> > ワンデーいろどりマンション

  • MADマンション
  • アート・カルチャー
  • いろどりマンション
  • 古民家スタジオ 旧・原田米店

ワンデーいろどりマンション

イベント内容

ワンデーいろどりマンション
開催日:12月16日(日)13:30~16:30
会場:

MAD City 不動産がお届けする改造・DIY可能なシェアハウス、いろどりマンション

シェアハウスや改造・DIY可能な物件はいくつかありますが、これらが両方セットになっているのが
この物件の個性的なところ。

シェアハウスの室内はこんな感じ。6帖1間です。もちろん改装OKです!

それだけでも、かなりレアですが、このマンションの何よりの魅力は各部屋に「色(テーマ)」を設定して募集するということ。おまけに各部屋で共有の部屋もあるということで、シェアハウスのなかにシェアハウスがあるという、なんだか嘘みたいな環境です。

例えばテーマ「DIY」。こちらは本当に建築好きの方向けです。 ※このお部屋はご契約済みです。

ほんっとうに嬉しいことに募集開始依頼、早くもお問合せを頂いておりますが、そこで多い声は
「面白そうなんですけど、他にどんな人が来るのですか」や「このテーマならどんなシェアハウスができるんだろう」といった質問。

そうですよね、そう思いますよね。。(反省)

ということで、今回はそんな入居前のお悩みを解決するためのイベントを開催します。

題して「ワンデーいろどりマンション」

1日限定のテーマを決定させて頂き、各部屋ではそのテーマに沿ったワークショップを開催致します。講師役には、これまた超個性派の改装自由なコミュニティマンション「MADマンション」や旧・原田米店の入居者などなど、MAD Cityのエリアで日常的に活動しているメンバーが揃います。

まずはMAD City公認ガイド行政さんによるMAD Cityツアー特別版を開催。

過去のMAD Cityツアーの様子。観光雑誌には載らない素敵な場所をご案内頂けます。

行政さんは初期からMAD Cityに関わるコアメンバーで自らもロクナナ団地というシェアハウスに暮らすいわば、MAD City&シェアハウスの先輩。MAD Cityの魅力も、シェアハウスの楽しさもそうでないところも、行政さんにご相談下さい。

ツアーを経てマンションに到着したら、各部屋でのテーマにそってワークショップを実施。ワークショップを通じてみんなでパーティの準備をし、最後は手作りのパーティを開催します。

例えばグリーンチームのみなさんでオーガニック料理をつくり、DIYチームのみなさんでテーブルをつくり、カメラチームのみなさんで街の魅力を撮影!パーティは街の魅力をプロジェクターに映しながら、DIYされたテーブルでオーガニック料理が並ぶなんてこともできるかもしれません。

例えばオーガニック料理を作ったり

※ワークショップはまだまだ企画中!どんな内容になるかはお楽しみに!

ツアーで街を知り、ワークショップでテーマを楽しみ、パーティで仲間をつくる。そんな1日を通じてMAD Cityという街、そしていろどりマンションの魅力を感じて頂ければと思います。

いろどりマンションはみなさんと一緒にコミュニティやテーマを彩る住まい。これを機会にいろどりマンションでの暮らしに触れてみませんか?

ワンデーいろどりマンション

いろどりマンションについて
詳細はこちら
日時:12月16日(日)13:30~16:30(OPEN13:00〜)
集合場所:松戸市本町7−9(松戸駅西口千葉銀行の隣です。)
地図:http://goo.gl/maps/21HdZ

料金:無料(パーティ代をみんなで割り勘!)

申し込み方法:ページ下のフォームよりお申し込みください。

プログラム
13:30~ MAD Cityのご紹介
13:40~ いろどりツアー(MAD City内を散策しながらマンションへ)
14:00~ マンション着/ワークショップ開催
16:00~ 振り返り
16:30~ 懇親会スタート!

ツアーアテンド
行政翔平

2011年1月~MAD City Projectに関わり始め、非公式な街・MAD Cityで唯一の公式なガイド。地域で生きる人の集うシェアハウス、ロクナナ団地の住人。MAD Cityの盟友、フェアトレード・オーガニックコーヒー屋SlowCoffeeのスタッフでもある。
TwitterID @izuppachi

ワークショップゲスト
テーマ「DIY」ゲスト役
西尾健史

桑沢デザイン研究所卒。設計事務所勤務を経て、DAYS.代表。
MAD Cityが運営する旧・原田米店にアトリエを構えて活動中。
「これからの暮らし方、及びそれを取り巻く状況全般を対象にデザインする」
をコンセプトに活動を続ける。

テーマ「カメラ」ゲスト役
新谷竹朗

隣人の顔の見えるハートフルな街を求めて松戸へ漂着。高砂通り酔いどれ祭りスタッフ。地域行事にどっぷり浸かる、まちの追っかけフォトグラファー。

テーマ「グリーン」ゲスト役 
神谷真央

戸定の丘の上、千葉大学園芸学研究科に通う大学院生。MAD Cityでは、gd松戸サポーターや
松戸まちづくり会議での道路活用グループで活動中。挨拶は「いぇいいぇい」
オススメの松戸スポットは戸定邸と市民会館にあるプラネタリウム。

※プログラムは予告なく変更になる場合がございます。
※当日の様子を撮影した写真等はWeb上で公開させて頂く場合がございます。
※会場には駐車場がありません。お越しの際は公共の交通機関をご利用ください。

関連記事

《QWERTY new normal #1》 k i k f i r e b o t t l e w o r k s「 – 視 街 知 (し が い ち ) – 二 丁 目 」

江戸時代、金町と松戸の間には水戸街道唯一の関所がありました。コロナにより、県をまたぐ移動が自粛になった時、江戸川という明確な境界をもつ松戸と東京の間には、再び関所のような存在が立ち現れた感覚がありました。 QWERTYで…more

松戸で浴衣のレンタル&着付け教室 Respirar(レスピラール)

松戸で浴衣のレンタルと着付けができる教室が開催されています。コロナウイルスの影響で今年は夏のイベントがもろもろ中止ですが、浴衣を着てふらっとまちの散策やランチ会なども素敵ですね。着付けをしてくれる講師の方は、MAD マン…more

QWERTY 倉谷 卓「 時 代 考 証 / レ ト ロ / 女 学 生 」

松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。後日、展示映像もアップします。 尚、ギャラリーへお越しの場合は、入り口を開けた状態で換気をしてご覧ください。 *狭いスペースですので複数名での入場は控え、観覧中はドアを開けたままに…more

アペルト12 安西剛 「ポリ-」

MAD Cityの入居者 安西剛さんのインスタレーションの展覧会が、金沢21世紀美術館にて開催されます。 アペルト12 安西剛 「ポリ-」 安西剛(1987年生まれ)は日用品、とりわけ安価で大量に出回っているプラスチック…more

《QWERTY VISION #06》生 塩 功 「 春 を 待 つ 」

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

ワンデーいろどりマンション

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing