ホーム > 連載・コラム > 地元密着のDIYクラブイベントスペース「FANCLUB」

  • M.A.D.center
  • まちづクリエイティブ

FANCLUB (1)

地元密着のDIYクラブイベントスペース「FANCLUB」

概要

松戸駅からほど近いビル最上階を松戸の新旧住民の溜まり場にする試みです。DIYにより松戸市内で唯一のクラブイベントスペースが生まれ、20代から60代まで幅広い新旧住民がイベント主催するほか、千葉はもちろん埼玉や神奈川からも来客のあるイベント会場の運営プロジェクトとなっています。

  • プロジェクト名
    • FANCLUB
  • 実施期間
    • 2012年1月~継続中

ストーリー

松戸駅徒歩2分のル・シーナビルの最上階にある、帆船をイメージした丸窓が特徴的なスペース。もとは長年の空き物件だったこのスペースを、まちづクリエイティブが2010年の地域アートプロジェクトの展示会場としてお借りしたことを契機に、2012年からは新住民の交流の場にしようとカフェやミニシアター・コワーキングスペースといった業態を試行錯誤してきました。とはいえ持続可能になることは難しく、業態転換を数年単位で行いながら、まちづクリエイティブ社のスタッフあるいは入居者のクリエイターなどが各種イベントを主催して維持されていたものです。

こうしたなか、地元関係者を交えた改装や機材設置を経て、かつて青春時代をディスコで過ごした50代~70代の地元住民もディスコイベントを定期開催するようになりました。また松戸で10代20代といった若い世代にHIPHOPが浸透し、駅前デッキでのサイファーなどが出現するなか、その関係者がイベント主催をすることでHIPHOPイベントの会場としても認知されるようになっています。

今では地元ディスコの関係でダンスレッスンが行われたり、あるいは市議会議員としてNITRO MICROPHONE UNDERGROUNDのDELI氏が活躍するなどといった潮流もあり盛り上がりを見せる松戸および周辺エリアのHIPHOP関係者の拠点となっています。

成果

小規模ながら駅至近の小箱として、イベントスペース貸出を行い、多くのディスコあるいはクラブイベント、時にはトークイベントなどの会場として利用されています。

FANCLUB (2)

手法

できることから業態を模索する

多くのまちづくり活動で溜まり場が求められる一方で、そういった場所を民間努力で維持することは簡単ではありません。FANCLUBの沿革はその悩みと一体のものでした。キャンドルアーティストともにカフェを運営、あるいは東京圏のベッドタウンだけに夜の利用を想定したコワーキングのバーを自社運営、あるいは興行法に抵触しない頻度での映画上映など、できることから試行錯誤して業態を変えてきたことが、いまに繋がっています。

与件を活かして小さな投資で始める

試行錯誤する際に大きな障壁になるのは、圧し掛かる初期投資です。度重なる業態転換にあたっては、場所が当初から持ち合わせていた要素をできるだけ活かすことで投資を低減してきました。居抜きで残されたキッチンの活用はもちろん、直下フロアがビルオーナーの事情で普段は低利用になっていることから防音工事なしに音楽イベントや映画上映の会場として使用したことなど、「もともとあったもの」に注目することで実現してきたものです。

地元関係者とアソシエーションを築く

まちづくりでは新たな人的資源に注目する必要がありますが、それはエリアに移住した新住民と旧来からの地元民との軋轢のはじまりを意味してもいます。まちづクリエイティブが考えているのは、新住民が単に既存の町内会組織に入るコミュニティ同化ではなく、新住民が旧住民とともに新たな関係性をつくるアソシエーション創出が重要だということです。FANCLUBはこの点、DJや音楽、ダンスカルチャーを通じた地元の年配者との接点が生まれた実例です。

文化創出と持続可能性を追求する

スターバックスが最大のコーヒーチェーンとなり全国にひしめく現在では、地方であっても小売や飲食の分野であらゆるチェーン店が進出しており、この点で地方に住まう課題はありません。しかし娯楽や文化の面では、地方は大きく不足しています。FANCLUBは松戸市内で唯一のクラブイベント会場として10年以上存続していて、地元アーティストの活動を支えており、ディスコやHIPHOPの拠点として文化的な存在意義を持つようになっています。

※上記1.-4.のそれぞれに実際の活動にまつわるサムネイル写真などを掲載する

メンバー

サクライス
地元関係者(非公表)
株式会社まちづクリエイティブ

関連記事

20220120_release_nashi03

地元電鉄会社および地元クラフトビールと連携したSDGs商品開発

概要 新京成電鉄株式会社が発起人となり、SDGsに配慮した地域事業として沿線農家の廃棄・余剰食材を活かした商品開発プロジェクトが立ち上がったことに松戸ビールおよびまちづクリエイティブが参画して、廃棄梨を使った新しいクラフ...more

松戸ビール_べにとび

地元クラフトビール「松戸ビール」のリブランディング

概要 概要 MAD Cityが運営する物件で、2022年時点で松戸市唯一のクラフトビール醸造所およびタップルームを営む「松戸ビール」において、瓶ビールの商品強化が必要となり、まちづクリエイティブと協業してリブランディング...more

@pikkukukka.jp さんのお店に一歩踏み入れると、そこは北欧の幸せな空気が流れる別世界。一緒にプロジェクトに取り組んでいるURさんと伺いました

まちづくり時代のための「地域プレイヤー発掘プロジェクト」

概要 地方創生時代の開発事業者にとって、地域の人的資源と連携することがいよいよ重要になっています。本プロジェクトはまちづくり会社からカフェや書店、あるいは個人のクリエイターに至るまで、広く地域の人材とされる人的資源の実態...more

ヒメゾウパンフ_サムネイル

自在什器「ヒメゾウ」

概要 MAD Cityにショールームを構える工務店「木村建造株式会社」と愛媛県今治市の「長井建築設計室」とともに、DIYで組立撤去できる多目的什器を開発しました。本プロジェクトは長井建築設計室の主導で愛媛県の「県産材スギ...more

7F3

3/28(月)M.A.D. Center ソーシャルセミナー

M.A.D. Centerでは、地域資源を活かしたローカルビジネスや、地方に多く見られる社会課題に関わるソーシャルビジネスなど、広く地方創生の領域での起業や事業展開に関心ある方々に向けてローカル/ソーシャルビジネスに関す...more

7F3

3/29(火)M.A.D. Center ソーシャルセミナー

M.A.D. Centerでは、地域資源を活かしたローカルビジネスや、地方に多く見られる社会課題に関わるソーシャルビジネスなど、広く地方創生の領域での起業や事業展開に関心ある方々に向けてローカル/ソーシャルビジネスに関す...more

地元密着のDIYクラブイベントスペース「FANCLUB」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing