> > 【7/19(日)夜開催】余白のデザインプロジェクト「創作と共有と/オルタナティブスペースのこれから」

  • FANCLUB

松戸 イベント

【7/19(日)夜開催】余白のデザインプロジェクト「創作と共有と/オルタナティブスペースのこれから」

場所:FANCLUB

イベント内容

【7/19(日)夜開催】余白のデザインプロジェクト「創作と共有と/オルタナティブスペースのこれから」
開催日:2015年7月19日(日)19:00-21:00
出演:上本竜平/寺井元一/前納依里子
定員:30名
参加費:500円 (飲食持ち込み自由)
会場:FANCLUB
アクセス:千葉県松戸市本町20-10 ルシーナビル7F(JR常磐線/新京成線松戸駅から徒歩2分)
主催:AAPA
後援:MAD City
お問い合わせ:info@aapa.jp

MAD City入居者のSYLIANRUE(シリアンルー)とAAPA(アアパ)の連続プログラム「余白のデザインプロジェクト」。
6月から7月にかけて、音楽やダンスの複合的なイベントが次々行われる、要注目プロジェクトです!

※こちらはMAD City入居者主催によるイベントです。詳細については主催者に直接お問い合わせください。


fanclub

 
創作の場としての「スタジオ/アトリエ/作り手の自宅」と、作り手に限らず様々なひとが共有・交流のために集まる「オルタナティブスペース」は、どんな関係を結ぶことができるのか?

AAPAの上本がホストになり、松戸駅前の半径500mエリアに「スタジオ/アトリエ/作り手の自宅」を増やしてきたMAD City プロジェクト代表の寺井元一、昨年ベルリンに1年滞在し研修・リサーチを行ってきた前納依里子をゲストに招いて、国内外の事例を紹介し合いながら、創作の場と共有の場を近づける「オルタナティブスペースのこれから」について皆で話します。

理想のイメージから現実の課題まで、トーク来場者の方にも参加してもらいながら意見交換・新たなアイデアの検討を行い、次週7/26(日)のイベントにつながる流れをつくります。ライブやパフォーマンスに限った話ではないので、様々なものづくり/DIYからまちづくりまで、今回のテーマに関心のある方の参加を広くお待ちしてます。

ご予約

プロフィール

uemoto_7_s

上本竜平

1980年生まれ。2004年にAAPA(アアパ/ Away At Performing Arts)を立ち上げ、様々な場所で日常と地続きの舞台空間を企画。2007年よりダンスパフォーマンスの創作を始め、「大野一雄フェスティバル2009」「踊りに行くぜ!!Ⅱ vol.1」等に参加し各地で公演を行う。2013年夏、北千住に団地の店舗テナントを改装した「日の出町団地スタジオ」をオープン。 http://aapa.jp

寺井元一

寺井元一

株式会社まちづクリエイティブ 代表取締役/アソシエーションデザインディレクター
早稲田大学大学院在学中にNPO法人KOMPOSITIONを起業し、街なかでのアート・スポーツイベントを企画運営。公共空間の活用、クリエイティブ層に関わるイベント企画などを行った。2010年、株式会社まちづクリエイティブ設立。

松戸 イベント

前納依里子(photo: 重松賢)

東京都出身。14歳からダンスと声楽を始め、テーマパークやミュージカル、オペラの舞台を経て、コンテンポラリーダンサー、振付家、演出家として活動。2012年より自身のプロジェクトカンパニー「メモリの童話集」を始動し、全国7都市、海外3都市(ドイツ、インド)で作品を発表している。2013年~14年に文化庁の在外派遣研修員としてベルリンに1年間滞在。研修中は劇場・美術館・オルタナティブスペースでのイベントやパフォーマンスなど、200を超える様々な現場を視察。現在は大学講師として働く傍ら、作品創作に広く社会との接点をいかに作り出すかという視点で、更なる可能性を探求している。 http://www.memori-ym.com

関連記事

7F3

トーク「まちづクリエイティブのまちづくり」

2010年にまちづくり会社として設立されて以来、まちづクリエイティブ社は松戸駅前でのMAD Cityをはじめとする地域活性化のプロジェクトや、他地域へのコンサルティング等で総合的なまちづくりを実践してきました。その前史に…more

6

【中止】「外国ルーツの人々と暮らす」を考える

「まちづくりの源泉としての多様性ーリアルな場所で気軽に出会い、語る」 松戸市の外国人比率は3.28%(全国平均はおよそ2%)その数は15,627 人。MAD Cityのエリアである松戸駅周辺地域では同比率が4%と高い数値…more

7F3

トーク「まちの空間とミューラル・アート」

「まちの空間とミューラル・アート」 空間をいかに刺激のある場所にするか。公共空間、オフィス、商業施設、飲食店はもちろん、まちを人が生活する一つの空間として捉えたとき、景観はまちをデザインする大きな要素となります。景観にお…more

7F3

トーク「アフターコロナな商店会のみらい」

「アフターコロナな商店会のみらい」 イベント自粛や飲食店への時短要請など、苦しい状況が長期化する中、松戸駅前としては約20年ぶりとなる全長4mの小さな商店会が誕生しました。「Mism(エムイズム)」は、平均年齢40歳の若…more

7F3

トーク「アフターコロナなオフィスのかたち」

「アフターコロナなオフィスのかたち」 松戸駅前のまちづくりプロジェクト「MAD City」の拠点となる、2フロア制のイノベーション/コワーキング施設「松戸アソシエーションデザインセンター(M.A.D.center)」が駅…more

【7/19(日)夜開催】余白のデザインプロジェクト「創作と共有と/オルタナティブスペースのこれから」

千葉県・松戸駅前のまちづくり「MAD City(マッドシティ)プロジェクト」の公式サイト。改装可能な賃貸物件の提供から、暮らしに役立つアイデア、DIYな生活情報、イベント情報などを発信しています。

Copyright Machizu Creative Co., Ltd. All rights reserved.
まちづクリエイティブ

AddThis Sharing