> > 松崎宏史(株式会社StudioKura)トーク:アートで生きること

  • MAD City Gallery
  • TALK
  • アート・カルチャー
  • レジデンス
  • 地方
  • 起業

180314_松崎さん_カバーイメージ

松崎宏史(株式会社StudioKura)トーク:アートで生きること

場所:MAD City Gallery

イベント内容

松崎宏史(株式会社StudioKura)トーク:アートで生きること
開催日:2018年3月21日(水) 19:00~21:00
出演:松崎宏史(株式会社Studio Kura)、庄子渉(一般社団法人PAIR)、寺井元一(株式会社まちづクリエイティブ)
参加費:無料 (お茶・お菓子付)※持込自由
会場:MAD City Gallery
アクセス:千葉県松戸市本町6-8 (JR/新京成線松戸駅徒歩3分)
主催:まちづクリエイティブ
共催:一般社団法人PAIR
お問い合わせ:お問い合わせフォーム 

やりたいことを続けるために、必要な環境を自分でつくる

「糸島市から世界に文化発信」を合言葉に、年間100名以上の海外作家を招聘するアーティスト・イン・レジデンスプログラムと、美術教育事業として約20の拠点に加え年間1400回もの出張教室を展開している株式会社Studio Kura代表の松崎宏史さん。もともと松崎さん自身が海外のレジデンスを渡り歩いてきたアーティストであり、金勘定から縁遠いと思われがちなアートの事業化を実現している起業家でもあります。
やりたいことをやり続けるための環境を自ら作る、そんな松崎さんのこれまでの活動とこれからについて、みなさんと一緒にたっぷり伺っていけたらと思います。ぜひご参加ください!
・株式会社Studio Kura:https://studiokura.info/
・美の鼓動:https://www.tnc.co.jp/kodou/archives/kodou25.php
・M.E.A.R.L’s フィールドノート #01:http://mearl.org/fieldnotes-001/
 

プロフィール

松崎宏史 糸島 studio kura madcity

松崎宏史(株式会社Studio Kura)

1979年福岡県⽷島市⽣まれ。広島市⽴⼤学芸術学部油絵科 卒業後、ドイツハノーバー専科⼤ 学で学ぶ。美術家、株式会社StudioKura代表、国際芸術祭⽷島芸農実⾏委員⻑。2009年アートカンパニー Studio Kura Co., Ltd. を設⽴。⽷島から世界へ⽂化発信をモットーにアーティスト・イ ン・レジデンス、美術教育、美術作品制作事業を⼿がける。

shojiatmori

庄子渉(一般社団法人PAIR)

音楽家、アートコーディネーター/プロデューサー。1987年、仙台市出身。2010年、東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科卒業。専門はコンピュータ音楽/インプロヴィゼーション。在学中、音楽家や建築家とともに古民家を改装したアートスペース「おっとり舎」を立ち上げ、国内外のアーティストを迎えて様々な公演や展示の企画、制作を行う。2013年より、アーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」を立ち上げ、アーティストや行政、住民と協働しながら、地域資源を活かした創造的なまちづくり「暮らしの芸術都市」に取り組んでいる。

151030_寺井_プロフィール写真

寺井元一(株式会社まちづクリエイティブ)

1977年生まれ。2010年、クリエイティブパワーによる地方都市の活性・再生を実践すべく株式会社まちづクリエイティブ(http://machizu-creative.com/)を設立。自社のモデルケースとして千葉県・松戸駅前の極小エリアを「クリエイティブな自治区」にする、MAD Cityプロジェクトを開始。
現在ではMAD Cityのモデルをもとに、他地域でのエリアマネジメント支援なども展開。リノベーション、地域アートプロジェクト、クリエイティブシティ、空き家活用、住民コミュニティ支援、エリアブランディングなどを含んだ独自の知見を提供している。

関連記事

main

QWERTY 倉谷 卓「 時 代 考 証 / レ ト ロ / 女 学 生 」

松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。後日、展示映像もアップします。 尚、ギャラリーへお越しの場合は、入り口を開けた状態で換気をしてご覧ください。 *狭いスペースですので複数名での入場は控え、観覧中はドアを開けたままに…more

file main

アペルト12 安西剛 「ポリ-」

MAD Cityの入居者 安西剛さんのインスタレーションの展覧会が、金沢21世紀美術館にて開催されます。 アペルト12 安西剛 「ポリ-」 安西剛(1987年生まれ)は日用品、とりわけ安価で大量に出回っているプラスチック…more

main

《QWERTY VISION #06》生 塩 功 「 春 を 待 つ 」

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #05》高木美佑

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

松崎宏史(株式会社StudioKura)トーク:アートで生きること

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing