ホーム > 連載・コラム > クレーン車×スズランテープ×いつもの公園=?!|西口公園プロジェクト

  • アート・カルチャー

utsumiS_315-3639

クレーン車×スズランテープ×いつもの公園=?!|西口公園プロジェクト

スズランテープが公園をジャック!

2013年3月16日(土)~20日(水・祝)に松戸駅前の西口公園にて「西口公園プロジェクト」が開催されました。

公園に現れる重機。どうなるんでしょうか。

スズランテープが結びつけてあります。

スズランテープ越しに見える風景。

下ではなにやら作業がおこなわれています。

大量のスズランテープを結びつけて…

つり上げていきます。

ざばー。

ずーっと上の方までつり上げました。

すごい量のスズランテープですね…

公園の一方では子どもたちが集まってなにやら始まっています。

大量のペットボトルを使って何かをするみたいですよ。

ペットボトルに絵や模様を描いていきます。

絵を描いたらペットボトルに水を入れて…

スズランテープに結びつけていきます。そう、これは子どもたちにプロジェクトに参加してもらうためのワークショップなんです。
こんな公園があったらいいな、という子どもたちのアイデアを描いてもらいました!

みんな熱心に参加してくれました。

ペットボトル以外にも公園の外周に結びつけていきます。

風が吹くとテープが大変なことに…!

でも子どもたちは楽しそうですね。

将棋をしているおじさんたちのところにもスズランテープが。

スズランテープの隙間がだんだんなくなってきました。いつもの風景じゃないみたいです。

日が暮れてライトアップされた西口公園。

ただのスズランテープ、といえばそうなのですがなにか不思議な雰囲気です。

みんなの実験の場として

この「西口公園プロジェクト」、アーティストの内海昭子さんを中心として企画が練られ、松戸まちづくり会議の事業「暮らしの芸術都市-松戸アートラインプロジェクト2012-」の一環として実施されました。

屋外のスペースを作品のために利用したいというアーティストの方はたくさんいらっしゃいます。一方、松戸まちづくり会議の「西口公園グループ」は何となく上手に使うことのできない大きな西口公園をもっと活用してまちのために活かしたいと考えていました。今回のプロジェクトはそんな松戸まちづくり会議が内海さんと一緒につくりあげた、いわば壮大な実験の場です。

公園ってみんなのもの、決まりを守ればだれでも自由に使うことができます。でもそこで大きなプロジェクトをしようとするとそれは自由に、というわけにはなかなかいきません。行政関係へ申請して許可をもらうなど様々な手続きが必要ですし、たぶんひとりの力じゃなかなか実現できないことじゃないでしょうか。

松戸まちづくり会議ではそういうめんどくさい…複雑な手続きをこなしつつ、もっともっとまちなかの色んな可能性に目を向けていこうと考えています。


過去にはこんな取り組みもしてみました。

2013年度も松戸まちづくり会議は活動を続けていきます。あなたのアイデアも実現可能かも!ご関心のある方はぜひお問い合わせくださいね。

開催概要

「西口公園プロジェクト」
日時:3月16日(土)~20日(水・祝)
会場:西口公園(松戸駅西口)
料金:無料
アーティスト:内海昭子
内容:スズランテープをつかったワークショップと作品の展示を行う。
※ワークショップは3/16(土)13:00~のみの開催となります

協賛:シーアイ化成株式会社
協力:日立建機日本株式会社
写真撮影:冨田了平

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

DSC03780

終わりなき改装 #1

株式会社まちづクリエイティブの本拠地である、千葉県松戸市。その駅前半径500メートル内の仮想自治区「MAD City」には、賃貸を行っている数多くの物件がある。 古かったり、作りが特殊だったり――いわゆるワケあり物件にも...more

トップ画像用

アートと地域の共生についてのノート 台湾編 第6回(最終回)

※このコラムはMAD Cityの入居者に寄稿いただいています。古民家スタジオ 旧・原田米店にアトリエを構えていた美術作家・池田剛介さんが、今さまざまな論議を呼んでいる「アート」と「地域」について語ります。 連載「アートと...more

3

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.5 女の子には内緒 2話目

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用した クリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの...more

DSC04048

終わりなき改装 #2

株式会社まちづクリエイティブの本拠地である、千葉県松戸市。その駅前半径500メートル内の仮想自治区「MAD City」には、賃貸を行っている数多くの物件がある。 古かったり、作りが特殊だったり――いわゆるワケあり物件にも...more

sdfadfadfa

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.12 AAPA vol.5

松戸駅前のパチンコ屋さんの上にある、元ラブホテルの跡地を活用したクリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」 ここに現在、ダンスユニット、藝術大学の研究室が滞在しています。 そんな彼らの日常を彼らの言葉で紹介...more

siteEyecatch

2017年MAD City忘年会リポート

MAD Cityのみなさんと忘年会を開催いたしました。   2017年の暮れ12月21日にMAD CityのみなさんとMAD City Galleryにて忘年会を開催いたしました。 新旧の入居者さんや各物件をま...more

クレーン車×スズランテープ×いつもの公園=?!|西口公園プロジェクト

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing