ホーム > 連載・コラム > 改装可能な物件に出会ったイラストレーター|古民家アパートの外壁に絵を描くイラストレーター・松岡マサタカ

  • MAD City 住民
  • MADマンション
  • アート・カルチャー

オレ・ゴーレムの子孫であるヒーレムの格好をしながら外壁を白く塗る松岡さん。

改装可能な物件に出会ったイラストレーター|古民家アパートの外壁に絵を描くイラストレーター・松岡マサタカ

古民家アパート

MAD City不動産では、賃貸なのに改装可能・現状回復不要という、変わったお部屋を取り扱っています「古民家アパート」もその内の一つで、古民家なのに賃貸アパートという異色の物件です。

古民家アパートは古く深みのある雰囲気が売りです。

古民家アパートは古く深みのある雰囲気が特徴です。

1階正面には2つのドアがあって、向かって左手の扉を開けると玄関スペースと2階につながる急勾配の階段が現れます(なお右手の扉は1階のお部屋の入口で、MAD Cityとは別の住民がいらっしゃいます)。1階に洗面所とトイレがあり。2階に6畳の和室がある物件です。そんな古民家アパートにアトリエを構えているのがイラストレーターの松岡マサタカさんです。

イラストレーター・松岡マサタカさん

1983年生まれ千葉県松戸市在住の松岡マサタカさんは現在、京都ロフトでシールやバッチを販売するイベントに参加されています。

京都ロフトでは松岡さんのシールやバッチが販売されています(2015年8月31日まで)。

京都ロフトでは松岡さんのシールやバッチが販売されています(2015年8月31日まで)。

それ以外でも、松岡さんがイラストを手掛ける「オレ・ゴーレム」は、なんともゆる可愛らしい感じが魅力のキャラクターです。

「オレ・ゴーレム」のアイテムがネットショップでたくさん販売されています。

「オレ・ゴーレム」のアイテムはネットショップでも販売されています。

オレ・ゴーレムはMADマンションへ一番初めに入居された篠田拓郎さんとのユニット作品です。

「オレ・ゴーレム」はイラストレーター松岡マサタカさんと自家焙煎コーヒー屋の篠田拓郎さんによるユニット。松岡マサタカさんは1983年生まれ千葉県在住のイラストレーターで、第182回ザ・チョイス(大貫卓也 審査)入選、新宿マルイEVE展、渋谷PARCOオスカル祭といったイベント及びグループ展を中心に活動。篠田拓郎さんは千葉県千葉市にて毎週火曜日だけ営業するコーヒーだけのお店、「純喫茶 火曜日のゴーレム」を経営。2013年に松岡さんにコーヒーのパッケージデザインを依頼したことがきっかけで「オレ・ゴーレム」というキャラクターが誕生し、2014年よりユニットとして本格的に活動を開始した。2014年10月には「オレ・ゴーレムのスタンプ」と「オレ・ゴーレムのスタンプ2」がLINEスタンプでリリースされている。
三鷹ユメノギャラリーで「誰?オレ・ゴーレム展」開催決定-真剣脱力な壁画やコーヒーなど

古民家アパートの外壁に絵を描くプロジェクトがスタート

最近、古民家アパートでは大家さん発案のもと、外壁を真っ白に塗って松岡さんがイラストを描くというプロジェクトがスタートしています。


この日、松岡さんが外壁を白く塗っているところをお邪魔してきました。

オレ・ゴーレムのキャラクターであるヒーレムが外壁を白く塗っています。

オレ・ゴーレムのキャラクターであるヒーレムが外壁を白く塗っています。

大家さん発案というこの外壁を塗るプロジェクト。ペンキなどはなんと大家さんが買ってくれたそうです。今回でほぼ白く塗り終えたので、次回からは具体的に絵を描いていかれるそうです。どんな絵が描かれるのか楽しみです。

白い外壁にこれからどんな絵が描かれるのか今から楽しみです。

白い外壁にこれからどんな絵が描かれるのか今から楽しみです。

松岡さんの多彩なお仕事の数々

松岡さんは個展を開いたり、若手注目バンドのバッチのイラストを描いたりと活躍なさっています。その一端をご紹介しておきます。

2015年7月17日〜29日まで行われた「新宿ロッキー展」。

2015年7月17日〜29日まで行われた「新宿ロッキー展」。

さらに、「恋する円盤」という若手注目バンドのグッズのイラストも手掛けています。

スクリーンショット 2015-08-06 23.11.34

「恋する円盤」という若手注目バンドのグッズのイラストを手掛けられています。

LINEスタンプも販売されています。

松岡さん制作のLINEスタンプ。

松岡さん制作のLINEスタンプ。

松岡さんのブログはこちら

松岡マサタカさんのブログ

松岡マサタカさんのブログ

松岡さんのネットショップはこちら

松岡マサタカさんのネットショップ。

松岡マサタカさんのネットショップ。

松岡さんのTwitterはこちら

MAD Cityが取り組む暮らしのサポート

千葉県松戸駅前のMAD Cityエリア内では、改装可能な賃貸物件・売買物件など個性的なお部屋をご案内するにあたり、本コラムのような「変わった物件」をご紹介しているほか、さまざまな住民向けのサポートを行っています。ぜひご覧になってください。

物件を探す
暮らしのサポート

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

MAD City

アート・音楽・パフォーマンス・建築・デザイン…松戸に集まるクリエイティブクラス|MAD City住民まとめ・その1

MAD City住民まとめ MAD Cityの各運営施設(拠点)を中心とした各物件には住居やアトリエを構えているアーティストやクリエイターの方が数多くいらっしゃいます。MAD Cityプロジェクトがスタートした2010年...more

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

パークヨガの様子

運動不足やストレス解消のためにヨガレッスンはいかがですか?ヨガインストラクター・田上敦子さんに聴くヨガのススメ

まずは告知「やさしいヨガin松戸」 2015年冬、土曜日の午前中にMAD City入居者である田上敦子さん主催によるヨガイベント「やさしいヨガin松戸」が開催されています。参加費は1,500円、場所はFANCLUBです。...more

ヘッダー画像

アナザー・ピース展 ~地元の小さなグラフィックの仕事。

※こちらはMAD City以外の主催者によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 (ほぼ)地元で作成したグラフィックの仕事を(ほぼ)全部、展示します。 会場はリノベーションした自分のオフィス(通...more

MADマンションの入居者は12組。デザイナー、フードコーディネーター、バリスタ、現代アーティスト、ダンサーなど、多様な住民が暮らしています(2014年10月現在)。

コミュニティを耕してアソシエーションを誘発する

コミュニティイベントの開催 MAD Cityでご案内している物件のうち、旧・原田米店やMADマンション、いろどりマンションなどには6〜12組といった大人数の住民が入居しています。賃貸なのに改装可能・原状回復不要という変わ...more

MADマンション

集合住宅の屋上でビアガーデン!? 『SUNDAY BEER GARDEN 秋』レポート

安全性の確保や、住民間の合意形成が難しいため、今では活用されることが少なくなってしまったマンションの屋上。MAD Cityではそういった、喪われつつあるコミュニティスペースの活用にも取り組んでいます。 MAD City不...more

改装可能な物件に出会ったイラストレーター|古民家アパートの外壁に絵を描くイラストレーター・松岡マサタカ

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing