> > 【MAD Cinema】『産土』 ※ごはんとトーク付き

  • FANCLUB
  • MAD City
  • MOVIE

ubusuna

【MAD Cinema】『産土』 ※ごはんとトーク付き

場所:FANCLUB

イベント内容

【MAD Cinema】『産土』 ※ごはんとトーク付き
開催日:2014年2月27日(木)19:30~23:00
出演:寺井元一、緒方康浩
定員:20名
参加費:2500円(1ドリンク+食事付き)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:TEL:047-710-5861 MAIL:info(a)machizu-creative.com

2014年最初の『MAD Cinema』の上映作品は長岡参監督作品『産土』です。

現代わずかに残る少し前までにあたりまえだった、日本各地の「森と共に生きる暮らし方」。
美味しいご飯とお酒を飲みながら、都市部で生きる人々が忘れてしまった、「日本」の姿をこの作品を通じて考えるきっかけにしてみませんか?

2月上映 作品について

ubusuna trailer (short) from Mile Nagaoka on Vimeo.

解説

『産土』とは、或る土地のことであり、またその土地の守り神のことをいう。人が生まれる前から死んだ後まで、その人のことを守り続けると信じられて来た。今、都会に住む僕らが忘れてしまい、もはや誰も顧みなくなった「日本」という大きな産土の姿を、僅かにでも、少しだけでも、もう一度取り戻すため、長岡参を中心とした6人の作家たちが北は山形から南は沖縄までをキャラバンを組み巡回した。
悪化する一方の森の問題、限界集落や獣害や土砂災害、または山の奥地にある集落の現在…。
そしてそこに棲む山師たちやマタギ、有機農家、そして山伏、はたまた沖縄の漁師に至る人々たち。一見無関係に思えるそれらの物事を重ねて結び、なにかを浮かび上がらせるため、歩き、見聴き続けた。これはその記録である。

概要

監督・映像作家:長岡参(ナガオカマイル)
国外映像作家:RufasWard(ルーファス ワード)/JeanPhilippeMartin(ジャン・フィリップ・マルタン)
Ben Ruffell(ベン ルッフェル)/John W. J. Cho(ジョン チョー)/Kirsten Tan(キルスティン タン)
撮影・取材場所: 徳島県木頭村(那賀郡那賀町木頭)、長野県飯田市、山梨県早川町、山形県鶴岡市/飯豊町(西置賜郡 飯豊町)、島根県吉賀町(鹿足郡吉賀町)/匹見町(益田市匹見町)、沖縄県久高島(南城市知念久高)
企画:NPO 法人グリーンバレー
上映時間:120分

作品構成

第一部「森と限界」
第二部「あたりまえの生活」
第三部「山伏と神の島」

作品紹介記事

http://pingmag.jp/jp/2013/07/12/ubusuna/

今回のごはんについて

今回のMAD Cinemaでは、『産土』にちなんで “teshigoto”さんによる福島県 南会津郡 昭和村 の郷土料理が楽しめます。

福島県 南会津郡 昭和村

福島県内でも有名な豪雪地帯であるこの村は雪が深い時期になると、その雪の影響で交通網が遮断されしまい外部との行き来ができなくなってしまいます。
冬の間、閉ざされた村では厳しい環境を生き抜くために村人同士が助け合い独自の食文化が発達しました。
春夏秋に少しずつ保存してきた旬の食材を上手に組み合わせ、素朴ながら 味わい深い料理に仕立てます。 それは⻑い歳月をかけ一品一品絶やすことなく大切に、 祖母から母へ、母から娘へと受け継がれていきました。 またそれは共同生活のなかで守り継がれてきた料理でもあります。
実はこの昭和村も、人口1480人・高齢化率が55%以上と高く、高齢化・過疎化が進み、限界集落(人口の50%が65歳以上の高齢者になり、冠婚葬祭を含めて社会的共同生活の維持が困難になった集落)といわれているエリアの一つです。今回紹介する料理は teshigoto が 2013 年の 12 月に訪問し、 地元のおばあちゃんたちにいろいろとご指導いただきながら、 一緒に作った郷土料理一部です。 初訪問にも関わらず、本当に丁寧にひとつひとつ教えていただきました。 愛情のこもった昭和村の料理をぜひ味わってみてください。 (text by teshigoto)

teshigoto_web_logo2

MAD Cinemaとは…

mad_cinema_logo_480

単に映画を鑑賞するだけではなく、美味しいご飯やトークがついて、時には人と語らいながら作品を通じて交流を行える複合型の映画上映イベント。シネマサンシャインが撤退し、映画上映スペース自体が失われた松戸で映画を通じて、新しい出会いを見つけませんか?

タイムスケジュール

19:30~ 開場
19:45~ 作品&ごはん紹介
19:55~『産土』第一部上映
20:45~ 休憩
21:00~『産土』第二部/三部 上映
22:00~22:15 寺井元一&緒方康浩アフタートーク
※上映終了後23:00までバーとしてご利用頂けます。

ご予約

プロフィール

寺井元一

寺井元一 (株式会社まちづクリエイティブ 代表取締役)

まちづクリエイティブ代表。千葉・松戸での「MAD Cityプロジェクト」にてクリエイティブなまちづくりを提唱している。 個性派物件を提供してコミュニティをデザインする「MAD City不動産」、地元コミュニティを活性化する「松戸まちづくり会議」支援などの事業を運営中。
http://www.machizu-creative.com/

ogata

緒方康浩(@ogatch)

CINE-MAプロジェクト 主宰/KASHIWA 33プロジェクト 共同代表
1989年鹿児島県生まれ、千葉県柏市(旧沼南町)育ち。座右の銘は「ライブのように、生きる。」。

東北復興支援活動に従事後、昨年は「街をつなぐ防災情報マガジンStandby」の創刊・運営や、greenz.jpなどでのライター活動を経験。

その後、"社会問題に触れる場の再編集"と、"映画体験の再編集"の必要性を感じ、対話型の映画体験の場を生み出すことでこれからの映画の場づくりを提案するプロジェクト「CINE-MAプロジェクト」を今年6月に立ち上げる。

最近の関心は「食と農」。同じく今年6月からNPO法人Farmer's Market Association(青山ファーマーズマーケット)の運営にも現場スタッフとして関わっている。
https://www.facebook.com/pages/Cine-Ma/204418266348715

teshigoto_web_logo2

teshigoto

なんて事はない。「旨いもんを自分たちで作って、ワイワイ楽しく食べようよ!」という食に関するプロジェクト。
https://www.facebook.com/teshigoto.info

関連記事

0001

屋台BAR @古民家スタジオ旧・原田米店

※詳細については主催者に直接お問い合わせください。 移動可能な屋台BARが一時的に古民家スタジオ 旧・原田米店前に出現します。 前回好評いただきました屋台BARが、再び期間限定で出現いたします。 顔は知っているけど話した…more

お寺

煩悩 #BornNow 2018

※詳細については主催者に直接お問い合わせください。 お寺で音楽を楽しむカルチャーフェスティバル開催 煩悩 #BornNow は、HIPHOPを中心とした音楽でお寺、地域住民、感性豊かな若者、訪日観光客をつなぐカル…more

第二回イベント 軽量

「アーバンテトリス」ーとあるお庭の利用法を考えるー

このプロジェクトを実施している物件 現在、この物件にて協力いただいている学生さんが週末を利用してテラスを制作しています。 間取りは和室6畳+キッチン。河川敷に近く広いお庭が特徴です。 いわゆる一人暮らし用の間取りの物件が…more

10470215_689202711164053_6181316323336590443_n

おこめのいえ手創り市拡大版 vol.21

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 おこめのいえ手創り市 21回目の開催です! 昔はお米屋さんとして使われていた大正時代の面影を残す古民家「古民家スタ…more

IMGP1690-e1528977848534

アーギュメンツ#3 「刊行記念トーク」イベント

※詳細につきましては、主催者に直接お問い合わせください。 記念すべき関東初の刊行記念イベント 松戸市を拠点とするアーティストインレジデンスPARADISE AIRでは、今年の長期レジデンスプログラム(LONGSTAY P…more

【MAD Cinema】『産土』 ※ごはんとトーク付き

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing