ホーム > 連載・コラム > 「アルファベットを書くように建物を描く」PARADISE AIR ロングステイ・プログラム招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさんが松戸の街で描くアートとは?

  • MAD City 住民
  • MAD City 地域情報
  • PARADISE STUDIO
  • アート・カルチャー

PARADISE AIR LONG STAY PROGRAM 招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさん

「アルファベットを書くように建物を描く」PARADISE AIR ロングステイ・プログラム招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさんが松戸の街で描くアートとは?

世界55カ国129都市から合計251通の応募

千葉県にある東京のベッドタウン・松戸は海外からアーティストが訪れ、滞在し、アート作品が生まれる街に変わりつつあります。その大きな理由として、アーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」が企画運営しているプログラムにより、国内外からアーティストがたくさん松戸に集まっていることが挙げられます。これまでに、40名近いアーティストが松戸を訪れ、創作活動を展開してきました。

松戸駅西口徒歩2分、大通りに面した場所にあるパチンコスロット店「楽園」の4階にアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」があります。こちらの建物は元カップルホテルということで防音性に優れています。

松戸駅西口徒歩2分、大通りに面した場所にあるパチンコスロット店「楽園」の4階に、アーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」はあります。こちらの建物は元カップルホテルということで防音性に優れています。(画像引用元)

今年度で3回目となる「PARADISE AIR」のロングステイ・プログラムは、世界55カ国129都市から合計251通の応募がありました。その中から選出されたのは、ポルトガル出身のアーティストのヴァスコ・ムラオさんです。ヴァスコ・ムラオさんは2015年11月2日〜2016年1月29日までの約3ヶ月間、「PARADISE AIR」を拠点に様々な創作活動を展開しています。今回、ヴァスコ・ムラオさんにご自身の創作スタイルや、松戸での滞在制作の体験、なぜ都市をテーマに絵を描くのか、などについてお話を聴いてきました。

ヴァスコ・ムラオさんのInstagramから。都市の街並みや建物などを緻密に描いています。

ヴァスコ・ムラオさんのInstagramから。都市の街並みや建物などを緻密に描いています。(画像引用元)

ペンと紙と時間と音楽を使って創作する

ヴァスコ・ムラオさんは建築を学び、建築家として働いていましたが、今は緻密な絵を描くドローイングを専門としたアーティストとして活動中です。ご自身の創作スタイルについて聴くと、「ペンと紙と時間と音楽を使って創作する」と応えてくださいました。ペンと紙は創作には欠かせないものだとすぐ分かりますが、時間と音楽とは一体どういうことでしょうか。まず時間は、「1日に最大6時間くらいが創作にかける時間の一つの単位」とおっしゃるように、紙にペンで描く作業はとても長い時間がかかるものです。そのため長い時間が必要ということです。次に音楽は、そんな長時間、集中力を持続させるために必要になるということですね。例えば、スティーヴ・ライヒのようなミニマルミュージックが集中力を持続させるために良いそうです。

ヴァスコ・ムラオさんの紹介動画から。見るからに緻密な作品です。

ヴァスコ・ムラオさんの紹介動画から。見るからに緻密な作品です。(動画はこちらから

都市の風景から発想

ヴァスコ・ムラオさんの作品のインスピレーションは都市の風景から発想されます。なぜ都市をモチーフにしているのかというと、「都市は奥深く、誰とでも共有できて、人々の生活をそのまま反映するから」です。美術作品の制作でもイラストレーションの仕事でも、できる限り細かく密度の高いディテールを大事にしているそうです。

ヴァスコ・ムラオさんのウェブサイト。都市をモチーフに創作されていることがよくわかります。

ヴァスコ・ムラオさんのウェブサイト。都市をモチーフに創作されていることがよくわかります。(画像引用元)

松戸の人たち100人にインタビュー

松戸での滞在制作は(1)知る(2)描く(3)展示する、の3つのフェーズで進んでいきます。まずは(1)知るのフェーズです。ヴァスコ・ムラオさんの来日は今回のロングステイ・プログラムが2回目。松戸の街についての知識が無かったため、松戸に住む人や働く人などに街中で直接インタビューしていきます。街中とはカフェや道端、居酒屋さんなど至る所のことです。インタビューで尋ねる内容は「松戸で一番好きな場所とその理由」です。松戸全体の印象だけでなく、松戸に住み暮らし働く人たち個々人の視点を知ろうとされています。現在、96人にインタビューされたということで、目標の100人まであと少しです。インタビューで得た情報やお話からどんな作品が生まれるのか、今から楽しみです。

Also the printed interviews are starting fill the wall. 82 and counting! #Matsudo #paradiseair #artresidency #japan #mistermourao

vasco mourãoさん(@vascomourao)が投稿した写真 –

建物のスケールが急に変わる

ヴァスコ・ムラオさんが松戸で滞在制作し始めて1ヶ月半、松戸の街の面白さについてお聴きしてみると「松戸の街は高層マンションが建っていると思いきや、急に低層な住宅や店舗、駐車場などが現れる、スケールが急に変わる点が面白い」と応えてくださいました。松戸で仲良くなった方の誕生日会のあとに連れて行ってもらったとても狭い居酒屋さんや、周囲を高層マンションに囲まれた古民家など、松戸のお気に入りスポットを教えてくれました。(インタビューは12月中旬に行いました。)

古民家スタジオ旧・原田米店。古民家と高層マンションとのコントラストが印象的です。

古民家スタジオ旧・原田米店。古民家と高層マンションとのコントラストが印象的です。

まちに開かれたアーティスト・イン・レジデンス

松戸の街にすっかり溶け込んでいるヴァスコ・ムラオさん。しかし、アーティスト・イン・レジデンスのプログラムは世界中にたくさんあります。なぜ松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARADISE AIR」を選ばれたのでしょうか?それは「よくあるアーティスト・イン・レジデンスはアートの世界に閉じがち。PARADISE AIRの場合は松戸の街にアートが開かれていて、地元住民と一緒になって時間をかけて創作できることが魅力」とおっしゃってくれたように、地域コミュニティと密接な関係を有していることがポイントだそうです。

この日のインタビューは交流イベントの後の打ち上げ会場でお話を聴いてきました。街の人たちと一緒に飲んだり食べたり交流しながら創作出来るのが松戸のアーティスト・イン・レジデンスの良さです。

この日のインタビューは交流イベントの後の打ち上げ会場でお話を聴いてきました。PARADISE AIRのディレクター庄子さん(左)とヴァスコ・ムラオさん。

アルファベットを書くように建物を描く

ヴァスコ・ムラオさんはなぜ都市をモチーフにドローイング作品を描くようになったのかについて、「なぜだかわからないが、18歳までは馬の絵ばかり描いていた」、「大学で建築を知り、描く対象が馬から建物にスイッチした」と応えてくれました。ヴァスコ・ムラオさんにとっては元々絵を描く行為が日常だったようです。筆者のようなライターにとって文章を書くのが日常だとすれば、ヴァスコ・ムラオさんにとっては絵を描くのが日常なのかもしれません。例えば、港がアルファベットで言うA、窓がBのように。「アルファベットを書くように建物を描く」という言葉が印象的でした。

ヴァスコ・ムラオさんのブログ。都市や建物の絵がたくさん。

ヴァスコ・ムラオさんのブログ。都市や建物の絵がたくさん。(画像引用元)

幟(のぼり)がヒントに?!

現在、ヴァスコ・ムラオさんは発表に向けた作品を制作中です。松戸に滞在している中で、日本人なら当たり前で気づかないですが、お店の前などで良く見かける広告である”のぼり”が、とても面白いとおっしゃっていました。こうした発見は実際に滞在してまちで生活してみないと見えてこないことです。地元住民の人たちとのインタビューや松戸の街並み、滞在生活を通じて、どのような作品が生まれるのかワクワクします。制作発表は2016年1月末です。どのような作品が完成するか、ご期待ください!

PARADISE AIR(ウェブサイト)
ヴァスコ・ムラオさん(ウェブサイト)

また、松戸市文化ホール(松戸ビルヂング4階)内でヴァスコ・ムラオさんの公開制作が行われています松戸市文化ホールは月曜日、年末年始(12月29日から翌年1月3日まで)を除く日の午前10時から午後6時まで開館しています。是非、足を運んでみてはいかがでしょうか?

松戸市文化ホールで現在、公開制作中です!

松戸市文化ホールで現在、公開制作中です!(画像引用元)

estate_bar_paradice

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

スクリーンショット 2015-10-03 22.08.04

入居者もMAD Cityのスタッフとして働いてもらっています!MAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)へインタビュー

コワーキングバーのスタッフはMAD City住民 MAD Cityでは今年7月から、これまでのコワーキング/イベントスペースのFANCLUBをコワーキングバー/レンタルイベントスペースへとリニューアルして運営しています。...more

松戸の着付け教室Respirar

「女の寺子屋」をつくりたい!松戸駅前に新しく着付け教室「Respirar(レスピラール)」がオープン

松戸駅東口のレトロマンションに松戸の着付け教室「Respirar(レスピラール)」がオープン 先月、松戸駅から徒歩5分の所にあるMADマンションに着付け教室「Respirar(レスピラール)」がオープンしました。1日2時...more

松戸祭り20151004@松戸中央公園

子供たちの笑顔とダンスでまちを盛り上げる!松戸駅前に新しくダンススクール「Happy Smile Company☆」がオープン

松戸駅前にダンススタジオがオープン(松戸駅西口から徒歩5分) 松戸駅西口から徒歩5分の立地に、ダンススタジオがオープンしました。その名も「Happy Smile Company☆」。現在、生徒募集中です。3歳〜6歳の幼児...more

MAD City

アート・音楽・パフォーマンス・建築・デザイン…松戸に集まるクリエイティブクラス|MAD City住民まとめ・その1

MAD City住民まとめ MAD Cityの各運営施設(拠点)を中心とした各物件には住居やアトリエを構えているアーティストやクリエイターの方が数多くいらっしゃいます。MAD Cityプロジェクトがスタートした2010年...more

スクリーンショット 2015-12-12 10.22.12

自分で作る自分の靴の「ももはら靴工房」がオープン

革靴と革小物の「ももはら靴工房」 MAD Cityで取り扱っている物件は居住用以外にもアトリエやオフィス、店舗など多様な用途を取り揃えております。このたび、新たに「ももはら靴工房」がオープンしました!ももはら靴工房では、...more

bar_oldengland_l

松戸パーラー #1 【本・フリーペーパーの可能性】

このイベントは、MAD Cityのスタッフのサークル活動です。お気軽にお越しください! ※詳細は主催者に直接お問い合わせください。 松戸でアーティスト・クリエイターと気軽に飲める場をつくります MAD Cityプロジェク...more

「アルファベットを書くように建物を描く」PARADISE AIR ロングステイ・プログラム招聘アーティスト ヴァスコ・ムラオさんが松戸の街で描くアートとは?

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing