> > 『余白のデザインプロジェクト「ジャンルレス セッションタイム」』

  • FANCLUB

松戸 イベント

『余白のデザインプロジェクト「ジャンルレス セッションタイム」』

場所:FANCLUB

イベント内容

『余白のデザインプロジェクト「ジャンルレス セッションタイム」』
開催日:2015年7月5日(日)17:00~22:00
出演:AAPA / SYLIANRUE
定員:見学 20名
参加費:パフォーマー/見学ともに500円
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:AAPA/SYLIANRUE
後援:MAD City
企画:AAPA/SYLIANRUE
お問い合わせ:yohaku.letter@gmail.com

MAD City入居者のSYLIANRUE(シリアンルー)とAAPA(アアパ)の連続プログラム「余白のデザインプロジェクト」。
6月から7月にかけて、音楽やダンスの複合的なイベントが次々行われる、要注目プロジェクトです!

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。


 

言葉と言葉のセッションを会話と呼びます。音と音のセッションを音楽と呼びます。しかしセッションをするとき、同じ種類のものでなければならないというルールがあるわけではありません。これまでにない組み合わせに普遍性が宿るとき、そのセッションには名前が付くのでしょう。

音楽、ダンス、ライブペイント、美術、朗読、書道、武道、などジャンルは一切問いません。場に集まった人同士でセッションをおこないます。演者はもちろんのこと、観客からの意見やアイディアもその場で取り入れていくようなフラットな関係性のなかでセッションを楽しむことができればと思います。

今回のテーマは7月12日のイベントタイトル「余白のデザイン」にちなみ、
【あなたの想う日本的なもの】
とします。

予測不可能なかたちが生まれる瞬間に参加し、立ち会えるかもしれません。新しい出会いや発見などに繋がる、良きクリエイションの実験場となることを願っています。

パフォーマーとして参加希望の方は、お問い合わせ先メールアドレスからご連絡ください。見学の方は予約フォームからご予約ください。

ご予約

プロフィール

松戸 ライブ

SYLIANRUE

西川裕一による音楽プロジェクト。コンセプチュアルなロックバンドとして活動を開始するが、国際交流基金ニューデリー日本文化センター(インド)での公演を経て、近年は日本文化の間合いや簡素さを意識したアンビエントミュージックに接近している。
ライブ、アートフェスでの7時間即興ロングセッション、コンテンポラリーダンスや映像への楽曲提供、舞台空間のサウンドデザインなど、形式や形態にとらわれることなく、音楽の新しい聴き方を提唱する。
http://www.sylianrue.com
https://www.facebook.com/sylianrue

松戸 イベント

AAPA (アアパ/ Away At Performing Arts)

2004年に「仮設劇場になる海の家」を企画した『茅ヶ崎戯曲』を契機に活動開始。様々な場所で「日常と地続きの舞台空間」を企画し、2007年より多ジャンルでのパフォーマンスを創作。「大野一雄フェスティバル2009」「踊りに行くぜ!!Ⅱ vol.1」等に参加し、各地で公演を行う。2013年に「日の出町団地スタジオ」を北千住にオープン。からだの構造や法則を用いたコンテンポラリーダンス、コンタクト・インプロビゼーションのクラスを軸に、ジャグリングのクラス、武術やマスクのワークショップを定期的に企画し、創作に取り入れながら活動を行っている。
http://aapa.jp
http://www.facebook.com/AAPA.jp

関連記事

7F3

トーク「まちづクリエイティブのまちづくり」

2010年にまちづくり会社として設立されて以来、まちづクリエイティブ社は松戸駅前でのMAD Cityをはじめとする地域活性化のプロジェクトや、他地域へのコンサルティング等で総合的なまちづくりを実践してきました。その前史に…more

6

【中止】「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

7F3

トーク「まちの空間とミューラル・アート」

「まちの空間とミューラル・アート」 空間をいかに刺激のある場所にするか。公共空間、オフィス、商業施設、飲食店はもちろん、まちを人が生活する一つの空間として捉えたとき、景観はまちをデザインする大きな要素となります。景観にお…more

7F3

トーク「アフターコロナな商店会のみらい」

「アフターコロナな商店会のみらい」 イベント自粛や飲食店への時短要請など、苦しい状況が長期化する中、松戸駅前としては約20年ぶりとなる全長4mの小さな商店会が誕生しました。「Mism(エムイズム)」は、平均年齢40歳の若…more

7F3

トーク「アフターコロナなオフィスのかたち」

「アフターコロナなオフィスのかたち」 松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の拠点となる、2フロア制のイノベーション/コワーキング施設「松戸アソシエーションデザインセンター(M.A.D.center)」が駅…more

『余白のデザインプロジェクト「ジャンルレス セッションタイム」』

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing