> > MAD Cityで考える vol.02

  • MAD City
  • MAD City Gallery
  • MAD City 住民
  • TALK
  • アート・カルチャー
  • 考える

31963701432_221037bb85_k

MAD Cityで考える vol.02

場所:MAD City Gallery

イベント内容

MAD Cityで考える vol.02
開催日:2017年5月27日(土)17:00~20:00 ※途中入退場自由
参加:寺井元一/斉藤文香(まちづクリエイティブ)
定員:10名
参加費:入場無料 ※飲食物持ち込み歓迎
会場:MAD City Gallery
アクセス:千葉県松戸市本町6-8 (JR/新京成線松戸駅徒歩3分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:コンタクト(MAD City)

当シリーズについてはこちらからご覧ください。

気が付いたことを、考えて、話す

「MAD City」は、このまちに集う人々と、クリエイティブを駆使して、つづいていく自治を目指すプロジェクトです。
運営母体である株式会社まちづクリエイティブでは、日々目前に迫る実務的な業務に取り組みながらも、よぎったアイデアを捕まえて、歪でも形を与えておく必要があると考えています。
この場にいる私たちだからこそ気が付いて、考えて、話せることを他でもない今、話せたらと思います。

今回のテーマは「引き継ぐこと、受け継ぐこと」

ただその場に居合わせた人々とそれぞれが考えていることを話すだけのこの会。4月に引き続き、第二回目の開催です。
第一回目はテーマの設定はありませんでしたが、今回は話の切り口として、前回の参加者が最近考えていることとして共有してくれた「引き継ぐこと、受け継ぐこと」とします。

例えば、勤めている組織に新人が入って、先輩としてノウハウを教えるということや、転職をした先で前任者のやっていたことを参考に仕事を進めることは今の時期多くの人が必要に迫られていることと思いますし、
ご自身が単体で活動するアーティストや作家だったとしても、だれかとコラボレーションして何かをつくったり、歴史や文脈を組み込んだプロジェクトに関わったり、ということも多いはずです。
また、親や血縁者から事業や資産を、師匠や先生から技術や考え方を継いだりということもあるでしょう。
まちづくりとしても、先人の残したものと出会いながら、次の世代(もしかしたら隔世遺伝的に代を飛ばして)に現在の記録や知見、成果をつないでいくことは使命のひとつではないでしょうか。

幅広いテーマですが、一般論を述べるのではなく、集まってくれた人々と各々の見解を明らかにしながら、考える時間をともに過ごせたらと思います。
ご興味のある方、お気軽にお越しください。

松戸駅から西へ7分ほど歩くと江戸川河川敷に着きます。

松戸駅から西へ7分ほど歩くと江戸川河川敷に着きます。

プロフィール

151030_寺井_プロフィール写真

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ 代表取締役/アソシエーションデザインディレクター
1977年9月生。清酒発祥の地こと伊丹市鴻池生まれ。大学院在学中にNPO法人を起業し、街なかでのアート・スポーツイベントを企画運営。2010年に再度起業し、株式会社まちづクリエイティブを設立。

p_saito

斉藤文香

株式会社まちづクリエイティブ MAD Cityマネージャー
1985年2月生。千葉県松戸市出身。東洋大学文学部哲学科卒業。松戸市に住んではいるものの、高校以降は都内に通う典型的な千葉都民であったが2011年の震災を機に、歩いて行ける場所に目を向けることにする。偶々見つけたインターン募集に応募し、MAD Cityの民となる。文学が好き。

関連記事

UUendy Lau Installation

グループ展|“Use Silence” & “The Moving Plants”

※詳細については主催者に直接お問い合わせください。 グループ展|“Use Silence” & “The Moving Plants” “Use Silence” ティモ・レンツェン(ドイツ)、ソニヤ・ボースト…more

34604331_1730021543751452_9204249489538285568_n[2]

「アーバンテトリス」ーとあるお庭の利用法を考えるー

このプロジェクトを実施している物件 現在、この物件にて協力いただいている学生さんが週末を利用してテラスを制作しています。 間取りは和室6畳+キッチン。河川敷に近く広いお庭が特徴です。 いわゆる一人暮らし用の間取りの物件が…more

imcloset_main

私はクローゼットですが、それもまたいいことです。/遠藤純一郎

「みんなちがって、みんないい。」という金子みすゞさんの有名な詩の一節は、多くの 日本人に親しまれているとても素敵な言葉だと思います。しかし、それを誰もがすでに知っている言葉としてではなく、いま一度、一緒に考え直してみたい…more

屋台バー0603フライヤー (1)-1

屋台BAR @古民家スタジオ旧・原田米店

※詳細については主催者に直接お問い合わせください。 移動可能な屋台BARが一時的に古民家スタジオ 旧・原田米店前に出現します。   顔は知っているけど話したことのない住民同士の交流の場や外国人観光客が松戸市をも…more

32460157_1581078258678442_2881787987484475392_n2

FANCLUBサイファー

※こちらはMAD City以外の主催者によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 FANCLUBでサイファー 路上でラッパーが円になってラップを披露しあう「サイファー」を松戸駅前のイベントスペー…more

MAD Cityで考える vol.02

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing