ホーム > 連載・コラム > 松戸のまちづくりと場づくりを考えた!「地域再生の失敗学」を題材に、松戸を面白いまちにするアイデアトークイベントを開催(後編)

  • ローカルと起業

地域再生の失敗学をテーマに松戸のまちづくりを考えるアイデアトークイベントを開催

松戸のまちづくりと場づくりを考えた!「地域再生の失敗学」を題材に、松戸を面白いまちにするアイデアトークイベントを開催(後編)

前編はこちら

中編はこちら

人と人が刺激を与え合い繋がるための場づくり

アイデアトークの二つ目のテーマは「人と人が刺激を与え合い繋がるための場づくり」です。一人でインターネットなどで情報収集するのもいいですが、新しいアイデアが生まれたり、多彩な情報を得るためには、フェイス・トゥ・フェイスのインタラクションが重要です。インターネットが普及した現代に、直接顔を合わせることの重要性を説いているわけですが、地域再生の失敗学の本の中で紹介されていた「トランザクティブ・メモリー」という概念が、このことを裏付けています。

つまり、組織の持っている知識の総量を高めるためには、個々人が同じことをたくさん知っているよりも、個々人がバラバラに学習したことや得意分野を持ち寄り、お互いに「誰が何を知っているか」を知っていることのほうが有効という考え方です。

トランザクティブ・メモリーは、組織のメンバーが「what」よりも、「who knows what(誰が何を知っているか)」を記憶・共有している状態に重きを置く考え方です。

トランザクティブ・メモリーは、組織のメンバーが「what」よりも、「who knows what(誰が何を知っているか)」を記憶・共有している状態に重きを置く考え方です。(画像引用元)

トランザクティブ・メモリーを築くために

アイデアトークではこの「トランザクティブ・メモリー」を築くために、どういった場づくりが必要かが議論されました。人と人との創発が生まれる余白のあるスペースだったり、まちづくりのネットワークの中核となる人(や事業者)の存在が重要だという意見が出ました。

  • コワーキングスペースや人を集めるおしゃれなカフェ、無線LANがあってパーティーも開けるバー、河川敷でバーベキュー、など
  • 松戸は不動産関係で面白い人たちが多くいて、イベントなどに誘ってくれたのがきっかけで、まちを知っていくことができた

居場所が無いから若者はまちから出ていく

20代中盤の女性からは、松戸のまちに同年代と知り合えるようなコミュニティが見つからない、という意見がありました。確かに上の世代は、仕事帰りに一杯なんていう仲間がまちに居たりする気がします。他には、居場所が無いから若者はまちから出ていく、というストレートな意見もありました。

  • 20代中盤の人同士が知り合うリアルなコミュニティが無い、または、どこにあるのかわからない
  • 少し上の世代は、子育てがある程度落ち着いてきて一緒に食事や、仕事帰りにちょっと一杯、なんていう光景を良く見かける
  • そもそも交流を求めて松戸に住んでいる20代は少ないのでは
  • まちに居場所が無いから若者は、居場所のありそうな東京に出ていく

隠居のススメ

居場所が無いから若者はまちを出ていくと発言した男性は、年配の方は隠居したほうがいい、と提言します。商売の責任やお金や権限、場所を若者に渡し、隠居してから新しいことをすればいいのに、というご意見でした。

確かに、まちの新陳代謝を図るうえで、新しい人たちが入ってくるということはとても重要です。例えば、商店街の空き店舗や空き家などの所有者は年配の方はが大半です。空き店舗や空き家にしておくくらいなら、まちの将来を見据えて、生きの良い若い商店主を招き入れるなど、そんな動きを期待したいです。

後半は皆さんフィッシュボウル方式に慣れてきた様子でした。

後半は皆さんフィッシュボウル方式に慣れてきた様子でした。

次回のアイデアトークは9月11日(日)を予定しています

MAD Cityプロボノチーム主催で行った今回のイベントは、いかがでしたでしょうか?今回のような松戸のまちづくりを皆さんで考える場こそ、まちづくり的には一つのコンテンツだし、トランザクティブ・メモリーを築くうえで、きっかけにもなると思います。次回のアイデアトークは2016年9月11日(日)の午後を予定しています。テーマは「シティプロモーションとシビックプライドと松戸のまちづくり(仮)」です。また皆さんと楽しく議論が出来たらと思いますのでお楽しみに!

次回の開催情報は後日こちらのイベントページで告知させていただきます!
(2016/07/25)

著者プロフィール

funahashi taku

funahashi taku

空き家を魅力的な「まちのコンテンツ」に生まれ変わらせたり、社会的課題解決のツールとして活用したい、そんな観点から書いているブログ「空き家グッド」を運営しています。2015年6月からはMAD Cityのウェブメディア「madcity.jp」に記事をちょくちょく寄稿しています。
http://akiya123.hatenablog.com/

関連記事

地域再生の失敗学をテーマに松戸のまちづくりを考えるアイデアトークイベントを開催

松戸のまちづくりと場づくりを考えた!「地域再生の失敗学」を題材に、松戸を面白いまちにするアイデアトークイベントを開催(前編)

これまでの地域再生施策の失敗から学び、将来を考える 「活性化か消滅か」ではない選択肢を ゆるキャラとB級グルメは無駄 ここにしかない魅力を徹底的に磨け! 「人口減」前提のプランを立てよ こちら、今年4月に刊行された新書「...more

地域再生の失敗学をテーマに松戸のまちづくりを考えるアイデアトークイベントを開催

松戸のまちづくりと場づくりを考えた!「地域再生の失敗学」を題材に、松戸を面白いまちにするアイデアトークイベントを開催(中編)

前編はこちら 松戸を面白いまちにするアイデアトーク イベント後半は、参加者全員が対話を深めつつ、その内容を共有するために「フィッシュボウル」方式でアイデアトークを行いました。生まれも育ちも現在の住所も松戸の方から、都内在...more

空き家活用

空き家活用プロジェクト「どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか」

空き家活用プロジェクト 先日、「空き家をつかったみんなの居場所づくり展」というイベントが開催されました。舞台となった空き家は、オーナーさんの「そのまま空き家にしておくのは勿体ない」「地域のために活用してもらいたい」という...more

31270837784_9c573b3f96_k

【イベントレポート】MAD Cityで考える vol.01

【イベントレポート】MAD Cityで考える vol.01 2017年4月22日、MAD City Galleryにて「MAD Cityで考える vol.01」を開催しました。 ※イベント開催概要はこちら この日、ここで...more

5476066222_662d8f8db0

【脱東京ゼミ2】-東京/地方で仕事をつくる- 第2回

「脱東京ゼミ2」第2回のゲストは、大学卒業後の約20年で30回近い拠点移動をしてきたという豊嶋秀樹さん。デザイン、カフェ運営、家具などプロダクト制作、イベント企画などで知られる異色のクリエイター集団「graff」創設のい...more

datsurogo-200px

【脱東京ゼミ2】-東京/地方で仕事をつくる-

ヒト・モノ・カネ、が集まる東京。長らく、クリエイティブな人材は田舎から上京するものでした。しかし昨今、むしろ都内から地方に拠点を見出すクリエイターやアーティストが増えています。 このムーブメントを、私たちは「脱東京」と呼...more

松戸のまちづくりと場づくりを考えた!「地域再生の失敗学」を題材に、松戸を面白いまちにするアイデアトークイベントを開催(後編)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing