ホーム > 連載・コラム > ネクストダイクプロジェクト(木村建造×MAD City)

  • MAD City 住民
  • まちづくり
  • ローカルと起業

木村建造 CLT

ネクストダイクプロジェクト(木村建造×MAD City)

MAD Cityはローカルで新たな仕事をつくっています

MAD Cityではやりたいことを続け、できることを増やすために必要な環境を、自分たちでつくっていきたいと考えています。そこで、MAD Cityと関わりのあるクリエイターやアーティストのみなさんとともにMAD Cityエリアの資源を生かしながら、複数の分野を横断する新しい仕事づくりに取り組んでいます。

ネクストダイクプロジェクト

木村建造とMAD Cityは、未来の建築業界を担う次世代大工の研究・育成と大工職の社会的な意義を高める趣旨で、2019年から「ネクストダイクプロジェクト」を立ち上げました。現在、木造住宅をはじめとする建設現場ではプレカット化が進み、大工に必要とされてきた知識・技術力の低下や、職人の高齢化、若年層入職者の減少、労働環境の改善などが喫緊の課題として挙げられています(参照:国土交通省 建設業及び建設工事従事者の現状 )。

このような状況で、伝統的な大工技術を活かしながら、従来の枠にとらわれない柔軟な発想で新たな仕組みや工法を生み出す創造性と日々の研究の積み重ねが、今後の大工のために重要だと私たちは考えています。様々なことにチャレンジできる刺激的な職場づくりや、女性も活躍できる環境整備も合わせて取り組んでいきます。

木村建造について

木村建造は「ストーリーのある住まいづくり」をコンセプトに、新築戸建や店舗はもとより、ユニークな築古物件のリノベーションやオリジナル屋台などの実験的な仮設建築まで幅広い案件を手がける大工集団です。以前からもMAD Cityとの協働でDIY要素を取り入れた改装イベントの講師を務めたり、若手建築家とともに新たな木製モバイル屋台の開発を行ったり、可動式小屋の制作を担うなど、様々な取組を行っています。


また、代表の木村さんは日本の建築業界を変える新素材として注目を集め、木造高層ビルなどの建材として期待されているCLT(Cross Laminated Timber)の研究開発にも関わったメンバーで、CLT施工の第一人者であり、全国で2人しかいない林野庁認定講師の1人です。

CLT 大工 ダイク 松戸

CLTは森林資源の有効活用や環境に配慮した都市づくりなど多くの面で期待され、「夢の素材」とも言われています。


CLTの建設風景

CLTの建設風景

CLTとは?

一般社団法人日本CLT協会

「ダイクハウス」について/仕事付き物件の入居者募集!

MAD Cityは、ネクストダイクプロジェクトの拠点として集合住宅「ダイクハウス」の運営を行っています。こちらのお部屋は、木村建造で就業を想定している方を対象にした建築施工の実験場となっており、大工研修の一環として木村建造代表の木村さんからアドバイスやサポートを受けながら改装計画を立て、自らの手で木造アパートの改装を行うことができる物件です。(もちろん住むこともできます!)また、ネクストダイクプロジェクトでは、分野横断的な勉強会なども実施していく予定です。
ご興味のある方は以下募集ページからぜひご応募ください!

プロフィール

木村建造 CLT

木村光行/木村建造株式会社 代表取締役

1977年東京都江戸川区生まれ、建築専門学校卒業後、父の元で大工修行を経て2010年に木村建造株式会社代表になった大工家業3代目。
2011年木造工法のなかで最新技法の一つであるCLT工法を日本第1号で施工。千葉市およびMAD Cityにショールームを持ち戸建新築からDIYリノベーションまで多様な案件を取り扱い中。
http://kimurakenzo.com/

関連記事

N0A1034-1-1024x682

MAD City People #05|「Old Figaro Peoples + Bebop Bagel」店主 吉井昭雄(前編)

千葉県松戸市の松戸駅前で行われている、まちづくりプロジェクト「MAD City」。2010年のプロジェクト開始以来、半径500メートルのエリアの中で、150人以上のクリエイティブ層がショップやアトリエなど独自の活動を展開...more

N0A1034-1-1024x682

MAD City People #05|「Old Figaro Peoples + Bebop Bagel」店主 吉井昭雄(後編)

“無理やり”アナログカルチャーとの出会いを生む ー店名の「Old Figaro Peoples + Bebop Bagel」に込めた思いはありますか? 「Old Figaro Peoples」は、建物自体の総称みたいな感...more

0Q8C7817_1500-1024x683

MAD City People #04|ダンサー・ダンス講師 永井 美里(後編)

「みんなやっぱり忙しい」の壁 ーAAPAの活動について伺えますか? AAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)は、日常と地続きの舞台空間を企画するプロジェクトとして、上本が2004年にスタートし...more

0Q8C7817_1500-1024x683

MAD City People #04|ダンサー・ダンス講師 永井 美里(前編)

千葉県松戸市の松戸駅前で行われている、まちづくりプロジェクト「MAD City」。2010年のプロジェクト開始以来、半径500メートルのエリアの中で、150人以上のクリエイティブ層がショップやアトリエなど独自の活動を展開...more

takeshi_nishio_001-1024x818

MAD City People #03|空間デザイナー 西尾健史(後編)

ローコストの制約が生み出す新しい価値観 ーそれでは、空間デザインでは、どのようなお仕事を? 例えば、methodというバイヤーの方たちが“衝動買い”というコンセプトでやっていたイベント「CRAZY KIOSK」の第1回目...more

高崎経済大学の学生による空き家再生プロジェクト「0号館プロジェクト」のメンバーの方々。

【随時更新】地方でこそ生まれる先進事例!今アツい空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクトまとめ

地方発!空き家活用・再生による、まちづくりプロジェクト 全国の空き家数は約820万戸、空き家率は13.5%です。人口減少や高齢化、さらには新築中心の住宅政策などを背景に、今後も空き家は増加していくことが予測されています。...more

ネクストダイクプロジェクト(木村建造×MAD City)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing