ホーム > 連載・コラム > 入居者もMAD Cityのスタッフとして働いてもらっています!MAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)へインタビュー

  • FANCLUB
  • MAD City 住民
  • PARADISE STUDIO
  • アート・カルチャー

スクリーンショット 2015-10-03 22.08.04

入居者もMAD Cityのスタッフとして働いてもらっています!MAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)へインタビュー

コワーキングバーのスタッフはMAD City住民

MAD Cityでは今年7月から、これまでのコワーキング/イベントスペースのFANCLUBをコワーキングバー/レンタルイベントスペースへとリニューアルして運営しています。会費3,240円/月(税込)で火曜日を除く平日は19:00〜23:00まで仕事終わりに飲みつつ、副業や起業のための仕事場として使用できるラウンジをご提供しています。

さてそんなコワーキングバーを運営している2名のスタッフはMAD Cityの入居者です。今回は9月からコワーキングバーのスタッフとして働き始めたMAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)に普段はどんな仕事や活動をされているのか、なぜコワーキングバーのスタッフとして働くことになったのか、などインタビューしてきました。

SYLIANRUE(ウェブサイト)
SYLIANRUE(Facebook)
SYLIANRUE(Twitter)
西川裕一(Facebook)

コワーキングバーのスタッフとして働く入居者の二人。左側が西川さんです。

コワーキングバーのスタッフとして働く入居者の二人。左側が西川さんです。

ウェブ制作業、グラフィックデザイナー、そして音楽プロジェクト「SYLIANRUE」

西川さんは現在、MAD Cityの代表的な物件の一つであるPARADISE STUDIOを拠点に居住・音楽制作をされています。昨年4月まで某テレビ局などでウェブ系のニュース記事を作成する仕事などをされてきたという西川さん。しかしウェブ制作業はあくまでも収入を得るためだそうで、ライフワークは音楽です。

昨年の4月から7月までの間はジャパンファウンデーションの招聘を受け、舞台と公演のためにインドへ行かれたそうです。舞台と公演終了後もインド放浪を続けた西川さん。たくさんの出会いや発見があったそうで、その土地や文化にあった音楽の魅力があることを再確認したと話してくれました。つまり、例えばロックンロールが1950年代半ばに現れたアメリカの大衆音楽スタイルであるように、その国や地域の土地や文化に合った音楽の魅力があるということを感じたそうです。

MAD City住民の音楽家、西川さんにインタビュー中。

A photo posted by MAD City (@madcity.jp) on

「日本人として生まれ日本で生活することと、創る音楽との関係にリアリティを感じたいというところから、たとえば四季の移り変わりや水墨画の滲みや掠れや余白の捉え方、和食の味付け味分け方などといった日本人特有の繊細な感覚に意識を置くような音楽をつくりたい」と西川さん。西川さんの楽曲はこちらから聴くことができます。

インド放浪後、帰国してからの居住・音楽制作の場所を探していた西川さん。現在もMAD City住民であるダンスパフォーマンスグループAAPA(アアパ/Away At Performing Arts)からの紹介がきっかけとなり、昨年10月からPARADISE STUDIOへの入居を決められます。そして同時に昨年からグラフィックデザイナーとしても活動をはじめるなど、仕事や音楽活動の幅を広げられています。

家賃の安さ、クリエイターの集積

これまでも楽器演奏可能な賃貸物件に住んでいたことがあったという西川さん。なぜMAD Cityの物件への入居を決めたのかを聞くと、「まずは家賃の安さ、あと楽器演奏可能な防音部屋、そしてクリエイターたちがたくさんいて、何か面白いことが起きそうだから」と話してくれました。

MAD Cityギャラリーにて西川さんにインタビューしました。

MAD Cityギャラリーにて西川さんにインタビューしました。

MAD Cityのイベント、入居者同士の交流、スタッフとのコミュニケーション

「人とのつながりが欲しかった」と西川さん。ふつうの不動産仲介・管理会社であれば物件を紹介して、あとは更新の時期まで連絡を取ることはないなんてよくある話です。しかしMAD Cityは違います。MAD Cityや入居者によるイベントやプロジェクトがたくさん生まれていて、入居者同士の交流やスタッフとのコミュニケーションも日常的に当たり前に行われています。不動産管理会社であるMAD City(厳密には株式会社まちづクリエイティブ)と入居者との距離が近いからこそ、西川さんがコミュニティスペースに興味を持っていることもMAD Cityスタッフは知っていて、コワーキングバーのスタッフを募集する際に、ピンポイントで西川さんに依頼することができたわけです。

SYLIANRUEのウェブサイト。

西川さんが主宰する音楽プロジェクト「SYLIANRUE」のウェブサイト。(画像引用元)

コワーキングバーは現在、会員募集中です

入居者でもあると同時にコワーキングバーのスタッフでもある西川さんは、コワーキングバーの今後について色々構想しています。例えばコワーキングバーのことをもっと色々な人に知ってもらうための施策や、MAD City住民同士の交流の活性化のアイデアなどたくさん話してくれました。

そんなコワーキングバーでは現在会員募集中です。まずはイベントにお気軽にお越しください。

コワーキングバーのイベントはこちら

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

bar_oldengland_l

松戸パーラー #1 【本・フリーペーパーの可能性】

このイベントは、MAD Cityのスタッフのサークル活動です。お気軽にお越しください! ※詳細は主催者に直接お問い合わせください。 松戸でアーティスト・クリエイターと気軽に飲める場をつくります MAD Cityプロジェク...more

松戸 コワーキング

コワーキングスタッフバー (ゲスト:庄子渉/PARADISE AIRディレクター、おっとり社 )

FANCLUBのコワーキングバーは平日の19~23時に営業し、月会費3,000円で毎日のビール1杯が無料になるバーです(火曜日を除く)。意見交換の場でもあり仕事場としても使え、飲みながら働くぐらいの、緩いコワーキングスペ...more

MAD City

アート・音楽・パフォーマンス・建築・デザイン…松戸に集まるクリエイティブクラス|MAD City住民まとめ・その1

MAD City住民まとめ MAD Cityの各運営施設(拠点)を中心とした各物件には住居やアトリエを構えているアーティストやクリエイターの方が数多くいらっしゃいます。MAD Cityプロジェクトがスタートした2010年...more

冨澤志帆作品「黒い太陽」

「ドローイングは筋トレだ!」現代アーティスト・冨澤志帆が語るドローイング論

現代アーティスト・冨澤志帆のステイトメント MAD Cityの代表的物件の一つである古民家スタジオ 旧・原田米店に、現代アーティストの冨澤志帆さんがアトリエとして入居されて約1年半が経ちました。冨澤さんはドローイングとい...more

01_KIM6174

AAPA連載 VOL.4「ほぐして、つなぐ。からだを動かすコラム」

※このコラムはMAD Cityの入居者に寄稿いただいています。(サムネイル写真/撮影者:木村雅章) 昨年の夏から2015年の1月まで、MAD Cityの運営施設FANCLUBで『ほぐして、つなぐ。からだを動かす時間』と題...more

15927002373_4ff912767d_b

地域へ開かれる場所へ…「NEW MAD PARADISE 前夜祭」トークレポート

松戸駅西口を出てすぐのパチンコ店「楽園」の上に存在する、MAD Cityの運営拠点「PARADISE STUDIO」。かつてはカップルホテルだったこのビルは浜友観光株式会社が所有し、3階までを店舗や事務所として営業してい...more

入居者もMAD Cityのスタッフとして働いてもらっています!MAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)へインタビュー

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing