> > MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

  • FANCLUB
  • MAD City
  • TALK

IMGP1769

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

場所:FANCLUB

イベント内容

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」
開催日:2014年6月26日(木) 19:30 OPEN / 20:00 START
講師:池田剛介
参加費:無料(※1ドリンクオーダーをお願いします)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:TEL:047-710-5861 MAIL:info(a)machizu-creative.com

この春に開校(?)した「MAD City大学教養学部」では、MAD Cityに関わるバラエティ豊かな講師陣をゲストにお迎えし、様々なテーマで教養を学ぶシリーズです。

第3回目となる今回のゲストは、池田剛介さん。松戸・MAD Cityにスタジオを構える現代美術の作家として活躍しながら、先日の台湾での立法院のデモの現場に立ち会ったうちの一人です。

太陽花(ヒマワリ)学運と呼ばれるこの台湾での社会運動は、学生たちが台湾の国会議事堂である立法院を占拠したことをきっかけに注目を集め、世論からの大きな支持に後押しされながら、やがて立法院の周辺を50万人もの人々が取り囲む、稀に見る大規模なデモにまで発展を遂げました。

天安門事件から25周年目の節目となる今月、デモの会場で池田さんが行なった発電デモの記録や立法院内部の貴重な写真を交えながら、今回の台湾での出来事をめぐって、そして社会やアートのあり方について多角的に考察します。これにあわせて池田さんが国立台湾美術館で発表した新作についても紹介いただく予定です。

プロフィール

nwuuajuh99yzwutf1fis

池田剛介

1980年生まれ。自然現象、生態系、エネルギーなどへの関心をめぐりながら制作活動を行う。近年の展示に「Tomorrow Comes Today」(国立台湾美術館、2014年)、「あいちトリエンナーレ2013」、「私をとりまく世界」(トーキョーワンダーサイト渋谷、2013年)な ど。近年の論考に「干渉性の美学へむけて」(『現代思想』2014年1月号)など。

関連記事

6

【中止】「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

7F3

トーク「まちの空間とミューラル・アート」

「まちの空間とミューラル・アート」 空間をいかに刺激のある場所にするか。公共空間、オフィス、商業施設、飲食店はもちろん、まちを人が生活する一つの空間として捉えたとき、景観はまちをデザインする大きな要素となります。景観にお…more

7F3

トーク「アフターコロナな商店会のみらい」

「アフターコロナな商店会のみらい」 イベント自粛や飲食店への時短要請など、苦しい状況が長期化する中、松戸駅前としては約20年ぶりとなる全長4mの小さな商店会が誕生しました。「Mism(エムイズム)」は、平均年齢40歳の若…more

7F3

トーク「アフターコロナなオフィスのかたち」

「アフターコロナなオフィスのかたち」 松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の拠点となる、2フロア制のイノベーション/コワーキング施設「松戸アソシエーションデザインセンター(M.A.D.center)」が駅…more

mcg21xoxo.flyer.7

Your Fate

mcg21xoxo主催 アーティスト:Hanna Umin の個展が開催中です。 ぜひお立ち寄りください。 詳細については主催者に直接お問い合わせください。 ※Web:mcg21xoxo.com ※Instagram:@…more

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing