ホーム > 連載・コラム > 【駅前お散歩】松戸の公園を歩いてみよう

  • MAD City 地域情報
  • PARADISE STUDIO

tojyoh

【駅前お散歩】松戸の公園を歩いてみよう

MAD Cityのある千葉県松戸市、JR常磐線快速に乗ると北千住から一駅。たまに走っている特別快速だと、なんと日暮里から一駅(!)です。こんな感じで都内とも隣接しているので松戸駅に降り立つと案外都市部っぽいというか、緑の少ない印象をうけるまちでもあります。

そんな中、MAD City住民のお散歩コースってどういうところなのかな?と考えて、みんながよくいく公園をいくつかピックアップしてみました。こんな感じで公園を巡ったら、なかなか楽しい時間が過ごせそうです。

戸定が丘歴史公園


大きな地図で見る
松戸駅東口から歩いてちょっとのところにある戸定が丘歴史公園。水戸藩の藩主であった水戸徳川家最後の当主、徳川昭武が松戸に作った別邸「戸定邸」を中心にした公園です。戸定邸の他に庭園と梅園、資料館があります。公園自体は入場無料なので、梅の花や秋の紅葉など季節の植栽を楽しむことができます(戸定邸内部と資料館はそれぞれ有料です)。駅の近くにこんなところがあるんだ!という発見がありますよ。千葉大学農学部の森と隣接しているので、ちょっとタイムスリップした気分が味わえるかも。

戸定邸では毎年「戸定アートプロジェクト」というアートイベントも開催されています。2011年の様子はこちら

中央公園


大きな地図で見る
お次は中央公園。松戸駅の西口方面にお住まいの方だと「どこ…?」ってなる方もいらっしゃるでしょうか。松戸駅東口のプラーレ松戸(イトーヨーカドー)を5階まで上り、出口を出るとすぐにある公園です。戸定が丘歴史公園から松戸駅に戻ってくる途中でもあります。近くには大学などもあって静かな環境。そしてそして、実はここ、戦前は陸軍工兵学校だったんです。正門の回りには当時の遺構も残っており、ちょっとした歴史探訪も可能です。
ちなみに中央公園にはテニスコートと市民プールが併設されていますが、プールは最近閉鎖になってしまいました。テニスコートのほうは利用可能で、WEBから予約ができるみたいです。

MAD City的最近のトピックだと、昨年12月にこの中央公園周辺でライトドローイングのイベントがおこなわれたことも。

ぷら~っとガーデン


大きな地図で見る
意外と穴場なのがこちら。松戸駅東口から歩行者デッキを通ってすぐのショッピングセンター、プラーレ松戸(イトーヨーカドー併設)です。実は屋上が緑化されていて小さな公園になっているんです。季節の植物が楽しめる花壇もありますし、子どものための遊具も置いてあります。ベンチもあるのでお弁当をもってのランチもできますよ。
http://www.plare-shopping.com/garden

西口公園


大きな地図で見る
さて次は松戸駅をまたぎまして西口。松戸駅西口から一番近い公園です。なかなかの面積をもちつつ、駅前の公園という性格上か遊ぶ子どもの姿はあまり見られません。といっても人気のない公園なのかというとそういうわけでもなく、実は大人の公園とでもいうべき一面ももちあわせていて、公園の一角では昼間からお酒を飲みながら将棋をしている人々を常に見ることができます。(遠い世界なのでこっそり垣間見るだけですが…)

この西口公園、近くには「根本壁画通り」もあってアートスポットになりつつある近年ですが、来春には2013年3月9日~3月17日まで「公園って何?」という企画が開催される予定です。この期間には西口公園が様変わりするインスタレーションが展示される予定なので、ぜひ足を運んでみてくださいね。

 

これだけでもゆっくり回ればきっと数時間かかります。なかなかのお散歩コースですね。公園を探してまちを歩くといつもと違う気分になれるかも、ぜひお散歩コースの一つに加えてくださいね!

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

PARADISE AIR LONG STAY PROGRAM 招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさん

「アルファベットを書くように建物を描く」PARADISE AIR ロングステイ・プログラム招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさんが松戸の街で描くアートとは?

世界55カ国129都市から合計251通の応募 千葉県にある東京のベッドタウン・松戸は海外からアーティストが訪れ、滞在し、アート作品が生まれる街に変わりつつあります。その大きな理由として、アーティスト・イン・レジデンス「P...more

屋根も外壁も庇もトタンな「トタン270°」。駅前、線路沿いにあります。

トタン建築は懐古と前衛を内包するアートだ!築古物件探索記(1)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

松戸市民会館プラネタリウム室

日本人女性2人目の宇宙飛行士・山崎直子さんが幼少期に通ったプラネタリウムに行ってきた!松戸市民会館プラネタリウム室(NAOKO SPACE PLANETARIUM)

松戸駅東口徒歩7分、松戸市民会館の4階にプラネタリウム 松戸駅東口から徒歩約7分、MAD Cityの一角にある松戸市民会館の4階には、ドーム直径8m、定員80名のプラネタリウム室があります。料金は、中学生までは無料、大人...more

戸定邸の庭園は通常は公開されていませんが、毎月10日・20日・30日の月3階には戸定邸入館者に開放されています。庭園から写真撮影や写生も楽しめます。

一般公開されている唯一の徳川家の住まい!国指定重要文化財「戸定邸」に行ってきた

松戸駅東口徒歩約10分、水戸藩最後の藩主・徳川昭武が建てた屋敷 松戸駅東口から徒歩約10分、MAD Cityの一角に「戸定邸(とじょうてい)」はあります。戸定邸は、水戸藩最後(11代)の藩主・徳川昭武(あきたけ)が建てた...more

MAD Cityの運営施設「いろどりマンション」では、ほぼ解体された3DKのお部屋をまるごと1室、共有ルームとして開放しています。

未来の不動産屋はどうなるか?(1)共有ルームの未来

MAD Cityの住民サポートサービス MAD Cityでは独自のビジョンを掲げ、入居者の自発性を高めることでアイデアやアクションを引き出す「人」による独自のまちづくりを行っています。 そこでMAD Cityでは住民の皆...more

松戸市ウェブサイト

松戸出身・ゆかりのある著名人にはどんな人がいるのか調べてみた

松戸市出身・ゆかりのある著名人 千葉県は実は、大勢の著名人の出身またはゆかりのある土地です。例えば、千葉県で最も人口の多い千葉市(約97万人)は人気アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀、女優の市原悦子、読売ジャイアンツ監督の...more

【駅前お散歩】松戸の公園を歩いてみよう

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing