> > 「古民家オープンスタジオ」

  • イベントレポート
  • 古民家スタジオ 旧・原田米店

openstudio_38-3727

「古民家オープンスタジオ」

イベント内容

「古民家オープンスタジオ」
会場:

2013年3月15日から17日に、古民家スタジオ「旧・原田米店」を開放するイベント「古民家オープンスタジオ」が開催されました。
「旧・原田米店」に入居するアーティスト、クリエイターのみなさんがそれぞれスタジオ公開に加えていろいろな企画をしてくださいました。

イベント概要

松戸駅から徒歩5分、巨大なマンションに囲まれポッカリと開けた敷地に残る、大正時代からの面影をたたえた古民家――もともとはお米屋さんだったこの場所を、現在12組のアーティストやクリエイターたちがシェアしながら活用しています。この度、このような私たちの日頃の作業場=スタジオをお披露目すべく、オープンスタジオを開催します。

アート作品やDIYによる実用品の制作、子供ためのアート教室や地域の観光案内まで、ここでは様々な活動が日々営まれています。今回、こうした私たちの多様な活動にじっくりと触れていただく機会として、敷地や作業場の公開をはじめ、室内での作品展示や、屋外でくつろいで頂けるスペースもご用意しています。ぜひお気軽にお立ち寄りください。

日時:2013/03/15(金)~3/17(日) 12:00〜18:00
会場:旧・原田米店
住所:千葉県松戸市松戸1874
入場料:無料
参加者:アトリエミルクル、阿部浩之、RE/ARUI、晏、安藤早織、池田剛介、石上瑠美子(松戸探検隊ひみつ堂)、内海昭子、大和田俊、四方謙一、冨中友恵、中込稔、永田康祐、西尾健史、三野綾子、森純平

プロフィール

アトリエミルクル|Atelier Mirukuru
2011年、旧・原田米店にて幼児、小学生を対象としたアート教室を開設。
「一人ひとりのカラーを鮮やかに」をモットーに、子ども達の持っている才能を最大限に引き出せる、自由な表現の場を作り上げていくことを目指している。
「ミル」はよく見て気づく、「ツクル」は気づいたことをカタチにする、「ミラクル」カタチがキセキをうみだすことをそれぞれ表現している。

阿部浩之|Abe Hiroyuki
1985年、栃木県生まれ。武蔵野美術大学大学院修了。
webデザイナー。数学的・自然科学的な世界の見方をもとにした作品を制作している。
最近は確率や集合について考えている。主なグループ展として「happy days」(2011年、switch point)など。

RE|Arui
クリエイター集団”未来世紀メキシコ”の一員であり、アパレルブランド5Wを展開しているペインター/デザイナー。
旧・原田米店内にアトリエを構え、洋服や広告などのグラフィックデザイン、イベントでのライブペイントなど精力的に活動している。
松戸での活動では、大多福ビル、寿センタービルへの壁画製作を担当した。
http://www.5wfzmx.com/
http://fzmx.blogspot.jp/

晏|An
2009年、東京藝術大学先端芸術表現科入学。言語愛者。
短篇小説や臨床小説、コズミックホラーの制作に取り組む。稀代の文法を志す。

安藤早織|Ando Saori
國學院大学文学部文学科卒業、京都造形芸術大学在学中。東京都生まれ、1997年より松戸市在住。
CG制作会社にてアミューズメントシステムのキャラクターやCG、TV映像の制作に携わった後、IT関連会社にてWEBサイト制作業務を経て2006年1月からフリーランス。
その傍ら、パペットや水彩などを扱ったアニメーションを制作している。

池田剛介|Ikeda Kosuke
1980年、福岡県生まれ。美術家。東京藝術大学大学院先端芸術表現専攻修了。自然現象やエネルギーへの関心に基づいて制作活動を行う。
震災以後、発電を軸にした被災地でのプロジェクトや他作家とのコラボレーションも展開している。
主な展示にMelbourne Art-Power Plant(RMIT大学 Project Space、メルボルン)、東京藝術発電所(東京藝術大学、東京)、堂島リバービエンナーレ2011(堂島リバーフォーラム、大阪)、松戸アートライン・プロジェクト2010(千葉)など。

石上瑠美子(松戸探検隊ひみつ堂)|Ishigami Rumiko
松戸の観光と文化の拠点として、水戸街道に面した一角を借り受け、昨年6月より「松戸探検隊ひみつ堂」として活動を開始。松戸の歴史や、見どころや味処を探検し、ご紹介する観光の拠点として、また様々な世代や活動の交流の場として、「松戸探検隊ひみつ堂」は活用されている。スタッフは松戸シティガイドを中心としたボランティア。営業時間は10時~17時、月曜日は休業日。

内海昭子|Utsumi Akiko
1979年兵庫県生まれ。東京芸術大学美術研究科後期博士課程在籍中。
映像の概念を空間に展開するインスタレーションを制作している。
主な展覧会に越後妻有アートトリエンナーレ2006/2009、黄金町バザール2012など。
その他展覧会、個展等多数。

大和田俊|Owada Shun
1985年、栃木県生まれ。東京芸術大学音楽環境創造科卒業、同学大学院先端芸術表現専攻修了。
現象としての音と、生物としてのヒトの知覚のあいだにあり得る可能性に関心をもちながら、インスタレーションや電子音響作品の制作を行っている。

四方謙一|Shikata Kenichi
1983年、京都生まれ。2007年、早稲田大学芸術学校建築設計科卒業。
在学時より野老朝雄氏に師事し、2010年から立体作品の制作を中心に美術活動をする傍ら、多数の室内空間のデザインも手がける。

冨中友恵|Tominaka Tomoe
1986年広島生まれ。各地を点々としたのち98年から松戸に住む。
現在、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻4年在籍。
透明なもの、古い写真などをモチーフに絵画を制作中。

中込稔|Nakagomi Minoru
アコースティックギターの制作や修理に取り組む。
専門学校、製作家主催の教室などでギター製作を学び、
2012年10月より旧・原田米店に作業場を借り、DIYによるギター製作を開始。

永田康祐|Nagata Kosuke
1990年愛知県生まれ。東京芸術大学卒業。同大学大学院修士課程在籍。[gh/e]デザイナ/エンジニア。
主な作品として、ArchitecturalCloud(2013年)、bio effector(2013年/大野茉莉ディレクション、エンジニアとして)、ロエベ展(2013年/藤本明ディレクション、[gh/e]デザイナ/エンジニアとして)など。

西尾健史|Nishio Takeshi
桑沢デザイン研究所卒業。設計事務所勤務を経て、DAYS.代表。
旧・原田米店にアトリエを構え、「これからの暮らし方、及びそれを取り巻く状況全般を対象にデザインする」をコンセプトに活動中。
最近はデザインだけでなく、まちのDIYやワークショップ等のような「共に考え、共に作る」活動も行っている。

三野綾子|Mino Ayako
2008年、武蔵野美術大学映像学科卒業。2012年から東京芸術大学先端芸術表現科修士課程在籍。
知覚と環境に関する生態学的アプローチから神秘主義的感覚にいたるまでを、ドローイングを用いたインスタレーション作品にすることを目指している。

森純平|Mori Jumpei
1985年、マレーシア生まれ。2011年、東京藝術大学大学院建築科卒業、
在学時より建築から時間を考え続け、舞台美術、展覧会、コンサート等状況を生み出す現場に身を置きつづける。
主な作品にalice(ナントビエンナーレ)、引戸庵、マイタワークラブ、おっとり社(http://ottr.li/)の企画運営など。
http://junpe1.com/

関連企画

MADlabo DAYS の「まちと育てる家具」

MADCi ty の中で家具を育ててみます。
家具とは何か考え、まちで必要な家具を考え、まちでの場所を考えるワークショップです。
第 1 回目の今回は 旧・原田米店内中庭に様々な椅子の種をまきます。まちや家具だけでなく、ものづくりに興味ある方の参加をお待ちしています。今後は、 「まちで育てる(バス停) 「公園で育てる(西口公園)」として行う予定です!

主宰:MADlab 森、DAYS 西尾
開催場所:旧・原田米店内中庭
開催日時:3/17(日)13:00~17:00頃
問合せ先:nishiotakeshi@gmail.com
参 加 費:1000円
募集している物:いらなくなった家具、木材
募集している場所:まちで座りたい場所

edogawa outdoor wedding展

edogawa outdoor weddingは「暮らしの芸術都市-松戸アートラインプロジェクト2012-」の一貫として松戸宿の重要拠点である江戸川河川敷という緑豊かな公共空間を利用して 2012年10月22日に開催されました。当プロジェクトで手作りしたさまざまなものやコマ撮り映像を展示します。また庭先に当日使用したテーブルや椅子を設置して outdoor weddingを再現する予定です。

主宰:安藤早織
開催場所:旧・原田米店内古民家1F
開催期間:3/15(金)~17(日)13:00~17:00
問合せ先:ando@annulus.jp

公園って何?

「これからの公園を考えるための練習課題」西口公園プロジェクト
利用者の少なくなってしまった西口公園を、誰もが気軽に利用できて楽しい空間にするための実験として、スズランテープをつかった作品の展示を行います。初日の3/16(土)13:00~はワークシショップも行いますので、誰でも自由に制作へ参加することができます。

アーティスト:内海昭子
開 催 場 所:西口公園(松戸駅西口)
開 催 期 間:3/16(土)~ 3/20(水・祝)(16日13:00よりワークショップ)
参加費:無 料
問合せ先:047-710-5861
主催:松戸まちづくり会議
事務局:松戸市、 株式会社まちづクリエイティブ
協賛:シーアイ化成株式会社
協力:日立建機日本株式会社

アトリエミルクル作品展~ FAMILY ~

「FAMILY」をテーマとした作品展!
子ども達の愛情がたっぷりつまった作品を、是非見に来てください。

主催:アトリエミルクル
開催場所:松戸駅東西連絡通路市民ギャラリー西側(改札を出て直進。JR の切符売り場を過ぎて右側。)
開催期間:3/15(金)~ 3/30(土)
入場無料 ※連絡通路沿いにあるのでいつでも見られます

関連記事

15046760026_81a4252b7b_k

【3/31 応募締切】古民家スタジオ 旧・原田米店(商家)※シェア使用可能

高層マンションが立ち並ぶなか、大正時代も平成の世にも佇まう奇跡的な古商家物件が発掘されました。老舗米屋として長らく使われていた建物で、松戸では知られた存在のその名も

32301811690_94b61da7c7_b

【3/31 応募締切】古民家スタジオ 旧・原田米店(N) ※シェア使用可能

旧・原田米店アトリエ、募集開始! MAD City不動産が一番最初に手がけた、MAD Cityのひとつの象徴でもある物件「古民家スタジオ 旧・原田米店」に空きスペースが出ます! 旧水戸街道沿いにある築100年超えのこの建…more

松戸 アトリエ 古民家

【3/10 応募締切】古民家スタジオ 旧・原田米店(K) ※シェア使用可能

当物件の向かいにある老舗米屋、「おこめのハラダ」の店舗として長らく使われ、今はアーティストやクリエイターのシェアアトリエとなっている築100年の古民家「旧・原田米店」。

マーケット 松戸

おこめのいえ手創り市 vol.14

関連コラム 「築100年の古民家の中庭はこう使われるようになった!」 「『おこめのいえ手創り市』ってどんなイベント?~手作り市の作り方~」 ※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直…more

スクリーンショット(2016-12-10 12.00.59)

【展示】Shu ISAKA | Spherical habitat(12/10~18)

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。 古民家スタジオ、旧・原田米店「MADLAB」にて、展示会を開催中です 展示概要: 2014年から2016年にかけて…more

「古民家オープンスタジオ」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing