> > MAD Cinema 6月上映 『産土』

  • FANCLUB
  • MAD City
  • MOVIE

ubusuna

MAD Cinema 6月上映 『産土』

場所:FANCLUB

イベント内容

MAD Cinema 6月上映 『産土』
開催日:2014年6月27日(金)19:30-
定員:20名
参加費:1200円(1ドリンク付)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:TEL:047-710-5861 MAIL:info(a)machizu-creative.com

6月の『MAD Cinema』では以前も好評だった、長岡参監督作品『産土』を改めて上映します。

しばらく前まではあたりまえだった、日本各地の「森と共に生きる暮らし方」。
美味しいご飯とお酒を飲みながら、都市で生きる人々が忘れてしまった「日本」の姿を作品を通じて考えてみませんか?

※フードユニット”teshigoto”によるフード付き上映開催予定でしたが、”teshigoto”側都合により1ドリンク付き上映会へと変更となりました。
お食事を楽しみにしておりましたお客様にはご迷惑をおかけいたします、心よりお詫び申し上げます。

上映作品について

ubusuna trailer (short) from Mile Nagaoka on Vimeo.

解説

『産土』とは、或る土地のことであり、またその土地の守り神のことをいう。人が生まれる前から死んだ後まで、その人のことを守り続けると信じられて来た。今、都会に住む僕らが忘れてしまい、もはや誰も顧みなくなった「日本」という大きな産土の姿を、僅かにでも、少しだけでも、もう一度取り戻すため、長岡参を中心とした6人の作家たちが北は山形から南は沖縄までをキャラバンを組み巡回した。
悪化する一方の森の問題、限界集落や獣害や土砂災害、または山の奥地にある集落の現在…。
そしてそこに棲む山師たちやマタギ、有機農家、そして山伏、はたまた沖縄の漁師に至る人々たち。一見無関係に思えるそれらの物事を重ねて結び、なにかを浮かび上がらせるため、歩き、見聴き続けた。これはその記録である。

概要

監督・映像作家:長岡参(ナガオカマイル)
国外映像作家:RufasWard(ルーファス ワード)/JeanPhilippeMartin(ジャン・フィリップ・マルタン)
Ben Ruffell(ベン ルッフェル)/John W. J. Cho(ジョン チョー)/Kirsten Tan(キルスティン タン)
撮影・取材場所: 徳島県木頭村(那賀郡那賀町木頭)、長野県飯田市、山梨県早川町、山形県鶴岡市/飯豊町(西置賜郡 飯豊町)、島根県吉賀町(鹿足郡吉賀町)/匹見町(益田市匹見町)、沖縄県久高島(南城市知念久高)
企画:NPO 法人グリーンバレー
上映時間:120分

作品構成

第一部「森と限界」
第二部「あたりまえの生活」
第三部「山伏と神の島」

作品紹介記事

http://pingmag.jp/jp/2013/07/12/ubusuna/

MAD Cinemaとは…

mad_cinema_logo_480

単に映画を鑑賞するだけではなく、美味しいご飯やトークがついて、時には人と語らいながら作品を通じて交流を行える複合型の映画上映イベント。シネマサンシャインが撤退し、映画上映スペース自体が失われた松戸で映画を通じて、新しい出会いを見つけませんか?
※フードユニット”teshigoto”による開催予定でしたが、”teshigoto”側都合により。1ドリンク付き上映会となりました。

タイムスケジュール

19:30~ 開場
20:00~『産土』第一部上映
20:45~ 休憩
21:00~『産土』第二部/三部 上映

※上映終了後23:00までバーとしてご利用頂けます。

ご予約

※お席ご用意の関係で事前予約制となります。(当日参加も可能です)

関連記事

7F3

トーク「まちづクリエイティブのまちづくり」

2010年にまちづくり会社として設立されて以来、まちづクリエイティブ社は松戸駅前でのMAD Cityをはじめとする地域活性化のプロジェクトや、他地域へのコンサルティング等で総合的なまちづくりを実践してきました。その前史に…more

6

【中止】「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

7F3

トーク「まちの空間とミューラル・アート」

「まちの空間とミューラル・アート」 空間をいかに刺激のある場所にするか。公共空間、オフィス、商業施設、飲食店はもちろん、まちを人が生活する一つの空間として捉えたとき、景観はまちをデザインする大きな要素となります。景観にお…more

7F3

トーク「アフターコロナな商店会のみらい」

「アフターコロナな商店会のみらい」 イベント自粛や飲食店への時短要請など、苦しい状況が長期化する中、松戸駅前としては約20年ぶりとなる全長4mの小さな商店会が誕生しました。「Mism(エムイズム)」は、平均年齢40歳の若…more

7F3

トーク「アフターコロナなオフィスのかたち」

「アフターコロナなオフィスのかたち」 松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の拠点となる、2フロア制のイノベーション/コワーキング施設「松戸アソシエーションデザインセンター(M.A.D.center)」が駅…more

MAD Cinema 6月上映 『産土』

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing