ホーム > 連載・コラム > アトリエミルクルの記憶 後編

  • MAD City 住民
  • 古民家スタジオ 旧・原田米店

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アトリエミルクルの記憶 後編

※このコラムはMAD Cityの元入居者に寄稿いただいています。古民家スタジオ 旧・原田米店にて2014年の3月までアート教室アトリエミルクルを開校されていた、代表・鈴木美穂さんが、MAD Cityでの記憶を写真と共に振り返ります。

前編はこちらをご覧下さい。

松戸祭り ちんどんパレード

毎年秋に松戸駅界隈で開催されている松戸祭りにて、ちんどんパレードを披露しました。

着られなくなった服をアレンジし衣装を制作、楽器は使えなくなった鍋の蓋をシンバルに、バケツとラップの芯を使って太鼓に、缶や鈴も楽器にして様々な廃材の個性的な音が入り交じりカラフルで楽しいパレードとなりました。

2-2

ちんどんパレード終了後の集合写真

市民ギャラリーでの作品展

毎年、年度末の3月に一年間の集大成として作品展を開催しました。会場は松戸駅の東西連絡通路沿いの市民ギャラリー。個人の作品と共同制作を並べ、家族や友達だけではなく、地域の方々にも気軽にご覧いただけるオープンな場として利用させていただきました。

ご覧いただいた方から「明るく温かい気持ちになった」というような声もいただき、とても嬉しく思いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

松戸駅市民ギャラリー作品展

ミルクルマーケット

アトリエを会場にMAD Cityで活動する仲間と共に、手づくり市を開催しました。ハンドメイド雑貨をはじめ、無農薬野菜、自家焙煎コーヒー、焼き菓子、手づくり石鹸など充実したお店が並び、子どもから大人まで楽しく参加できる場となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アトリエを会場に手づくりの商品を販売。アイリッシュミュージックのライブも開催しました

夢が実現できる街

「こんなことしてみたいな」と呟くと、周りにいる仲間達が「いいねいいね!」と賛同し、手を貸してくれ、どうにか実現させようと一緒に考えてくれます。一人ではできない大きな夢も小さな希望も、MAD Cityでは「やってみようよ」と背中をポンと押してくれ、動くきっかけを与えてくれるのです。

「夢が実現できる街」というのは大げさかもしれませんが、夢を実現させようとする人が集まりチャレンジする姿をたくさん見かけることができます。壁にぶつかった時は相談できる機会や環境も周りにたくさんあります。勿論全てがうまくいくとは限らず、少なからず私もたくさん失敗したし、悔しい思いもしました。しかしそれが大きな経験となり自分の財産となりました。MAD Cityで過ごした3年間で、アトリエミルクルの基盤が出来上がったように思います。一人ではとてもじゃないけど出来なかったこと。支えてくださった仲間達や地域の方々、そして教室に通ってくれた子ども達や保護者の方々、イベントに参加していただいたお客様、たくさんの力を借りてつくりあげていくことが出来ました。

この培ってきた基盤を元に、今後は生まれ育った地元、千葉県市川市に拠点を移しアトリエミルクルの活動を続けていきます。また松戸市でも月に2回、松戸駅から徒歩5分の学童ルームにて教室を続けていきます。
これからもMAD Cityでどんな夢が実り育ち、そして羽ばたいていくのか楽しみです。かけがえのない時間をありがとうございました。

estate_bar_harada

著者プロフィール

プロフィール

SONY DSC

鈴木美穂

こどもアート教室アトリエミルクル代表。2011年7月〜2014年3月に旧・原田米店商家をアトリエにアート教室を開設。現在は市川市を拠点に活動中。“ひとりひとりのカラーを鮮やかに!”をモットーに子ども達の持っている才能を最大限に引き出す自由な表現の場をつくることを目指している。http://atelier-mirukuru.com/

関連記事

Exform-taipei_flame

アートと地域の共生についてのノート 台湾編 第1回

※このコラムはMAD Cityの入居者に寄稿いただいています。古民家スタジオ 旧・原田米店にアトリエを構える美術作家・池田剛介さんが、今さまざまな論議を呼んでいる「アート」と「地域」について語ります。 連載 「アートと地...more

P1080229_2

「古い椅子に新しい生命を」ヨーロッパの伝統技術を用いる女性職人――遠藤友嘉里さん(はり屋)

旧・原田米店の一角に、ヨーロッパの伝統的な技術を用いて椅子の張替えを行う若い職人の工房があります。遠藤さんは航空会社に勤務後、イタリア、次いでイギリスに渡り、憧れていたものづくりの世界へ飛び込みました。遠藤さんに、椅子張...more

冨澤志帆作品「黒い太陽」

「ドローイングは筋トレだ!」現代アーティスト・冨澤志帆が語るドローイング論

現代アーティスト・冨澤志帆のステイトメント MAD Cityの代表的物件の一つである古民家スタジオ 旧・原田米店に、現代アーティストの冨澤志帆さんがアトリエとして入居されて約1年半が経ちました。冨澤さんはドローイングとい...more

6099459667_ce82fef4d0_b

アトリエミルクルの記憶 前編

※このコラムはMAD Cityの元入居者に寄稿いただいています。古民家スタジオ 旧・原田米店にて2014年の3月までアート教室アトリエミルクルを開校されていた、代表・鈴木美穂さんが、MAD Cityでの記憶を写真と共に振...more

harada7

古民家スタジオ旧・原田米店アトリエトーク|池田剛介×大山エンリコイサム トーク

旧・原田米店から、入居アーティストの活動を発信していくシリーズ「旧・原田米店交流会」。 その第一弾のゲストとして、アーティストの池田剛介さんと大山エンリコイサムさんのお二人を迎え、 松戸へ来ることになったきっかけや、スタ...more

IMG_0868

「店舗を増やすよりも、お客さんと顔の見える関係を長く築く」――原田一紀さん(おこめと笑顔の店ハラダ)

MAD Cityに集う人たちのインタビュー企画「MAD City Person」。今回は、旧・原田米店のオーナー、原田一紀さんにお話を伺いました。(文・写真/猪鹿倉陽子) ■江戸時代には徳川家の御用商人だった ――原田米...more

アトリエミルクルの記憶 後編

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing