ホーム > 連載・コラム > 都会の近くの大自然!MAD Cityの川でカヤック体験をしよう

  • MAD City 地域情報

5490855315_27a071ab70

都会の近くの大自然!MAD Cityの川でカヤック体験をしよう


By MOs810 (Own work) [CC-BY-SA-3.0], via Wikimedia Commons from Wikimedia Commons
どっかーん!カヤックです。ぽかぽか陽気で自然の中、風がそよそよ、穏やかに流れる川…うつらうつらしてしまいそうですね…

さて、最初からでかでかと写真をご覧になっていただきましたが、こんな川でのカヤックツアー、素敵です。ご体験なさったことはあるでしょうか。
私のイメージでは、川カヤックというと北海道の湿原とか、長野の渓流とか、そんな感じでした。もしくはアメリカ大陸の大自然とかイギリスのナローボートと一緒にとか…とてもじゃないけれども関東(もしくは近畿でもいいのですが)の都市部の川でカヤックが体験できるとか、ましてはこんな素敵な風景に出会えるとかは、あんまり考えたことがありませんでした。都市部にお住まいのみなさんは割とそうなんじゃないでしょうか。
そこで、そんな皆さんにこんな画像をご紹介したいと思います。


じゃじゃーん!
あれこれカヤックじゃなくてカナディアンカヌーじゃん…という突っ込みはあるかと思いますが、まあそれはいったん置いておいていただきましょう。この写真はたまたまカナディアンカヌー体験のときのものですが、もちろんこの川ではカヤック体験もできます。なかなかの風景じゃありませんか?

じつはこれ、MAD Cityにある川なんです。そう、何を隠そう松戸駅から徒歩10分の江戸川。都心から電車で30分のMAD Cityでこんな広大な風景に出会えてかつ川カヤック体験もできるなんて、MAD Cityプロジェクトにかかわるまでは知り得ないことでした。


ほら、向こう岸に三郷が見えます。これでこの川がMAD Cityにあるというのがどうやらほんとらしいということがわかりますよね。

ここまで川カヤック自慢をされるとカヤック、やりたくなってきませんか?川遊びとか初心者だしカヤックだってもちろんもっていないし…そんな方でもMAD Cityに来るだけで川カヤックを楽しんでいただける方法をご紹介します!

松戸市カヌー協会の初心者講習会に参加する

松戸市「カヌー」協会という名前ですが、カヤックの協会です。実は松戸には江戸川で開催される「松戸市長杯」というカヤックの大会があって、カヤックはそれなりの競技人口がいたりします。

これが松戸市長杯の様子です。カヤックだらけですごいですねー。
(画像はhttp://www.geocities.jp/techno_3989/photo42.htmlからお借りしました)

この松戸市カヌー協会、定期的に初心者講習会(いわゆる体験会ですね)を開催していらっしゃいます。WEBには最新情報があまり載っていないので直接お問い合わせいただくのがいいのかもしれません。
http://www.matsudo-canoe.com/

■松戸市カヌー協会にオーダーメイドで体験会をしてもらう

実はこんな裏技もあります。オーダーメイド体験会に関しては、MAD Cityトラベルを主催している行政さんが詳しかったりしますよ…MAD Cityトラベルに参加してみるといいこと教えてもらえるかも。というのはここだけの内緒話です。

ちなみに、船底が平たいカナディアンカヌーに比べてカヤックは波にあおられやすく、転覆することもあります。濡れてもいい格好、濡れたときの着替えはもちろん、滑りにくい靴やライフジャケットの準備も大切ですね。松戸市カヌー協会では体験会の時にライフジャケットなどの貸出もしてくれますし、川の事故や注意点も教えてくれます。

なんだかんだとご紹介しましたが、とりあえず、カヤックを始めてみるなら遠くの観光地ではなくて近くのMAD City!!これだけは胸を張ってオススメできます。間違いないです。ぜひ江戸川でのカヤック、体験しにいらっしゃってください。

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

屋根も外壁も庇もトタンな「トタン270°」。駅前、線路沿いにあります。

トタン建築は懐古と前衛を内包するアートだ!築古物件探索記(1)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

松戸市民会館プラネタリウム室

日本人女性2人目の宇宙飛行士・山崎直子さんが幼少期に通ったプラネタリウムに行ってきた!松戸市民会館プラネタリウム室(NAOKO SPACE PLANETARIUM)

松戸駅東口徒歩7分、松戸市民会館の4階にプラネタリウム 松戸駅東口から徒歩約7分、MAD Cityの一角にある松戸市民会館の4階には、ドーム直径8m、定員80名のプラネタリウム室があります。料金は、中学生までは無料、大人...more

戸定邸の庭園は通常は公開されていませんが、毎月10日・20日・30日の月3階には戸定邸入館者に開放されています。庭園から写真撮影や写生も楽しめます。

一般公開されている唯一の徳川家の住まい!国指定重要文化財「戸定邸」に行ってきた

松戸駅東口徒歩約10分、水戸藩最後の藩主・徳川昭武が建てた屋敷 松戸駅東口から徒歩約10分、MAD Cityの一角に「戸定邸(とじょうてい)」はあります。戸定邸は、水戸藩最後(11代)の藩主・徳川昭武(あきたけ)が建てた...more

青空に映える薄緑色の外壁トタン。しかも土手沿いという好立地。

まだあります、天然の現代アート・トタン建築!築古物件探索記(2)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

住宅街の中で見つけた3色のトタン外壁が鮮やかな「トリコロールハウス」。

まだまだありますMAD Cityのトタン建築!築古物件探索記(3)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

MAD Cityの運営施設「いろどりマンション」では、ほぼ解体された3DKのお部屋をまるごと1室、共有ルームとして開放しています。

未来の不動産屋はどうなるか?(1)共有ルームの未来

MAD Cityの住民サポートサービス MAD Cityでは独自のビジョンを掲げ、入居者の自発性を高めることでアイデアやアクションを引き出す「人」による独自のまちづくりを行っています。 そこでMAD Cityでは住民の皆...more

都会の近くの大自然!MAD Cityの川でカヤック体験をしよう

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing