ホーム > 連載・コラム > 【お店紹介】MAD Cityのおすすめカフェ「カルガモコーヒー」

  • MAD City 地域情報

7

【お店紹介】MAD Cityのおすすめカフェ「カルガモコーヒー」

今回遊びに来たのは、MAD City Galleryからも歩いてすぐのカフェ。
松戸駅を背にして本町交差点を右に曲がるとすぐ、左手にかわいらしいカモと「karugamo coffee」のロゴが2階の窓に描かれているビルがあります。

この黒板が目印です。

この黒板が目印です。

お店は外階段を上って入ります。
階段を上っているとき、カシャ、カシャ、カシャ、というマラカスのようなリズムの良い音が聞こえるかもしれません。
なんの音だと思いますか…?

階段を上ったところ。

階段を上ったところ。

答えはこちら。といってもわかりにくいかもしれませんね。
お皿に入っているベージュっぽい、白っぽいものは焙煎する前の生のコーヒー豆です。
さっきのカシャ、カシャという音、それは実は焙煎機の音。
カルガモコーヒーさんでは毎日何かしらのコーヒー豆を焙煎しています。
いつでも新鮮なおいしいコーヒーが飲める秘密は自家焙煎にありました。

この日いただいたのは2月のスペシャリティコーヒー。

この日いただいたのは2月のスペシャリティコーヒー。

コーヒーはすべて北欧のヴィンテージカップで提供していただきます。
今日はどのカップかな…といつも密かに楽しみにしています。

ちょこっと飾られた雑貨に暖かみを感じます。

ちょこっと飾られた雑貨はもと雑貨屋さんの奥さまのセレクト。

白とグリーンが基調となった店内は、店主の中城さんご夫妻がご自分で内装されたそう。
「これからもちょっとずつ手を入れていきたいです」とおっしゃっていました。

コーヒーの焙煎についても良く分かる黒板メニュー。

コーヒーの焙煎についても良く分かる黒板メニュー。

そんなカルガモコーヒーさんにおすすめメニューについて伺ってみました!
まずはコーヒー。お店の名前を冠した「かるがもブレンド」をはじめとしてコーヒーの銘柄はたくさんあります。
その中でも月替わりでメニューが変わるスペシャリティコーヒーがおすすめ。スペシャリティコーヒーは簡単に言うととても品質の高いコーヒー豆のこと。しかもコーヒーは1杯までおかわりができるんです。違う銘柄のコーヒーをお願いして飲み比べすることもできますよ。

コーヒー豆が瓶に入って並んでいるのもなんだかかわいらしいです。

コーヒー豆が瓶に入って並んでいるのもなんだかかわいらしいです。

コーヒー豆は100グラムから量り売りしてもらうこともできます。毎日おいしいコーヒーがおうちで飲めるのでおすすめです。

今の季節にぴったりな春らしいシェイクです。

今の季節にぴったりな春らしいシェイクです。

コーヒーの専門店なのでそのほかの飲み物はあまりないかな…と思いきやあるんです。
特におすすめなのがイチゴミルクシェイク。生の苺とミルクの他にバニラアイスも使用しているのでフルーティーなだけでなくとっても濃厚です。

デザートのお皿も素敵です。

デザートのお皿も素敵です。

デザートでおすすめなのがチーズケーキ。デザートはお得なデザートセットもありますよ。

さくっさくのトーストはぜひ一度は食べてみてほしいおいしさ。

さくっさくのトーストはぜひ一度は食べてみてほしいおいしさ。

ごはんでは野菜たっぷりハムチーズサンドが人気だそうです。サンドウィッチにももちろんドリンクセットが。
このほか、午前中はモーニングセット、平日のお昼はランチセット(数量限定)もあります。どの時間帯に行っても満足できるメニューのラインナップ、さすがです。

カフェに自分の好きな本やCDがあると嬉しくなります。

カフェに自分の好きな本やCDがあると嬉しくなります。

店内にはいつも居心地のいい音楽が流れています。棚にはたくさんのCDがあって、お店の雰囲気作りを考え抜いていらっしゃるのが伺えます。
本のセレクトもカルチャー系からなつかしい絵本までいろいろあって楽しい。よく見るとDIYの本もあって、カルガモコーヒーさんのインテリアのヒントが盗めるかも。

おいしいコーヒーがお手頃価格で、しかもたくさんの種類が飲めるカルガモコーヒーさん。さぞかしたくさんのこだわりをお持ちなんだろう…と店主の中城さんにうかがったところ、以外とあっさりとしたお返事が返ってきました。

「毎日ちょっとずつ自家焙煎したコーヒーをネルドリップでお出しする。カップは北欧のヴィンテージで。それがモットーです」

コーヒーってたくさん種類があって難しい…と感じること、ありませんか?そういう方はカルガモコーヒーさんで自分の好きなコーヒーを探してみるといいかもしれません。どの銘柄がどういう味なのかな?と思ったらぜひ質問してみてください。とっても丁寧に説明してくれて、おいしいコーヒーを淹れてくれること間違いなしです。

著者プロフィール

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香/まちづクリエイティブ

赤星友香
フリーランスのクロシェター・ライター。編み物のパターンを作りながら、文章を書く仕事をしています。心から納得できる仕事をしようとしている人たち、自分や周りの人にとってより暮らしやすい環境を作ろうとしている人たち、小さくてもおもしろいことを自分で作って発信している人たちを言葉にして伝えることで応援したいと思っています。

まちづクリエイティブ
「つづく世界をつくる。」を掲げて活動するまちづくり会社。MAD Cityプロジェクトを運営しています。

関連記事

空き家活用

空き家活用プロジェクト「どうすれば松戸でいいお店が生まれるのか」

空き家活用プロジェクト 先日、「空き家をつかったみんなの居場所づくり展」というイベントが開催されました。舞台となった空き家は、オーナーさんの「そのまま空き家にしておくのは勿体ない」「地域のために活用してもらいたい」という...more

旧水戸街道沿いにある4階建てのペンシルビル「マルタ屋」。現在は空き家状態の様子です。

ペンシルビルは日本オリジナルな建築様式だ!築古物件探索記(5)

※このコラムはMAD Cityエリア内で見つけた個性的な建物をご紹介する連載です。 連載「築古物件探索記」 築古物件万歳 歩いていてワクワクするようなまちってどんなまちでしょうか?同じようなデザインの建売住宅やマンション...more

ヴァスコ・ムラオが描いた「松戸感覚」

松戸のまちが一枚の線画に!松戸市民が一番好きな場所を探してみましょう「ヴァスコ・ムラオ作品展示&滞在報告会レポート」(後編)

前編はこちらをご覧ください。 ヴァスコ・ムラオの線画を読み解く 黒いペン、紙、時間だけを使って、都市の街並や建築物を描くポルトガル出身のアーティスト、ヴァスコ・ムラオさんが、松戸のアーティスト・イン・レジデンス「PARA...more

title

夜の散歩をしないかね。(夜のMAD Cityを歩いてみた)

夜の松戸をただただ歩いてみる。   午前0時すぎ、終電まであと少し。 酔っ払いながらホームへと急ぐ人たち。 そして最終列車が行った。 夜は始まったばかり。 居残る人たち。(暗く映ってますが右奥に人がいます) 学...more

DMM.make AKIBAのウェブサイトより

想像したものは作れる!メイカーズムーブメントの現場「工作室アルタイル」

メイカーズムーブメント 近年、メイカーズムーブメントの波が日本にもやって来ています。よく引き合いに出されるのが3Dプリンター(立体物を表すデータをもとに樹脂などを加工して造形する装置のひとつ)ですが、3Dプリンターもメイ...more

25593631651_c1264f747e_k

知る人ぞ知る松戸のアーティスト!バンドウジロウさんのトーク&ワークショップレポート

2016年3月10日、松戸森のホール21で現在作品を展示中(~2016年3月21日)のバンドウジロウさんをゲストに招いた「コワーキング地元バー (ゲスト:バンドウジロウ)」の様子をレポートします! 開催のきっかけは、森の...more

【お店紹介】MAD Cityのおすすめカフェ「カルガモコーヒー」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing