> > 《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美

  • ART
  • MAD City 住民
  • アート・カルチャー
  • 個展

main

《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美

場所:QWERTY

イベント内容

《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美
開催日: 4月29日(水)~5月7日(木)10:00~20:00
参加費:無料
会場:QWERTY
アクセス: 千葉県松戸市松戸1240-3 エクセル松戸 1F
お問い合わせ:広報担当 倉谷 qwm26m@gmail.com 

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました

現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置した街頭ディスプレイを使用した連続企画QWERTY VISION、第4弾として仲田絵美の2作品、「yosuga」と「home」を展示します。当展覧会は外出を余儀なくされているギャラリー近隣の方へ向けた街頭ディスプレイ、またwebによる 展示になります。詳細についてはこちら
*「yosuga」はギャラリー内ディスプレイ及びwebにて、「home」は街頭ディスプレイでご覧頂けます。

仲 田 絵 美 「 y o s u g a 」 「 h o m e 」

「yosuga」

「yosuga」

home01

「home」

 

プロフィール

no pic

仲 田 絵 美   N a k a t a E m i

1988年 茨城県生まれ
2011年 写真ワークショップ 松本美枝子のキワマリ荘の写真部 修了
受賞
第6回 写真「 1_WALL」 審査員奨励賞 /小林紀晴・姫野希美 選(順不同)
第7回 写真 「1_WALL」 グランプリ
展示
2011年 「幸せな子ども」 キワマリ荘の写真部 第一期修了展、水戸のキワマリ荘内 spaceAFA(茨城)
2012年 「美しい速度で」 第7回 写真「1_WALL」展、ガーディアン・ガーデン (東京)
2013年 「よすが」 第7回 写真「1_WALL」グランプリ受賞者個展、ガーディアン・ガーデン (東京)
2013年 「街なか展示『コーヒー&アート』 vol.2 仲田絵美」、水戸芸術館企画展、
trattoria blackbird / cafe PICO / Maruni Coffee / cafe zakka gallery MINERVA / cafe Arco-Iris(茨城)
2013年 「いつかみたいな 」仲田絵美 個展 第1期、水戸のキワマリ荘内 遊戯室+spaceAFA(茨城)
2014年 「いつかみたいな 」仲田絵美 個展 第2期、水戸のキワマリ荘内 spaceAFA(茨城)
2014年 「美しい速度で」『赤々舎から 本から 写真から』展、スパイラルガーデン(東京)
2014年 「奇跡を待ちながら」西根ナーレ2014、西根の家(山形)
2015年 「仲田絵美×赤々舎『写真集ができるまで』展」、OSAKA PHOTO WEEKS、Calo Bookshop & Cafe(大阪)
2015年 「あわい」仲田絵美 個展、OGU MAG (東京)
2015年 「よすが」、Juna21、新宿ニコンサロン(東京・大阪)
2015年 “The ephemeral moment”, LUMIX MEETS BEYOND 2020 BY JAPANESE PHOTOGRAPHERS #3 , YellowKorner (Paris)
2015年 「いつかみたいな」、アートいちはら2015秋、IAAES[旧里美小学校](千葉)
2017年 「よすが」、VOCA展2017 現代美術の展望─新しい平面の作家たち、上野の森美術館 (東京)
2017年 「光の屑/Trash of Light」、いちはらアート×ミックス2017、IAAES[旧里美小学校](千葉)
2017年 「鏡」、Story/History、Buff (茨城)
2017年 「なんでもない」、個展、Krautraum (東京)

関連記事

main

《QWERTY VISION #06》生 塩 功 「 春 を 待 つ 」

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #05》高木美佑

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 現在の社会状況を受け、ギャラリー内に設置…more

main

《QWERTY VISION #03》岡本明才/見元大祐

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 生活のため、外出しなければいけない人たち…more

93132839_281981146135103_1783680066689957888_n

《QWERTY VISION #02》

MAD Cityの入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。 生活のため、外出しなければいけない人たち…more

01-1

《QWERTY VISION #01》

MAD Cityの新入居者 倉谷卓さんを含む4名が2020年2月、松戸駅東口より徒歩2分の場所にある雑居ビルで元ゴミ捨て場という小さな空間アーティストランスペースを立ち上げました。お近くにお住まいの方はちろん、松戸にご用…more

《QWERTY VISION #04》仲 田 絵 美

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing