> > MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

  • FANCLUB
  • MAD City
  • TALK

IMGP1769

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

場所:FANCLUB

イベント内容

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」
開催日:2014年6月26日(木) 19:30 OPEN / 20:00 START
講師:池田剛介
参加費:無料(※1ドリンクオーダーをお願いします)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:株式会社まちづクリエイティブ
お問い合わせ:TEL:047-710-5861 MAIL:info(a)machizu-creative.com

この春に開校(?)した「MAD City大学教養学部」では、MAD Cityに関わるバラエティ豊かな講師陣をゲストにお迎えし、様々なテーマで教養を学ぶシリーズです。

第3回目となる今回のゲストは、池田剛介さん。松戸・MAD Cityにスタジオを構える現代美術の作家として活躍しながら、先日の台湾での立法院のデモの現場に立ち会ったうちの一人です。

太陽花(ヒマワリ)学運と呼ばれるこの台湾での社会運動は、学生たちが台湾の国会議事堂である立法院を占拠したことをきっかけに注目を集め、世論からの大きな支持に後押しされながら、やがて立法院の周辺を50万人もの人々が取り囲む、稀に見る大規模なデモにまで発展を遂げました。

天安門事件から25周年目の節目となる今月、デモの会場で池田さんが行なった発電デモの記録や立法院内部の貴重な写真を交えながら、今回の台湾での出来事をめぐって、そして社会やアートのあり方について多角的に考察します。これにあわせて池田さんが国立台湾美術館で発表した新作についても紹介いただく予定です。

プロフィール

nwuuajuh99yzwutf1fis

池田剛介

1980年生まれ。自然現象、生態系、エネルギーなどへの関心をめぐりながら制作活動を行う。近年の展示に「Tomorrow Comes Today」(国立台湾美術館、2014年)、「あいちトリエンナーレ2013」、「私をとりまく世界」(トーキョーワンダーサイト渋谷、2013年)な ど。近年の論考に「干渉性の美学へむけて」(『現代思想』2014年1月号)など。

関連記事

7F3

起業/住まいセミナー

「声を聴く」をテーマに、生活に密着した仕事づくりを考える会を行います。「自立や起業」「居住支援」について、当事者だけでなくNPO職員、不動産関係者、大学教員など、関係する人々の声を伺います。多様で、考えの違い、意見の異な…more

7F3

M.A.D. Center ビジネス相談会

M.A.D. Centerでは、松戸市内で新たに起業創業しようとする方に向けたビジネス相談会を実施します。運営するまちづクリエイティブ社ならではの、エリアや地元資源を巻き込んだ手法や、あるいはクリエイティブや社会企業性を…more

7F3

M.A.D. Center ビジネス相談会

M.A.D. Centerでは、松戸市内で新たに起業創業しようとする方に向けたビジネス相談会を実施します。運営するまちづクリエイティブ社ならではの、エリアや地元資源を巻き込んだ手法や、あるいはクリエイティブや社会企業性を…more

原発を止めた裁判長1

原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち

MAD City入居者の吉野裕司さんが音楽を担当した、ドキュメンタリー映画 『原発をとめた裁判長 そして原発をとめる農家たち』が 2022年9月10日ポレポレ東中野で公開されました。 地震予知の不可能、原発施設の地震に対…more

309961285_1142824356332086_289468255171020388_n

第2回 大工の会

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 子どもがなりたい職業ランキングではいつも上位にいるのに、実際には若い世代の担い手が少なく、貴重だとされる「大工」。…more

MAD City大学教養学部「台湾立法院の占拠から考えるアートと社会」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing