> > MAD Cityで考える vol.01

  • MAD City
  • MAD City Gallery
  • MAD City 住民
  • TALK
  • アート・カルチャー
  • 考える

31270837784_9c573b3f96_k

MAD Cityで考える vol.01

場所:MAD City Gallery

イベント内容

MAD Cityで考える vol.01
開催日:2017年4月22日(土)17:00~20:00 ※途中入退場自由
参加:寺井元一/斉藤文香(まちづクリエイティブ)
定員:10名
参加費:入場無料 ※飲食物持ち込み歓迎
会場:MAD City Gallery
アクセス:千葉県松戸市本町6-8 (JR/新京成線松戸駅徒歩3分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:コンタクト(MAD City)

当シリーズについてはこちらからご覧ください。

まちづくり会社ではたらく

こんにちは。MAD Cityスタッフの斉藤です。
ネットTAMでアートマネジメント系の求人を探していたところ、たまたまMAD Cityのインターン募集を見つけ、
まちづくりをしているということも知らぬまま、そもそも「まちづくり」という単語も知らない時に、出身地から近いので一度顔を出してみようと思い立って以来、5年半程経って今では古株のスタッフです。

まちづクリエイティブに勤めていると、まちづくりに関わりたいのですが、という方とよく出会います。「まち」はそこに集まって暮らすすべての人に少なからず関わりがあるはずで、ことに昨今、多くの方が自分や自分を取り巻く人々の生きる場所のために主体的に動こうという意志を感じます。

その反面、大体のことがそもそもまちづくりにつながるのなら、わざわざ「まちづくり」をうたった経済活動(=まちづくり会社)を行うというのはどういうことなのでしょうか。また、どんな役割期待を受けるものなのでしょうか。

まちづくりを仕事にしながら思うこと

ところで、皆さんは普段、どんなことを考えていますか?

例えば私は家ではこんなことを考えたりします。
・昨晩作りすぎたトマトソースを冷凍しちゃうか、そのまま食べきれるのか
・誘われているが、あまり興味のないイベントに付き合い上顔を出した方がいいのか
・この服はまだ着るのか、もう着ないのか

仕事をしている間には、こんなことを考えることがあります。
・この物件には、どんな人に住んでもらうといいのか。家賃はいくらに設定し、どう募集するのか
・最近よく事務所に顔を出すアーティストと、まちの起業家が同じようなこと言っていたけれど、引き合わせると何かいいことが起きそうか
・運営しているギャラリー、次は誰にどんな発表をしてもらおうか
・このプロジェクトは、はたしてスポンサー企業に興味を持ってもらえるのだろうか

そして、今すぐ仕事につながるかわからないけれど仕事のさなかに頭の端っこにひっかかる着想があります。
・バーターのバーターをデザインする
・お墓までなければおさまらない
・百年後、他人の頭で思い出す
・もっと多様なセーフティネット
・言葉のチャンネルを合わせるには
・アンテナの高さ、低さ、太さ
・だれとだれがどの出来事の証人になるのか
・期待の賞味期限

31270843634_93701c0fd2_k

気が付いたことを、考えて、話す

「MAD City」は、このまちに集う人々と、クリエイティブを駆使して、つづいていく自治を目指すプロジェクトです。
日々目前に迫る実務的な業務に取り組みながらも、よぎったアイデアを捕まえて、歪でも形を与えておく必要がありそうです。この場にいる私たちだからこそ気が付いて、考えて、話せることを他でもない今、話せたらと思います。

ただその場に居合わせた人々とそれぞれが考えていることを話すだけのこの会。
美味しいご飯も流行りのテーマもありませんが(誰かが持ち込んでくれればあるかも)ご興味のある方、お気軽にお越しください。

プロフィール

151030_寺井_プロフィール写真

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ 代表取締役/アソシエーションデザインディレクター
1977年9月生。清酒発祥の地こと伊丹市鴻池生まれ。大学院在学中にNPO法人を起業し、街なかでのアート・スポーツイベントを企画運営。2010年に再度起業し、株式会社まちづクリエイティブを設立。

p_saito

斉藤文香

株式会社まちづクリエイティブ MAD Cityマネージャー
1985年2月生。千葉県松戸市出身。東洋大学文学部哲学科卒業。松戸市に住んではいるものの、高校以降は都内に通う典型的な千葉都民であったが2011年の震災を機に、歩いて行ける場所に目を向けることにする。偶々見つけたインターン募集に応募し、MAD Cityの民となる。文学が好き。

関連記事

dm_0220a.ai

”QWERTY(クワーティ)” 空間アートランスペースOPEN 

MAD Cityの新入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アートランスペースを立ち上げました。お近くにお住いの方はちろん遠方の方も、ぜひお立…more

キャプチャねこのおみせ

ねこのおみせ

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 ねこのおみせ 3日間限定の猫モチーフ、猫雑貨のお店。 約7組の手作り作家さんの作品が並びます。 期間中は保護猫募集…more

s-IMG_0806

おこめのいえ手創り市 通常版vol.29

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 おこめのいえ手創り市29回目の開催です! 昔はお米屋さんとして使われていた大正時代の面影を残す古民家「古民家スタジ…more

タイトル

グループ展「What if? ー渋谷都市計画ー」

MAD Cityの入居者 鈴木ひなさんが参加するグループ展が開催されます。ぜひお立ち寄りください。 詳細についてはこちらをご確認ください。 「What if? ー渋谷都市計画ー」 『未来の渋谷を想像する』 この街にいる私…more

SUNDAY BLAST

SUNDAY BLAST

※こちらはMAD City以外の主催者によるイベントです。

MAD Cityで考える vol.01

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing