oa_chat_230123_103956

手法

営利と非営利の連携

まちづくりは幅広く、再開発や企業誘致あるいは一般的な起業支援のようなごく営利性の高い領域もあれば、子育て支援や高齢者福祉あるいは景観維持のような非営利性に結びつく領域もあります。この両者を網羅することなしにまちづくりの実践はできるものではないでしょう。コロナ感染症によりアーティストやパフォーマーといった人々が大きなダメージを受けたことは営利だけでなく非営利の領域にも事業を拡張する大きな必要税となりました。

共創型サブリース

サブリース(転貸)はシェアハウスの詐欺的投資に用いられたこともあり社会的なイメージが悪化したところがありますが、一方で地域活性化の際には不動産の活用が必須なことから大きな社会価値を生み出せる良さもあります。このような狙いを持った、まちづクリエイティブの実践しているサブリースは共創型サブリースとして注目されつつあります。

福祉への不動産サブリース活用

住宅のサブリースは生活インフラの核をなす住居提供に直結するところから、福祉事業において急速に求められつつあります。実際に、MAD Cityでの居住支援においては保証人要件や入居審査はもちろん、家賃や期間までまちづクリエイティブが所有者に代わって決定できることが柔軟性や対応速度の価値となりました。

地域コンソーシアム

居住支援を必要とする方々のなかには低所得だけでなく、妊産婦や子育て、障害やLGBT、外国籍など、複数の課題を持った方々が多々いらっしゃるのが現実です。それぞれの課題に対して行政の支援が縦割りになっているため、できるかぎり民間側のNPOや社会福祉法人などで各自の専門領域を寄せ合って対応する必要があり、松戸市内で活動する「まつどでつながるプロジェクト」を中心に連携を進めることができました。

メンバー

特定非営利活動法人KOMPOSITION
まつどでつながるプロジェクト
株式会社まちづクリエイティブ

関連記事

DSC08616-768x512

mcg21xoxo |mcg21xoxo sundae

概要 NYから移住したアーティストtaka konoが提唱するアートスペースとして、都心のホワイトキューブの真逆にあたるオフサイトのギャラリーを実現した「mcg21xoxo」。松戸駅5分に立地するスケルトン状態の1F2F...more

FANCLUB (1)

地元密着のDIYクラブイベントスペース「FANCLUB」

概要 松戸駅からほど近いビル最上階を松戸の新旧住民の溜まり場にする試みです。DIYにより松戸市内で唯一のクラブイベントスペースが生まれ、20代から60代まで幅広い新旧住民がイベント主催するほか、千葉はもちろん埼玉や神奈川...more

クリップボード03

ローカル・エコシステム形成研究

概要 MAD Cityに関わる入居者の多くが起業しており、飲食や技芸教室といった事業を行っています。その多くは個人ベースで、規模を求めず、地方ならではの成長や持続を行っている「ひとり起業家」です。一方で地方創生のなか、日...more

IMG_6603

Tiny kitchen and counter FOOD LABO

概要 松戸駅から徒歩5分の「Tiny kitchen and counter」は4坪強と狭小の立ち飲みワインバーながら、単価1-2万円で利用者が集うガストロノミー色の強い店舗です。近年では生産地との繋がりを模索した店主の...more

327853129_1640834089710976_2424127537099186112_n

子どもやママでもできるプチ起業プログラム

概要 MAD Cityに拠点を構える子どもの民間居場所づくり事業「さくら広場」、およびさくら広場の持続性を高めるため派生して生まれたコーヒー焙煎事業「サクラパルティ」を題材にした起業プログラムです。個々人が身近なところか...more

IMG_9755

松戸市文化ホール活用プロジェクト2022

概要 40年間以上と長きにわたり大きなリニューアルなく運営されてきた松戸市文化ホールは、松戸駅3分に立地しながら利用率の低迷が見られています。そこでリジェネラティブデザイン(≒ヒトとモノの再生)をテーマに、小さな実証実験...more

KOMPOSITIONとの居住支援連携

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing