ホーム > 連載・コラム > 「浮ヶ谷邸プロジェクト」トークイベントレポート|小さな個人店から生まれる連鎖が大きく町を変える(前編)

  • MAD City
  • MAD City 住民
  • ローカルと起業

N0A6614-1

「浮ヶ谷邸プロジェクト」トークイベントレポート|小さな個人店から生まれる連鎖が大きく町を変える(前編)

N0A6614-1

M.E.A.R.Lの運営元・株式会社まちづクリエイティブが、千葉県松戸の「MAD City」にて、“食べられる景観”とコラボした新企画「浮ヶ谷邸プロジェクト」をスタート。

同プロジェクトは、JR松戸駅から千葉大学までの道のりに“食べられる植物”を植えることで「エディブルウェイ(食べられる道)」を作り、それらの素材を使った取り組みを目指す千葉大学の企画と連携して、空き家を耐震工事して再生し、地域に根差した飲食文化を生み出そうというもの。エディブルウェイでは、2016年よりプランターの配布と植物の植え込みを徐々に始めており、既に住人同士のコミュニケーション向上などの成果を見せ始めている。同プロジェクトは具体的な物件を動かし、エディブルウェイの拠点をつくってイベント等企画で情報発信に努めるとともに、今後は実際に飲食店を誘致しようとしている。

今回、同プロジェクトの一環として、以前FROM YOUthでも取材させていただいた「Daily Coffee Stand」店主の小川優さんと、同社代表兼M.E.A.R.Lプロデューサーの寺井元一との対談イベントが開催された。「個人店とまちづくりの関係性」をテーマに、大いに盛り上がった同イベントの模様をレポートする。

Text:Yosuke NOJI
Photo:Natsuki KURODA
Edit:Shun TAKEDA

 

 

 町を変えていこうとする人が集った夜

イベント会場になったのは、以前まで酒屋店主の住居として使われ、現在は空き家となっている「旧・浮ヶ谷邸(仮)」。ゆくゆくは地域住人交流の場として再生することが予定されているこの場所で、今日はこれからのまちづくりや松戸の未来について考えていく。

 

N0A6451-1-768x512

N0A6461-1-768x512

イベント開始の19時が近づくにつれ、ガランとした空間を徐々にお客さんが埋めていく。最初に口火を切ったのは、本日のイベント主催者でもある寺井。ここ松戸で取り組んでいる「MAD City」プロジェクトの話を中心に、佐賀武雄市での取り組みなど、現在進行系で進めているまちづくり事例をいくつか紹介。来ていたお客さんも、その一風変わったまちづくりのやり方に真剣な面持ちで耳を傾けている。

N0A6476-1-768x512

N0A6517-1-768x512

 

当日の来場者の大半は、実際に地元や住んでいる町に問題意識を抱えてイベントに参加した人ばかり。越谷に住んでいるというある男性は、まさに古民家を活用したプロジェクトが地元で持ち上がり、今回はその勉強をするために参加することを決めたと話していた。

こうして、熱量の高いオーディエンスに囲まれながら、イベントはスタート。

 

N0A6489-1-768x512

 

次に、本日のゲストである「Daily Coffee Stand」店主の小川優さんによるお話。

大学卒業後に広告代理店で働いていた小川さんは、体調を崩したことをきっかけに自分でお店を始めることを決意。高円寺のカフェ「here we are marble!」と、岡山の生活用品とコーヒーの店「bollard」での修行を終えて、現在は地元である西武新宿線・野方駅そばに「Daily Coffee Stand」をオープンさせて約1年が経つ。

 

N0A6528-1-768x512

 

同店の特徴は、なんといっても地元の人の生活を支えるために、“あって当たり前の存在”として毎日営業を続けていること。「まだ1年だから偉そうなことは言えない」と謙遜しながらも、少しずつ近隣の人の生活に組み込んでもらい始めていると実感を込めて話す。

その背景には、周りからの意見を簡単に鵜呑みにせず、「自分の想いをブレさせずに我慢したことにあるかもしれない」と小川さん。周りからは「人が少ない時間帯は店を閉めた方が良いんじゃないか?」「食事やお酒を出した方が儲かるんじゃないか?」など様々なことを言われたというが、「理想の形は人によって違う」と自らの信念を貫いた。

 

今日のイベントでは、店主としての立場から、「個人店とまちづくりの関係性」をテーマに寺井と対談を行う。

(後編に続きます)

 

 

PROFILE
小川優 / Yu Ogawa

1986年、東京都中野区生まれ。大学卒業後、都内の広告代理店に入社。その後、高円寺のカフェ「here we are marble!」で働いた後、岡山・宇野で姉夫婦が立ち上げたショップ「bollard」にて、コーヒー業務を担当。2016年6月、地元である東京・野方に「Daily Coffee Stand」をオープン。

INFORMATION
トークイベントが行われた「旧・浮ヶ谷邸(仮)」は、今年の秋より入居可能予定。興味のある方は以下のリンクより詳細を確認し、お問い合わせ下さい。
https://madcity.jp/gonzo_kitchen/

 

※本記事はmadcity.jp および M.E.A.R.L の共通記事となります

関連記事

15369959923_7a50dd978c_k

「MAD City2016年度 打ち上げ企画」レポート

創立7周年を迎えました 去る2017年5月21日、皆さんの日頃のご理解、ご助力のもと、まちづクリエイティブは創立7周年を迎えることができました。8年目を迎えたこの機会にまちの皆さんへ日頃の感謝を伝えるため、MAD Cit...more

N0A6614-1

「浮ヶ谷邸プロジェクト」トークイベントレポート|小さな個人店から生まれる連鎖が大きく町を変える(後編)

店主とお客さんが同じ目線で一緒に町を変えていく お互いの紹介を終えて、いよいよ対談の時間。久しぶりに松戸を訪れたという小川さんの「松戸と野方は街の作りが真逆ですね」という発言から、2人の話はスタート。   いく...more

DSC_5217_800

MAD City People #02|現代美術家 西岳拡貴(後編)

 前衛美術とグラフィティ文化のハイブリッド ー写真ではなく、映像で記録するのはこだわりがあるんですか? 単純に伝わりやすいってことだと思いますね。一番良いのは、実際にその様子を見てもらえること。だから藝大の修了制作のとき...more

0Q8C7817_1500-1024x683

MAD City People #04|ダンサー・ダンス講師 永井 美里(後編)

「みんなやっぱり忙しい」の壁 ーAAPAの活動について伺えますか? AAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)は、日常と地続きの舞台空間を企画するプロジェクトとして、上本が2004年にスタートし...more

takeshi_nishio_001-1024x818

MAD City People #03|空間デザイナー 西尾健史(後編)

ローコストの制約が生み出す新しい価値観 ーそれでは、空間デザインでは、どのようなお仕事を? 例えば、methodというバイヤーの方たちが“衝動買い”というコンセプトでやっていたイベント「CRAZY KIOSK」の第1回目...more

0Q8C7817_1500-1024x683

MAD City People #04|ダンサー・ダンス講師 永井 美里(前編)

千葉県松戸市の松戸駅前で行われている、まちづくりプロジェクト「MAD City」。2010年のプロジェクト開始以来、半径500メートルのエリアの中で、150人以上のクリエイティブ層がショップやアトリエなど独自の活動を展開...more

「浮ヶ谷邸プロジェクト」トークイベントレポート|小さな個人店から生まれる連鎖が大きく町を変える(前編)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing