> > 荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会

  • ART
  • exhibition
  • MAD City 住民
  • アート・カルチャー
  • 個展

TAKA

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会

場所:日本橋三越本店 本館6階

イベント内容

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会
開催日:2020年8月12日~8月24日 10:00~19:00(最終日は17:00閉場)※日本橋三越本店の営業日に準ずる
参加費:無料
会場:日本橋三越本店 本館6階
アクセス:東京都中央区日本橋室町1-4-1
お問い合わせ:03-3241-3311

MAD Cityの入居者、taka kono氏が参加します。ぜひお立ち寄りください。
詳細については会場に直接お問い合わせください。

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会

現代美術展覧会「荒れ地のアレロパシー」が、日本橋三越本店内にあるMITSUKOSHI CONTEMPORARY GALLERYで開催。本展は5人のアーティスト、石毛健太、黒坂祐、齋藤恵汰、鈴木操、布施琳太郎がキュレーターとして選定した作家による、5つの独立した展覧会がひとつの空間内に展開されます。

メタキュレーター:黒坂祐
キュレーター:石毛健太 展示作家:小林椋、Kazquiz
キュレーター:齋藤恵汰 展示作家:亜鶴、湯浅万貴子、MADARA MANJI
キュレーター:鈴木操 展示作家:Hachi(BALMUNG)、MLK、Shoichi Aoki、Taka Kono
キュレーター:布施琳太郎 展示作家:上村洋一、岸裕真、布施琳太郎

詳細は三越日本橋本店WEBサイトまたは美術手帖WEBサイト

NHV2

プロフィール

portrait11

taka kono

1994生まれ
千葉県を拠点に活動するアーティスト
2017年に米国ニューヨーク州パーソンズ美術大学で美術学士を取得

関連記事

6

上映会&トーク「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

7F3

トーク「まちの空間とミューラル・アート」

「まちの空間とミューラル・アート」 空間をいかに刺激のある場所にするか。公共空間、オフィス、商業施設、飲食店はもちろん、まちを人が生活する一つの空間として捉えたとき、景観はまちをデザインする大きな要素となります。景観にお…more

7F3

トーク「アフターコロナな商店会のみらい」

「アフターコロナな商店会のみらい」 イベント自粛や飲食店への時短要請など、苦しい状況が長期化する中、松戸駅前としては約20年ぶりとなる全長4mの小さな商店会が誕生しました。「Mism(エムイズム)」は、平均年齢40歳の若…more

7F3

トーク「アフターコロナなオフィスのかたち」

「アフターコロナなオフィスのかたち」 松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の拠点となる、2フロア制のイノベーション/コワーキング施設「松戸アソシエーションデザインセンター(M.A.D.center)」が駅…more

mcg21xoxo.flyer.7

Your Fate

mcg21xoxo主催 アーティスト:Hanna Umin の個展が開催中です。 ぜひお立ち寄りください。 詳細については主催者に直接お問い合わせください。 ※Web:mcg21xoxo.com ※Instagram:@…more

荒れ地のアレロパシー -5人のキュレーターによる現代美術展覧会

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing