> > コワーキング地元バー (ゲスト:八嶋正典/やしま商店)

  • FANCLUB
  • 古民家スタジオ 旧・原田米店

松戸 イベント

コワーキング地元バー (ゲスト:八嶋正典/やしま商店)

場所:FANCLUB

イベント内容

コワーキング地元バー (ゲスト:八嶋正典/やしま商店)
開催日:2015年11月26日(木)20:00~22:30(L.O.)
参加:八嶋正典(やしま商店)
参加費:1ドリンクオーダー制
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7階(JR/新京成線松戸駅徒歩2分)
主催:まちづクリエイティブ/MAD City
お問い合わせ:コンタクト(MAD City)

FANCLUBのコワーキングバーは平日の19~23時に営業し、月会費3,000円で毎日のビール1杯が無料になるバーです(火曜日を除く)。意見交換の場でもあり仕事場としても使え、飲みながら働くぐらいの、緩いコワーキングスペースの提案でもあります。定期的に、勉強会やイベントなども行っています。

「地元バー」と称した今回は、江戸享保年間創業の老舗提灯屋「やしま商店」の八嶋正典さんをゲストにイベント開催します。
提灯を始めとして、雛飾り、羽子板などの各種縁起物商品知識はもちろんですが、歴史や文化にも造詣が深い八嶋さん。MAD Cityの若手アーティストを応援してくれている地元の代表的人物でもあります。
TV番組「ぶらり途中下車の旅」でも紹介されたユニークな招き猫達についてや、松戸の歴史についてなどお伺いしたいと思います。

当日は初めていらっしゃるお客様もキャッシュオン(1杯ごとのドリンク注文)で参加可能。ゲストとの緩い交流など、お楽しみください。もちろんコワーキングバーということで、帰宅前に一杯飲みながら黙々と/ワイワイしながら仕事もしていただけます。

松戸 イベント

<h3>設備等</h3>
・WIFI
・電源
・コピー/プリンター
・おひとりさま用集中デスクあり

プロフィール

松戸 イベント

八嶋正典

1959年生まれ、水瓶座、A型、性格INFP、松戸市出身
地元公立高校卒業後、大学の4年間のみ都内に通学し地元にUターン就職
人事担当、ホール事業担当を経て家業を継承
学生時代から市民音楽団体の事務方(企画制作広報普及)を担当
座右の銘「だいじょうぶ何とかなる」
やしま商店:http://www.net-yashima.com/index.php

関連記事

main

QWERTY 津 田 隆 志 「 n o / w / h e r e」

MADCity入居者の倉谷卓さんを含めた4名で運営されている アーティスト ・ ラ ン ・ ス ペ ー ス です。 松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。 *狭いスペースですので複数名での入場は控え、観覧中はドアを開け…more

ヘッダー画像

アポリアの休日

※敷地内に駐車場はございません。車でお越しの際はお近くの有料駐車場をご利用ください。 ※スマートフォンなどでGoogle Mapを見てお越しになる場合は住所入力ではなくshuuueで検索してください。   『M…more

main

QWERTY 山崎雄策 「CLOSED EXHIBITION Part1 喫煙と喫煙所」

松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。 *本展示では室内に入場出来ません。ウインドウ・ギャラリーとして窓越しに観覧して頂きます。 URL : https://qwm26m.com twitter instagram &…more

EfimixVU0AAymEk_3

WHO’s REAL

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。 YouTubeにてLIVE配信! 松戸FANCLUB youtubeチャンネルにて配信します!  FANCLUBクラウドファンド中です! 詳細はMAD VIBES

main

QWERTY 海 老 原 祥 子「 記 念 写 真 」- b e f o r e | a f t e r

松戸駅を利用予定の方、是非ご覧ください。後日、展示映像もアップします。 尚、ギャラリーへお越しの場合は、入り口を開けた状態で換気をしてご覧ください。 ※9月13日(日)まで会期延長! *狭いスペースですので複数名での入場…more

コワーキング地元バー (ゲスト:八嶋正典/やしま商店)

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing