ホーム > 連載・コラム > 古民家を改装した共同アトリエ「madlab」活動紹介

  • MAD City 住民
  • PARADISE STUDIO
  • 古民家スタジオ 旧・原田米店

01_starry

古民家を改装した共同アトリエ「madlab」活動紹介

MAD Cityには住居やアトリエを構えているアーティスト、クリエイターの方が沢山いらっしゃいます。
様々な才能を持った人たちがこの狭いMAD Cityエリア(半径500mの円)で活動されていると、新しいつながりが次々と生まれていきます。
毎日何かが生まれ、育まれているMAD Cityの日常の中から、要注目の情報を皆さんにお伝えしていきたいと思います。
入居者の皆さんのアトリエや工房を覗いているような気分でお付き合いください!

第一回 松戸21世紀の森と広場 野外彫刻プロジェクトS/TE 2014/

松戸市民憩いの場である「21世紀の森と広場」は、芝生、湿地帯、森林、農園が配された広大な公園です。併設される「市立博物館」や「森のホール21」も近くにお住まいの方なら一度は訪れたことがあるスポットではないでしょうか。

紅葉の見ごろを迎えた公園にて、「S/TE 2014/ 第一回 松戸21世紀の森と広場 野外彫刻プロジェクト」と題して、MAD Cityに所縁の深いアーティストの作品が展示されています。

S/TE 2014/ 『starry sky view』四方謙一

S/TE 2014/ 『starry sky view』四方謙一

金属を素材としながらも自然の中に溶け込み、風景の一部となっているこちらの作品は、MAD Cityにアトリエを構える四方謙一さんの作品です。四方さんのアトリエは古民家群をシェアアトリエとして活用している「古民家スタジオ 旧・原田米店」にあり、こちらの作品の一部もここで制作されました。

madlabでの制作/展示風景

madlabでの制作/展示風景 撮影:冨田了平

古民家を改装した共同アトリエ「madlab」

このアトリエの名前は「madlab(マッドラボ)」。四方さんも含む、複数のアーティストの共同の制作の場です。スペースの代表者は、MAD Cityプロジェクト創設期から入居されている、建築家の森純平さん。

森さんはMAD Cityの「DIYリノベ事業」のパートナーとして一緒に家づくりに携わったり、MAD Cityの拠点「PARADISE STUDIO」でアーティストインレジデンスを運営する地域団体「松戸まちづくり会議」の事務局を担当したりと、まちを舞台に活躍されている注目の若手建築家です。

レジデンスアーティストが「旧・原田米店」で行ったコンサート

レジデンスアーティストが「古民家スタジオ 旧・原田米店」で行ったコンサート

今回の「21世紀の森と広場」での展示は、森さんの松戸での活動を知った市の職員の方から相談され、ディレクションをすることになったそうです。展示開始までは時間がなかったことに加え、野外展示、それも公園であることから安全面での実績が必要であり、昨年度神戸ビエンナーレなどで展示経験のある四方さん等の作品を中心に企画を提案しました。

「S/TE 2014/『opposite mirror eye』四方謙一

「S/TE 2014/『opposite mirror eye』四方謙一

S/TE 2014/『櫓を漕ぐトンボ』キム・テボン/岩村カント

S/TE 2014/『櫓を漕ぐトンボ』キム・テボン/岩村カント

作品への評価は予想以上に好評で、作品の設置やメンテナンスの際には親子連れや散歩中の中高年の方など幅広い世代の方から「きれいな作品ですね」「ずっと設置されていたらいいのに」などと多くの声を掛けられているようです。

今後の構想について

森さんによると、この展示は今年度の展示期間(2014年11月2日(日)~2015年3月15日(日))だけではなく、継続して公園を考えていくきっかけとして長期的に構想を検討しているそうです。更には今回の展示を足がかりに「21世紀の森と広場」以外にもMAD Cityエリアにある歴史ある建物や公園、河原など、住民にも余り知られていない地域の資源があることに驚き、展開の可能性を感じているということを話してくださいました。

また、madlabの他のメンバーもハンガリーで個展を行っていたり、世界でも通用する質の高いものを作り続けています。
MAD Cityの小さなアトリエでつくられた作品が世界中で発表され、多くの人と触れ合っていることを感じられる展示となっておりますので、ぜひご覧いただければと思います。
「madlab」のメンバーの今後の活躍にどうぞご期待ください!

◆「古民家スタジオ 旧・原田米店」の情報はこちら
◆展示情報はこちら
◆madlabの情報はこちら

関連記事

MAD City

アート・音楽・パフォーマンス・建築・デザイン…松戸に集まるクリエイティブクラス|MAD City住民まとめ・その1

MAD City住民まとめ MAD Cityの各運営施設(拠点)を中心とした各物件には住居やアトリエを構えているアーティストやクリエイターの方が数多くいらっしゃいます。MAD Cityプロジェクトがスタートした2010年...more

MADマンションの入居者は12組。デザイナー、フードコーディネーター、バリスタ、現代アーティスト、ダンサーなど、多様な住民が暮らしています(2014年10月現在)。

コミュニティを耕してアソシエーションを誘発する

コミュニティイベントの開催 MAD Cityでご案内している物件のうち、旧・原田米店やMADマンション、いろどりマンションなどには6〜12組といった大人数の住民が入居しています。賃貸なのに改装可能・原状回復不要という変わ...more

04

【PARADISE STUDIO 滞在レポート】 vol.6  AAPA vol.2

松戸駅前のパチンコ屋さんの上で、元ラブホテルの跡地を活用したクリエイティブスペース「PARADISE STUDIO」ここに現在、ダンスユニット、演劇ユニット、藝術大学の研究室という3組が滞在しています。 そんな彼らの日常...more

スクリーンショット 2015-10-03 22.08.04

入居者もMAD Cityのスタッフとして働いてもらっています!MAD City住民の音楽家・西川裕一さん(SYLIANRUE)へインタビュー

コワーキングバーのスタッフはMAD City住民 MAD Cityでは今年7月から、これまでのコワーキング/イベントスペースのFANCLUBをコワーキングバー/レンタルイベントスペースへとリニューアルして運営しています。...more

Portreit_04_Photo-by-山森晋平

大山エンリコイサム インタビュー

thumbnail photo by 山森晋平 大山エンリコイサムのインタビューをお届けします。 大山は「あいちトリエンナーレ2010」での巨大な壁画作品や、イタリア文化会館・東京でのグループ展に参加するなど若手美術家と...more

ikeda_image_sumbnail

「脱東京不動産」レポートvol.1 アートの拠点は、大正時代のお米屋さん

6月に「まちづクリエイティブ」が始めた「脱東京不動産」は、マッドシティエリアの遊休物件を見つけ出し、アーティストやデザイナー、建築家などのクリエイティブ層に提供する不動産サービス。 アトリエや住居として、自由に建物をカス...more

古民家を改装した共同アトリエ「madlab」活動紹介

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing