> > MAD City4周年トークセッション『DIYsによるまちづくり』第二部

  • FANCLUB
  • MAD City
  • TALK
  • まちづクリエイティブ

4thani

MAD City4周年トークセッション『DIYsによるまちづくり』第二部

場所:FANCLUB

イベント内容

MAD City4周年トークセッション『DIYsによるまちづくり』第二部
開催日:9月6日(土) 19:30~22:00(開場19:15)
出演:小野裕之(greenz.jp)、後藤知佳(dotplace.jp)、寺井元一、西本千尋、小田雄太
参加費:2,500円(フード&1ドリンク付)他
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
協賛:SLOWCOFFEE
お問い合わせ:TEL:047-710-5861 MAIL:info(a)machizu-creative.com

「まちづくり」は集客だ話題作りだとイベントをやっているようにも見えるし、地元を名乗る方々の趣味と暇潰しの総体だったりもしそうだし、補助金がジャブジャブと流れこんでいる場合もあるし、ものすごく多くの人々が延々と会議をし続けているだけのこともあるし、市役所や大手企業が取り組んでいる大仰な活動だったりすることもある。それらが混じりあっている。

今までこの日本で、どういう「まち」が望ましいかは、決まっていた。東京。東京になるため、近づくために、全ての市町村が努力したり、あるいは反動でアンチを決め込んできた。もうそんな時代じゃない、この記事を読んでいるアナタはそう思っていると、僕は信じる。どんな「まち」が欲しいか、どんな「まち」に居たいかは個々人の問題だ。自由だ。無数の「まち」の形があるべきだ。

欲しい服や料理や家は、買えばいい。無ければ作るのだ。同じように、欲しい「まち」が無ければ、作るしかない。それが僕の思う「まちづくり」だ。服や料理や家でそうするように、皆さんだって一人一人が、自分の納得できる「まち」で生きていきたいと願っているのではないか。でも、何が一体どう「まち」を「つくる」かは、どうにも難しい。そんなことに取り組む資格がある人間は、偉い政治家様か歴史上の人物しか居ないような気もしてしまう。

「まち」を考えることは、社会を、世界を考え、歴史を考えることでもある。諦めることではない。そして日々の、ごく日常的な生活の1ミリ1ミリを考えることでもある。頭でっかちでもない。まちづクリエイティブは、その議論と実践に本気で取り組んできた。MAD Cityの出来事を掲載してくれているgreenz.jp、喧々諤々の議論を掲載してくれているdotplace.jp、2つのウェブメディアからからゲストを迎え、「まちづくり」のトークと酒宴を行います。(寺井元一)

ご予約

プロフィール

969242_694524127230878_1993315141_n

小野裕之

NPO法人グリーンズ理事。
84年岡山県生まれ。中央大学総合政策学部卒業後はウェブサイトなどを制作するベンチャー企業に就職。09年より、greenz.jpに転職し、11年、副編集長に。12年にはgreenz.jpのNPO法人化にともない理事として経営に参画。
グリーンズ全体の事業戦略づくりと、企業や行政に向けた事業の開発や営業、オペレーションの責任者。全国に広がるgreen drinksをサポートするgreen drinks Japan事務局。ライフワークとして、ソーシャルなスタートアップビジネスの事業化を支援している。

1554575_10200638981416994_713262618_n

後藤知佳(numabooks)

1987年生まれ、東京都府中市出身。武蔵野美術大学基礎デザイン学科卒業。デザイン制作会社、出版社勤務などを経て、2013年10月よりnumabooksに所属。これからの執筆・編集・出版に携わる人のサイト「DOTPLACE」(編集長:内沼晋太郎)の編集作業が日々のメインワーク。連載中のまちづクリエイティブによるコラム「アソシエーションデザイン」も初回より担当中。

p_oda

小田雄太

株式会社まちづクリエイティブ取締役、クリエイティブディレクター。 多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。COMPOUND合同会社代表。横浜美術大学ビジュアルデザイン領域非常勤講師/多摩美術大学グラフィックデザイン科非常勤講師。デザイナーとして様々なプロジェクトのコミュニケーション全般のデザインを手掛ける。

p_nishimoto

西本千尋

株式会社まちづクリエイティブ取締役、ストラテジスト。 埼玉大学経済学部、京都大学公共政策大学院卒業。公共政策修士(専門職)。株式会社ジャパンエリアマネジメント代表取締役。公共空間の利活用、古民家特区などの制度づくりに携わる。     

関連記事

7F3

トーク「まちづクリエイティブのまちづくり」vol.2

2010年にまちづくり会社として設立されて以来、まちづクリエイティブ社は松戸駅前でのMAD Cityをはじめとする地域活性化のプロジェクトや、他地域へのコンサルティング等で総合的なまちづくりを実践してきました。その前史に…more

239300705_237851751573763_3907049979412623185_n

mcg21xoxo sundae

従来のアート制度や空間が構築してきた映像鑑賞の経験に対し、新たな鑑賞環境の提案を試みるプロジェクト、mcg21xoxo sundaeが松戸駅前で開催中です。 美術館やギャラリーは「展示」という限られた鑑賞の時間/空間への…more

1

l-lellovvorlcl / PERMINUTE 合同オープンスタジオコレクション販売会「/(スラッシュ)」

来る2021年10月2日(土)12:00より、松戸にアトリエを構える2組のアパレルブランドデザイナーによる l-lellovvorlcl / PERMINUTE 合同オープンスタジオコレクション販売会「 / (スラッシュ…more

7F3

トーク「まちづクリエイティブのまちづくり」

2010年にまちづくり会社として設立されて以来、まちづクリエイティブ社は松戸駅前でのMAD Cityをはじめとする地域活性化のプロジェクトや、他地域へのコンサルティング等で総合的なまちづくりを実践してきました。その前史に…more

6

【中止】「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

MAD City4周年トークセッション『DIYsによるまちづくり』第二部

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing